- Blog記事一覧 -【カラダの冷え】の簡単チェック法とは?

【カラダの冷え】の簡単チェック法とは?

2018.09.13 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,低体温・低血圧・貧血,冷え性,季節の変わり目,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

カラダにあらわれた反応を解決のヒントをつなげます。

↓↓

強烈な台風が過ぎ、大雨が降ってから、気温が急に下がり始めました。

気温が下がると体力が落ちてしまい、血流が悪くなり、カラダは冷えてしまいます。

冷えは、冷え性として自覚できる手足の冷たさもあれば、血流のバランス悪化による自覚しにくい冷えもあります。

そんなとき、簡単に冷えを確認できるセルフチェックがあります。

【舌の色】を鏡で見てください👅

単純に舌が真っ白ならカラダは冷えています。ゆっくりお風呂につかる、運動をする、暖かくして休むなど、しっかり対策を取ってください。

東洋医学では、舌をみる【舌診】(ぜっしん)というものがあります。舌の色、形、厚さなどから、からだの状態を把握することができます。

ただ、舌に反応が現れるのは多少タイムラグがあります。舌が真っ白な場合は、瞬間的に感じた寒さではなく、カラダの芯までかなり冷えている状態をあらわします。

そして、先に申しあげた【血流の悪化による自覚しにくい冷え】は、かならずしも舌が真っ白になるとは限りません。

緊張やストレスにより自律神経のバランスが乱れて、スイッチONの役割をする【交感神経】が優位になり過ぎると、頭に血がのぼる状態を作り出し、血流を奪われた手足が結果的に冷える状態をあらわします。

そのような時は、先細りの緊張した舌になったり、舌の先端、側面が赤くなったりします。

その際は、ただ温めれば良くなるとは限りませんので、少しでもからだの不調を感じていれば早めにご相談ください。

最後に、白い舌の間違いやすいケースをあげます。

舌の白いコケ(舌苔→”ぜったい”と読みます)がぶ厚く付いている場合は、水分やお酒の飲み過ぎで、身体中が水びだしになっている状態をあらわします。

しっかり汗をかくことを意識して、からだの余分な水分をデトックスしてください。実は体内の余剰な水分は、不調につながる原因となってしまいます。

東洋医学は水の医学。体内な水分と血流のバランス調整に、不調を解決するカギがあります。

気になる不調のご相談、ご予約もLINEから受け付けしております。ご質問もすべて回答させていただきます。お気軽にご連絡ください。

↓ロゴをクリックすれば登録できます↓

 


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。