- 食欲不振・過食・胃もたれ・食べムラ

食欲不振・過食・胃もたれ・食べムラ

食欲がない、食欲がありすぎる、胃が重たい、食べたかったり、食べたくなかったりと食欲にバラつきがある。

それらの背景には、自律神経の乱れ、メンタル的な負担、お腹の冷え、バイタルの低下、食べる食事の内容などが影響しています。

気圧の変化、気温差、湿度、季節の変わり目など、環境の変化も大きく影響します。

原因

  • ストレスなど精神的な負担
  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 内臓の冷え
  • 胃腸の負担
  • バイタルの低下
  • 急な体重の増減
  • 胃腸の蠕動運動の低下
  • 運動不足
  • 気候、気圧の影響
  • 生活環境の変化
  • 暴飲暴食、不摂生
  • 油物や刺激物の過剰摂取
  • 頭に血液が集まりすぎている
  • 胃腸に血液が集まりすぎている など

当院での治療法

自律神経のバランス調整、内臓機能の向上を目的に、手足や背中のツボを使い、血流のコントロールをおこないます。

基本的には、お腹に血流が集まりすぎるといくらでも食べれる状態になり、頭にばかり血がのぼると食欲がなくなります。

ただし、頭に血が上りすぎている時は、体は拒否反応をおこし、血流を別の場所に集めたがります。

そのために過食をおこない、お腹に血流を移動させるのが、いわゆる【ストレス性の過食】です。

ストレスにより、食欲が増す、または減退するタイプの分かれ目は、二つのタイプがあります。

風邪をひいたときに食べて治すタイプ、食べずに治すタイプに分かれるのと同じです。

本来であれば自然のままに、気分にあわせて食事のコントロールできたら理想ですが、しんどいときは調整ができません。

特に、病的に食べすぎる、食べなさすぎる状態が続いていると、命の危険に関わることもありますので、施術で早めに整えましょう。

ちなみに胃腸は【油や湿度と相性がわるい】です。

脂っこい食事・食材、梅雨のシーズン、湿度の高い国への旅行などは、知らないうちに胃腸に負担を与えていますので要注意です。

食べすぎ状態のかんたんな見分け方として【舌の厚さ】で判断ができます。

見分けは簡単で、舌が厚ければ食べすぎです。

瞬時には変わりませんが、一食おきくらいの間隔で変化が出ます。

あわせて、歯茎もぶ厚く腫れてきます。口臭にも影響します。

アゴがたるみ、口のまわりに吹き出ものが出やすくなります。

胃腸の状態は、顔にイコールの反応としてあらわれますので、セルフチェックするのも良いと思います。

体の不調も特に感じず、食欲にバラつきがあるだけの状態であれば、ご安心ください。

無意識のうちに食欲をコントロールすることで、体に負担をかけないよう調整していると思って大丈夫です。

3食を無理に食べる必要もありません。無意識のうちに体はベストな状態をわかっています。

体の不調にともなう食欲の異常、何日もつづく症状はお早めにご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた【口コミ】もご覧いただけます。