- Blog記事一覧 -鍼灸臨床【ぎっくり腰】の治療 (大阪市天王寺区 30代男性)

鍼灸臨床【ぎっくり腰】の治療 (大阪市天王寺区 30代男性)

2018.01.02 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,急性症状・けが,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市天王寺区からお越しの30代の男性。
仕事は立っての作業がメイン。

主訴は右腰のぎっくり腰。

なんとか歩けるも腰がまったく伸びないと来院いただきました。

年末から溜めつづけた疲労が
お子さまと遊んでいる際に爆発したそうです💥

「子供は全力でかかってきますからね〜、、^^;」
と苦笑いしながら施術をスタートしました。

かろうじて仰向けにはなれたため、
膝の下に枕を入れて鍼治療を開始しました。

ぎっくり腰とは言え、腰そのものに
原因があることは実は少ないのです。

大切なことは、なにゆえ腰に負担が蓄積し、
ぎっくり腰になってしまったのか?という
心と体の状態を含めた、全体的な把握が必要となります。

このクライアントさまの場合はお腹を触ると
極端に”みぞおち”が硬くなっていました。

みぞおちの痛みや硬さは、心理的な負担がでやすく、
ストレスや過緊張状態が続くことで
“頭に血がのぼる”状態を作り出し、
結果、手足の冷えを伴います。

そうなることで腰も冷えてしまい、
硬くなりケガをしやすい状態になります。

背中から腰にかけては”右側”に
硬さが偏差して現れます(肝の影響)

聞けばお子さまがもうすぐ生まれるとのことで、
めでたい反面、なにかとバタバタすることが多かったそう。
その状態で上の子の相手をしていた時に爆発してしまった💥という事でした。

せめて治療院にいる間だけは、仕事もご家庭のことめ脇においてもらい、
施術に意識を傾けることに専念していただきました(^-^)

しばらく置鍼をしたら通常であればうつ伏せの施術に移りますが、
痛みがキツい状態での体位変換は万が一を想定して、
足回りの整体を入れてから体位をゆっくり変えてもらいました。

足回りの筋肉は【深層フロントライン】
(=Deep Front Line)と呼ばれ、なんと
首や顔の周りまで繋がっています。

瞬発力のある筋肉ではありませんが、
体の支持に強く働いています。

もちろん要となる部分では太ももや
腰回りにもつながっており、腰痛でお悩みの方の大半は
足首や足の指、中足骨の動きが非常に悪くなっています。

足を触れば首まで緩めることが可能になるため、
当院の整体の臨床ではよくアプローチしています。

足が柔らかくなってからうつ伏せに変換をお願いしました。

すると

「腰が伸びて動けるようになってる‼️」

と嬉しい感想をいただきました(^-^)

うつ伏せでは、右腰の痛みを患部の反応だけではなく、
根本の原因から取り除く施術を行いました。

ゆっくり腕をつかってベッドから起き上がってもらうと、
来院時にくらべて表情も穏やかになっており、
無理に動かさなければ痛みも大丈夫、と感想をいただきました。

ぎっくり腰は、切り傷と同じく
【ケガ】をした状態です。

切り傷には絆創膏を貼りますが、
貼ったからすぐに治るではありません。

痛みが引くにも時間が必要ですし、
傷口が塞がるにはもっと時間がかかります。

痛みがあるうちはキズがあるのと同じ。
言うなれば【まだ動くな‼️】という状態です。

ケガの裏に隠れたメッセージを読み解き、
日々のメンテナンスに取り組むことが
重篤な症状の予防に大切です。

詳しくは

【腰痛・ぎっくり腰】のページ

をご覧いただけたら幸いです(^-^)


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。