- Blog記事一覧 - したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床の記事一覧

したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床の記事一覧

風邪をひくことの本当の意味とは?

2017.12.12 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える健康観,風邪

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の
鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

風邪すごく流行ってますよね^^;

インフルエンザの予防接種しかり
いよいよシーズン到来、という感じです。

私も体が資本の仕事ですので風邪をひくと困ります。
来られるクライアントさまにも迷惑がかかりますので、
基本風邪を引いてはいけない立場ではあります。

もちろん風邪をひかないように日々の対策を心がけています。

ですが、人間いくら気をつけていても、
どうしても風邪を引いてしまうことはあります^^;

ただ、その時は

【必要だから風邪を引いた】

と思ってください(o^^o)

どういうこと!?と思われると思います。

風邪のメカニズムとともに解説していきます。

↓↓

風邪の原因は、代表的なものがウィルスです。

ですが、無理がつづき、不摂生が重なると
体の機能が低下し、ウィルスの侵入を許してしまい
結果、風邪を引いてしまいます😷

ウィルスが体内に侵入すると
白血球が異物を排除するために働きます。

そうなると正常な生体反応として【発熱】します。

そう、発熱は異常ではなく、正常な働きです。

発熱しないと白血球が戦うことが出来ず、
原因菌であるウィルスを排除できません。

では、必要だから風邪を引いたとは何なのか?

誤解を恐れず申し上げます m(_ _)m

実は風邪をひくと

【超短期間で集中デトックス】

が出来るからなんです🎊

たしかに風邪はしんどいです。
ですが、無理が積もった結果風邪を引きます。

そのため、白血球がフルに働くことで
今までのツケを無かったことにしてくれます。

その為、きちんと発熱して養生ができたら
体がスッキリしていると思います(^-^)

このデトックス、普段からご自身で気をつけて行うには
かなりしっかりした運動や休息を長期的に続けないと得られません。

その最たる要因が【体温の上昇】にあります。

運動などで体温をあげるには限界があります。
37度まで平熱がある方はあまり聞きません。

ですが、風邪をひくと体内の深部体温が急激に上がります。
38〜39℃の発熱が一瞬にして起こります。
シンドさを伴う反面、体内のウィルスが死滅します。

一般的な臨床データでも深部体温が39℃で
悪性細胞が衰え始め、42℃で死滅すると結果が出ています。
この悪性細胞には【がん細胞】も含まれます。

病気のときこそいかに体温を上げるかが
回復に向けて大切な要素になります(^-^)

発熱したからと解熱鎮痛剤を服用すると
白血球の戦いの場を奪うことになり、
いつまでもズルズルと長引く風邪を作り出してしまいます。

仕事でどうしても休めない方も多いと思います。

解熱鎮痛剤の服用はあくまで個人の判断に任せるしかないですが、
薬が治すわけではない、服用の結果風邪が長期化することは
頭に入れておいたほうが良いと思います。

ズルズル風邪には【長引く咳】が伴うことが多いてす。

咳はいわば【外向き】の運動。
咳が出るということは外に出したい何かが
まだ体の中にいることを現しています。

出してあげない限りは咳はいつまでも続きます。

そのためウォーキングなど、適度に体を動かして上げると
有酸素運動の効果と、深部体温の上昇により、
長引く咳は無くなってきます。
さらには足裏をしっかり使うことで冷えも改善します。

冷えは、不妊症しかり万病の原因にもなりますので、
鍼灸治療や運動などでしっかり体質改善しましょう!

とくに起きがけの体温(=基礎体温)が
35℃台の方は病気のリスクが高まりますので、
ご相談いただけたら最適な改善プランを提案できます。

風邪はしんどいですが決して悪者ではありません。

病気の本質を理解しながら、
健やかにお過ごし頂ければ幸いです(^-^)

ヒステリー球(咽喉頭異常感症)の原因・対策・治療法

2017.11.23 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,ヒステリー球・咽喉頭異常感症

ヒステリー球(咽喉頭異常感症)の治療法

大阪市中央区、谷町四丁目、堺筋本町、松屋町の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

原因のわかりにくい、画像診断では異常が見られない

不調や違和感のお悩みは気軽にご相談ください^_^

↓↓

最近、治りますか?と問い合わせをいただく

【ヒステリー球】

についての対策と治療法を書きます。

当院のクライアントさまにも、

実はこんな症状もあってね〜

と後から伺うこともあります。

そもそもヒステリー球とはなんなのでしょうか?

