- 生理痛・生理不順・PMS・PMDD

生理痛・生理不順・月経前症候群 (PMS)・月経前不快気分障害 (PMDD)

生理が始まるころに症状が見られる痛み、気分障害、生理遅延、または精神症状が強い状態のこと。痛みは骨盤または下腹部あたりに感じることが多く、その他の症状には腰痛、吐き気などがあります。PMSは、月経に悩む女性の50〜70%、より強い精神症状が現れるPMDDは5%と言われています。

原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 心と体にゆとりがない状態
  • ストレス、イライラ、不安、我慢など
  • パソコン、スマホ、LEDなどの光線刺激(ブルーライト)
  • 過労、休息不足、睡眠不足
  • 産後の休養不足、すぐの社会復帰
  • 引越し、転職など身のまわり環境の変化
  • 気温や気圧の変化
  • 冷え性
  • 胃下垂
  • 貧血、低体温、低血圧
  • 糖質・塩分、脂分の過剰摂取
  • 小麦や乳製品の常食
  • 偏食、嗜好品の過食
  • 血液の粘り、にごりが強い状態 など

当院での治療法

病院では、抗うつ剤をはじめとした精神を落ち着かせる薬が処方されますが、一時的な対処療法に過ぎません。無理に感情を押さえ込むことで別の副作用が生まれる恐れがあります。痛み止めも根本解決にはならず常用で副作用が生まれます。

当院では、自律神経のバランス調整、内蔵機能を促進する施術をおこない、血流の改善を目的に施術を行っています。そうすることで子宮や骨盤まわりの部分的な冷えが改善され、頭にばかり集まっていた血流も落ち着き、心と体にリラックス効果が生まれます。痛みの緩和、気持ちの安定にもつながります。繰り返し施術を行うことで体質の改善も可能になり、いつの間にか生理痛がなくなった、薬がなくても我慢できる程度になったなど、喜びの声を多数頂いております。長年ツライ痛みでお困りの方も、現在の状態よりはるかに改善できますのでまずはご安心ください。

生理痛や月経前後の気分障害を改善していくためには、精神的な負担と物理的な負担を和らげて、心と体にゆとり作りをしていくことが大切となります。

精神的な負担としては、やりたくないことを続けていたり、まじめな性格ゆえについ頑張りすぎてしまったりと、自分自身を追い込むような行為は、体からのSOSとして痛みを発するケースにつながります。そのため、まずクライアントさまの本音をお聞きすることから、精神的な負担を和らげる治療がはじまります。当院は完全予約制ですので、誰にもプライベートなお話を聞かれることはありません。加えて院長は心理カウンセラーの資格を取得しております。お話の中から改善に向けてのきっかけやヒントが見つかればと思っています。相談しにくいお悩み、病院では遠慮してしまい聞けなかったような些細なことでも安心してお話しください。素直な気持ちをアウトプットすることは解決に向けて非常に大切です。気づいてあげるだけでも痛みの出方が変わることも珍しくありません。

物理的な原因に関しては、何と言っても食事の影響が大きいです。とくに砂糖(ショ糖)はエネルギーが強く、血をにごらせるほか、中毒性、依存性が非常に強い食べ物です。砂糖の成分が体から抜けていくと気持ちも不安になり、イライラが生まれてしまいます。

東洋医学では、甘味を摂ることは「緩み」を誘発します。気を張り詰めた生活を送っていると体は緊張状態になるため自然と緩みをもとめて甘いものを欲します。そして甘味を摂取すると上昇した血糖値を下げるために、膵臓から血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。

そのインスリン、実は女性が出産の際に骨盤を開きやすくするホルモンである、リラキシンに構造が似ています。インスリンの過剰分泌により、筋肉や靭帯、関節などあらゆる箇所が緩んでしまいます。子宮を支える靭帯も緩んでしまうため子宮の傾斜が変わる事で強い痛みを生じます。男性に交じり働いている女性、役職に就き担いが多い女性、ご自身で事業をされている女性など、スイッチがONのままになりがちな方は、緊張を緩めるために本能的に甘味を好む傾向があります。砂糖ありきのスイッチOFFは、本来からだにとって不自然です。施術を繰り返し受けることで、甘みの作用がなくてもリラックスできるよう、休息の仕方を思い出してもらうことも必要になります。

その他の食べ物では、牛乳やチーズも女性ホルモン(エストロゲン)の過剰な分泌を促進します。ワインがお好きな方はチーズが好きな方も多いですが、あまりに生理痛がひどい方は工夫が摂り方の工夫も必要になります。乳製品を食べるとホルモンバランスに影響するため、子宮に血流が集まりやすくなり、腫瘍が大きくなったり、不快感が強くなり、気持ちがイライラします。生理痛しかり、子宮筋腫、子宮内膜症など、婦人科系の症状でお悩みの方は、食事を変えるだけでも、ある程度の効果が期待できます。施術とあわせて工夫いただければより良い効果が得られます。

砂糖、小麦、乳製品のほかには、塩分、脂分の過剰摂取も血液のにごりを生み、上記と同じ症状を生みますので、摂り方には注意が必要になります。

PMS、PMDDによる気分障害、随伴する症状は以下の例が見られます。

  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 攻撃的になる
  • 自分自身のコントロールができなくなる
  • 自己否定感がでる
  • 絶望感がでる
  • 号泣する
  • ひどく悲しくなる
  • 気力が無くなる
  • 疲れやすくなる
  • 物事に興味が無くなる
  • 外に出たく無くなる
  • 激しい不安感があらわれる
  • 言葉に敏感になる
  • 傷つきやすくなる
  • 食欲が増す、または減退する
  • 便秘
  • 頭痛
  • 胸が張る
  • 手足の冷え
  • 手足のむくみ
  • 足の皮膚がカサつく
  • 顔にシミが増える
  • 息が吸いにくい
  • 酸素が薄い感じがする
  • 眠れない
  • 異常な眠気がでる
  • 自分の価値が見出せなくなる など

症状によってすぐに改善する軽いものから、長引くものまであります。ご 家族、パートナー、職場など対人関係を気にされる方もおられます。焦りが出たり、不安になる気持ちもすごくわかります。カラダ本来の機能を取り戻せば、少しずつ気持ちも安定し、症状の感じ方に変化が出始めます。

施術者とクライアントさまの二人三脚により効率よく改善することが可能です。当院でも力を入れている治療です。改善した方からは「生理痛ってホントは無いものなのかも?」と喜びの声を頂いています。生理痛だけでなく、体全体の不調も一緒に改善します。まずは安心してお任せいただければ解決に向けた結果を約束します。


アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた【口コミ】もご覧いただけます。