- 膝の痛み

膝の痛み

膝は腰と並び、体の中でも負担のかかりやすい場所です。膝蓋骨(膝のお皿)〜膝関節の上下左右〜前後と、痛む場所や理由も様々です。物理的な負担による筋肉・関節の症状から、心理的な原因による痛み、摂取する食事による二次的な痛みなど、レントゲンだけでは確認できない目に見えないものまで幅広くあります。

原因

  • 正座や同じ姿勢による筋肉・関節の負担
  • 体重の増加による物理的な負担
  • 膝周囲の筋肉の硬さ・緊張
  • ストレスや緊張など心理的な負担
  • 自律神経の乱れ
  • 糖質の過剰摂取による関節の緩み
  • 足の外側、内側の筋肉の緊張の差
  • ジャンプ競技やコート競技など動きの激しいスポーツ
  • 膝蓋骨の損傷
  • 前十字靭帯の損傷
  • 後十字靭帯の損傷
  • 軟骨の損傷
  • オスグッド病
  • 骨粗鬆症
  • 膝の水の抜き過ぎによるもの
  • 骨や関節の変性を伴うもの
  • 本当の自分を生きれていない時 など

当院での治療法

鍼灸・整体ともに非常に効果的です。自覚できるような体の負担だけでなく、心理的な負担も膝の周囲にあらわれやすいため、あくまで全身の調整が必要となります。

 

膝のツボでは犢鼻(とくび)などが挙げられますが、局所のみに鍼をすると体全体のバランスが崩れて副作用が出やすくなります。さらには膝の内部が非常に清潔な場所であり、炎症を起こすリスクもあるため通常は局所の施術を行いません。

 

あくまで心身のバランスを整えて、治癒力が働きやすい状態作りを目指します。

 

整形外科で膝の水を抜いたり、組織を潤すためのヒアルロン酸の注射などで改善が見られないケースにも、カラダに負担の少ない施術で効果を実証しています。

 

目に見える反応を追うことだけが解決策ではありません。むしろ目に見えない原因が、結果として膝の痛みにつながることの方が多いのです。

 

実は、膝はストレスや我慢の反応が出やすい場所です。「頼まれごとを断れない人」「生真面目なタイプの人」が、原因の良くわからない膝の痛みを訴えるケースが多くあります。

 

そのような場合、本当の原因はあくまでその人にしかないオンリーワンなものです。きちんとカウンセリングをおこない、日常生活や職場で置かれている状況、本当はこうしたいという願望など、些細なことまで話を聞き出す必要があります。

 

画像診断や注射などの外科的処置だけでは、原因に対してアプローチができず、症状が変わりません。

 

痛みは体からのメッセージ、いわばSOSです。不思議な話ですが、本来の自分を生きることが出来ないときに、軌道修正の役割をもって現れることが多いのです。

 

あと、よく見られるのが糖質(とくに砂糖)の過剰摂取による、関節の緩みに起因する痛みです。

 

砂糖を摂ると数十秒で血糖値が上がります。すると血糖値を下げる唯一のホルモン「インスリン」がすい臓から放出されます。

 

このインスリン。女性が出産をする際、骨盤を開きやすくするために放出される、関節を緩めるホルモン「リラキシン」と分子構造が酷似しています。

 

すわなち、インスリンが大量に血液中に放出された結果、関節が緩み、ただでさえ負荷のかかりやすい膝に影響し、膝の痛みが出てしまいます。

 

ご高齢の方で和菓子や甘いものがお好きな方は、膝の痛みを訴えるケースが非常に多いです。判断はご自身でするしかありませんが、膝の痛みを優先的に取り除きたければ、砂糖を控える工夫も必要になります。

 

特に女性は、閉経後は骨を作る細胞(骨芽細胞)より、骨を壊す細胞(破骨細胞)が優位になる逆転現象が起こります。これがいわゆる「骨粗鬆症」(こつそしょうしょう)であり、骨密度が劇的に減ってしまうため注意が必要です。

 

膝の痛みひとつ取っても、複数の原因が絡み合っています。そして本当の原因にきちんとフォーカスしない限りは、なかなか症状が解決しにくい場所でもあります。

 

したらパーソナルケアでは、結果としての膝の痛みだけをみるのではなく、日常生活から置かれている状況もきちんと考えたうえで、なぜ膝に痛みが出ているのか?をしっかりと考えて施術を行っています。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分