- 生理痛・PMS・PMDD

生理痛・月経前症候群 (PMS)・月経前不快気分障害 (PMDD)

生理が始まるころに症状が見られる痛み、気分障害、または精神症状が強い状態のこと。痛みは骨盤または下腹部あたりに感じることが多く、その他の症状には腰痛、吐き気などがあります。PMSは、月経に悩む女性の50〜70%、より強い精神症状が現れるPMDDは5%と言われています。

原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスなど心理的な負担
  • パソコンやスマホなどの光線刺激
  • 過労
  • 出産後すぐの現場復帰
  • 環境の変化
  • 大気の変化
  • 冷え症
  • 胃下垂
  • 貧血・低体温・低血圧
  • 糖質の過剰摂取
  • 小麦や乳製品の常食
  • 偏った食生活・嗜好品の過食
  • 偏った固定観念・価値観
  • 本当の自分と向き合えていない状態
  • 自律神経失調症 など

当院での治療法

激しい気分障害をともなう症状には、病院では抗うつ剤をはじめとした精神を落ち着かせる薬が処方されますが、根本的な解決には至りません。

当院では、まずクライアントさまお一人お一人としっかり向き合うことから始まります。心理カウンセラーの資格を取得しております。人に相談しにくい些細な悩みでも安心してお話しください。ご自身の思考で原因とも考えられないようなことが根本解決のヒントに繋がるケースは沢山あります。本当の気持ちを素直にアウトプットすることも非常に大切です。

精神的な気分障害においても、実は摂取する食事の影響が大変影響します。とくに砂糖(ショ糖)はアルツハイマー病の原因にも挙げられるほど精神的に影響を及ぼします。依存性が非常に高い食べ物ですので、症状の解決を最優先するなら我慢してでも控えた方が良いでしょう。

東洋医学では、甘味を摂ることは「緩み」を誘発します。上昇した血糖値を下げるために膵臓から出るインスリンが大量に分泌されます。そのインスリンの働きが緩みを誘発します。

甘味を摂りすぎることで、お通じも緩くなれば、体を支えている関節や靭帯も緩みます。子宮を支える靭帯が緩み、子宮の傾斜が変わる事で痛みを生じます。

同時に砂糖そのものが血管に炎症を起こし、さらなる痛みを出します。損傷した血管はより強くなろうと弾力性を失い、硬くなります(いわゆる動脈硬化) 慢性痛が治りにくい、症状が収まりにくい背景には糖質の過剰摂取が影響しています。

男性に交じり働いている女性、役職に就き担いが増えている女性、ご自身で事業をされている女性など、スイッチがONになりがちな方は、緊張を緩めるために本能的に甘味を好む傾向があります。

砂糖ありきのスイッチOFFは、本来からだにとって不自然です。習慣をやめる事を強制はできませんが、本当に生理痛でお悩みの方は、砂糖の摂取から止めることをオススメします。

小麦に関しても体内に活性酸素を発生させるため、痛み、肌あれ、不快感に繋がります。牛乳やそれらを加工したチーズなども女性ホルモン(エストロゲン)の過剰な分泌に影響します。子宮筋腫、子宮内膜症など、婦人科系の症状でお悩みの方も食事の工夫である程度セルフケアが望めます。

当院の鍼灸治療においては、内臓機能と自律神経を調整し、カラダ本来の状態にリセットすべく施術を行っています。子宮に血液が集まりすぎると気分障害につながり、子宮筋腫をお持ちの方は腫瘍をより大きくするリスクがあるため、腹部に血流を集中させ過ぎないような施術を意識しています。

気分障害や随伴する症状は以下の例が見られます。

  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 攻撃的になる
  • 自分自身のコントロールができなくなる
  • 自己否定感がでる
  • 絶望感がでる
  • 号泣する
  • ひどく悲しくなる
  • 気力が無くなる
  • 疲れやすくなる
  • 物事に興味が無くなる
  • 外に出たく無くなる
  • 激しい不安感があらわれる
  • 言葉に敏感になる
  • 傷つきやすくなる
  • 食欲が増す、または減退する
  • 便秘
  • 頭痛
  • 胸が張る
  • 手足の冷え
  • 手足のむくみ
  • 足の皮膚がカサつく
  • 顔にシミが増える
  • 息が吸いにくい
  • 酸素が薄い感じがする
  • 眠れない
  • 異常な眠気がでる
  • 自分の価値が見出せなくなる など

症状によってすぐに改善する軽いものから、なかなか原因が把握しにくい長引くものまであります。まずは症状ありきではなく、根本の原因であるご自身との向き合い方から見つめ直すことを提案させて頂いています。
家族、パートナー、職場など対人関係を気にされる方もおられます。焦りが出たり、不安になる気持ちもすごくわかります。

根本からの解決は薬でもサプリメントでも出来ません。まずはあなたのホンネに寄り添い、受け入れること。カラダ本来の機能を取り戻せば、少しずつ気持ちも安定し、症状の感じ方に変化が出始めます。

施術者とクライアントさまの二人三脚により改善のサポートが可能になります。当院でも力を入れている治療です。改善した方からは「生理痛ってホントは無いものなのかも?」と喜びの声を頂いています。安心してご相談いただければ幸いです。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分