- AGA・薄毛・抜け毛・円形脱毛症

AGA(男性型脱毛症)

AGA(エー・ジー・エー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を意味します。思春期以降の成人男性に見られ、ひたいの生え際(髪際)、頭のてっぺん(頭頂部)あたりの髪が薄くなっていきます。一般的な原因として、遺伝や男性ホルモンの影響が挙げられます。

円形脱毛症

10円玉ほどのサイズに髪の毛が抜け落ちる症状。一か所だけの場合もあれば、数か所に及ぶこともあります。自分の細胞が誤って自分自身を攻撃してしまう、一種の自己免疫疾患とされています。

原因

  • ストレスを溜めすぎている状態
  • 緊張状態の持続
  • 男性ホルモンの影響
  • DHT(ジヒドロ・テストステロン)の影響
  • 遺伝
  • 食事のバランスの乱れ
  • 暴飲暴食、あらゆる不摂生
  • 過労、休息不足
  • 心身ともにゆとりがない状態
  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 自分の都合を優先できていない状態
  • 原因がはっきりしないもの など

当院での治療法

AGAは男性に多くみられます。最近はテレビCMでもみかけるようになってきました。頭のてっぺん、額の生え際によく見られる、薄毛、抜け毛の症状をいいます。

男性ホルモン(テストステロン)を材料に作られる【DHT(ジヒドロ・テストステロン)】という物質が関与することで、髪の毛を太く成長させる前に、抜けさせてしまいます。

AGAは進行性の症状といわれています。あらゆる角度からご自身の行いを見つめ直し、早急に対応していくことが先決です。加齢やホルモンバランスの乱れなどで体が男性化している女性にも見られます。

円形脱毛症は、男性、女性ともに見られます。美容室にいった時に初めてわかることもあります。当院での事例では、責任が増え、付き合いが増える30代以降の方によく見られます。

どちらの症状も細かい原因の違いはありますが、根本的な部分では【心身のエネルギーバランスの乱れ】に原因があるといえます。

極端に溜めすぎたストレス、食事の内容、暴飲暴食、不摂生つづき、休息不足な状態は薄毛、抜け毛につながりやすくなります。性ホルモンの原料はコレステロールです。そのため過剰なコレステロールを作りやすい食事の仕方は改善すべきポイントです。砂糖、脂質、ジャンクフードや加工品はなるべく避けたほうがよいでしょう。

AGAも円形脱毛症も頭にエネルギーが集まりすぎている状態で起こります。頭に血がのぼっている状態がつづくと起こりやすくなります。

頭皮を土壌、髪の毛を草木と例えます。毛が抜けてしまった箇所は草むらが燃えているイメージ。原因は元となる土壌にあります。地面がマグマのように燃えている状態では、あらたに草木も育たず、生えている草木も焼かれてしまいます。

そこでエネルギーを下降させるように自律神経をのバランスを整える施術をおこなえば、頭がメラメラ燃え盛るのを抑えることができ、髪の毛が生えてくる状態をつくることができます。そうなると少しずつ髪の毛が生えてきたり、抜けにくくなってきます。

基本、全身の治療が中心となりますが、美容鍼を併用することで頭皮への直接的な刺激も加えることができ、根本的な部分と局所へのアプローチでさらなる効果が期待できます。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。