- 自律神経失調症・パニック障害・うつ病

自律神経失調症・パニック障害・うつ病

体のON/OFFのスイッチを自動的に調整している自律神経。

無意識のうちに生命活動をコントロールする大切な働きをしています。

体に現れる不調も、すべてこの自律神経が関与していると言っても過言ではありません。

その自律神経のバランスが乱れ、自動的に調整が出来なくなった状態をいいます。

症状は幅広く、いくつもの不調が重なって現れます。

  • 肩こり
  • 首の痛み
  • 骨格のゆがみ
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 頭痛
  • 頭の締めつけ感
  • 背中の詰まり
  • 背中の痛み
  • 肋間神経痛
  • 呼吸が浅い
  • 息が吸いにくい
  • 息が吐きにくい
  • 眠れない
  • 目が覚める
  • 夢をよく見る
  • 目の充血
  • 皮膚のかゆみ
  • 光がまぶしい
  • 音や匂いに過敏になる
  • 他人の会話が気になる
  • 頭や胸ばかりに汗をかく
  • 感情が安定しない
  • 自分で判断ができない
  • 依存しやすい
  • 思い込みが強くなる
  • めまい
  • ふらつき
  • 耳鳴り
  • 耳が聞こえない
  • 顔の麻痺
  • 動悸
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃の痛み
  • 尿が出にくい
  • 便秘
  • 下痢
  • 免疫力の低下
  • 怒りやすくなる
  • 無力感
  • 抑うつ感
  • 体温が上がったり下がったりする
  • 微熱がつづく
  • 円形脱毛症
  • 抜け毛 など

 

パニック障害にまで及ぶと、脳の神経系の機能異常をともない、体が勝手に動く、言動や思考の乱れ、不安を探す癖などが出やすくなります。

うつ病には、セロトニンの欠乏などが原因として挙げられているが、どれも仮説にすぎず、具体的な原因はわからない。

原因

  • ストレス、緊張・不安など精神的な負担
  • 過労、オーバーワーク
  • ショックな出来事、トラウマ
  • 強すぎた責任感、使命感
  • 凝り固まった価値観、固定観念
  • 感じることより思考が優先している
  • 自分にも他人にもマストが多い
  • 力の抜き方がわからない
  • 思い込みが強い
  • 客観的な判断ができない
  • 他人の希望に応えようとばかりしている
  • 自分のやりたい事が出来ていない
  • 素直になれない
  • 体の声が聴けていない
  • 自分に許可を出せていない
  • 睡眠不足
  • 休息不足
  • 心と体のゆとり不足
  • 薬の常飲による副作用
  • 不規則な生活、暴飲暴食、不摂生
  • 大脳、大脳辺縁系、視床下部の機能の異常
  • 原因がハッキリしないもの など

当院での治療法

自律神経は意識する、しないに関わらず、いつ何時もあなたのカラダを自動的に調整しています。

その働きにより生命活動をスムーズに行うことが可能になっています。

自律神経の働きを最近の車にたとえると「自動運転機能」のような役割です。

ですが、いくら自動運転でも、常に走り続けるわけにはいきません。

車が走る上で、ガソリンや電力などエネルギー源は不可欠ですし、運転しないときはエンジンを切って休めることも必要です。

ただ、エンジンを切りたいのに、切り方がわからなくなった結果、走り続けてしまい、オーバーヒートを起こすと、あらゆる不具合を生じます。

自律神経失調症は、そのオーバーヒートの結果なのです。休み方を忘れてしまった結果であって、病気ではないと当院では考えています。

エンジンの切り方がわからず走り続ける場合は交感神経優位、エンジンのかけ方がわからず、スイッチが入らない場合は副交感神経優位の失調症となります。

自律神経失調症を根本から改善するためには、時間と根気が必要になります。

ですが、答えはえなた自身のなかにあります。頑張りすぎた結果や、ショックを受けた結果、スイッチの調整ができないだけなんです。

あせりは不安を生み、回復を遅らせてしまいます。周囲との比較も同じです。

お気持ちはわかりますが、まずは自分の体をきちんと信じてあげることが大切です。

自分を信じてあげることが、心も体も健康になるうえで一番大切なことだと考えています。

施術の目的は【心と体のゆとり作り】です。

自律神経失調症は、責任感が強い、やさしい、生真面目な方に起こりやすい症状です。

オーバーヒートせざるを得なかった原因に気づきながら、やさしく心と体を癒してください。

まじめに、がんばりすぎた結果、体がしんどい、休んで欲しいといっているだけなんです。

どんな状態の自分も許し、やさしく受け入れてください。きっと心と体は喜んでくれるはずです。

当院では可能な限り少ない本数で、体に現れたサインに従い、必要な部分の調整を行っています。

パニック障害における脳の神経系の機能亢進がある場合、うつ病により気分のスイッチが入りにくい場合は、

無痛整体(多次元操体法)を合わせた、ハイブリッド・コースが、ラクになるためのきっかけ作りに効果的です。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。