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは、咽喉頭部や食道の狭窄感、異物感、不快感などを訴えるが検査値の異常や器質的病変がみられないものをいう。耳鼻科領域では、咽喉頭異常感症と呼ばれるが、内科領域で「ヒステリー球」(英:Globus hystericus、あるいはヒステリー球症候群(英:Globus syndrome))と呼称される疾患と概念的に同じものである。他に「咽喉頭食道異常感症」、「咽喉頭神経症」と呼称される場合があり。また、東洋医学・漢方医学的な「梅核気(ばいかくき)」、「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」の疾患概念とも重なる。

(以上、wikipediaより抜粋)

画像診断では何も写らないのですが、
何かが喉に引っかかる感じ、咳をしても出せない、
飲み込むこともできない、そのような自覚症状のことです。

正直申しまして、ヒステリー球という響きにあまり馴染みがないのですが、

鍼灸にたずさわる方なら誰でも知っている表現があります。

それは

【梅核気】(ばいかくき)

という名称です。

「梅の種がのどに引っかかって飲み込みにくい」

そのような自覚症状をいいます。

決して病気ではありません。あくまで自覚症状です。

誰でも起こりうることなのでまずはご安心ください(^^)

では何故、ヒステリー球、梅核気は起こるのか?

一言でいうなれば

【気の逆流】

です。

もっとわかり易く言えば

【頭に血がのぼる】

【はらわた煮えくりかえる】

状態により起こります。

ストレスはもちろん、極度の緊張状態、

不安な状態により、自律神経のアクセル役、

【交感神経】のスイッチが入り、胸から頭にかけて

エネルギーが集まりすぎたために起こります。

東洋医学の考えでは【肝】(≠肝臓)に負担が大な反応。

怒りや緊張に敏感な肝さんにスイッチが入ると

普段は下に降りていくエネルギーの流れが

上へ上へ↑と集まってしまいます。

結果、周辺の筋肉や気道、血流の変化が起こり、

のどのつかえ感、狭窄感を生み出してしまいます。

同時に併発しやすい症状としては以下のものがあります。

・頭痛
・肩こり
・首こり
・背中の詰まり
・背中の張り
・肩甲骨の内側の詰まり、鈍痛
・歯ぎしり、食いしばり
・肋間神経痛
・吐き気
・めまい
・耳鳴り
・動悸
・息切れ、息が吸いにくい
・みぞおちの痛み
・まっすぐ歩けない
・段差がないのにつまづく
・足が上がりにくい
・首や肩の動きが悪くなる
・腹部の皮膚が硬くなる
・皮膚が赤くなる、乾燥する
・目がかすむ、青みがかる
・かゆみ
・不眠
・便秘
・腰痛
・手足の冷え
・あらゆる痛み

など

治療法はいたってシンプルです。

【上に集まりすぎているエネルギーを下に降ろす】

【交感神経優位(ON)を副交感神経優位(OFF)に持っていく】

となります。

そうする事で、前述の併発しやすい症状も

まとめて改善します。根本の原因は同じなんです(^^)

ご自身でおこなっていただきたい事は

・心と体のリセットをしっかり行う
・本当の自分の気持ちを素直に感じる
・オフのときは仕事や役割の事は忘れる
・休むときは休む、しっかり休息をとる
・スイッチがONになることは極力避ける

ということが大切になります。

筋トレなどの無酸素運動は、

より体にスイッチが入りますので、

ウォーキングなどで足裏をしっかり使うイメージで、

軽く流すような運動をオススメします(^^)

実は足裏にはツボがたくさんあり、

神経反射が起こりやすい場所でもあります。

足裏の反射は、ダイレクトに脳に影響しますので、

頭のモヤモヤを解消するには持ってこいの運動です。

同時にふくらはぎという下半身のポンプを使ってあげることで

体内の循環が良くなりますので、上に集まりすぎたエネルギーを

まんべんなく全体に行き渡らせるにもいい仕事をしてくれます(^^)

このヒステリー球、梅核気、実は出やすい季節があります。

それは

【春】

です。

草木が芽吹き、太陽が高くなる。

子供たちの新たなスタートの季節でもあります。

成長エネルギーが大地や大気に充満しますので、

伸びよう!大きくなろう!と上へ上へ↑とエネルギーが集まります。

春はなんとなく頭がボーっとしますよね。

大人になるとそのエネルギーがうまく使えなくなり

頭打ちになった結果、不調として体に現れてしまいます。

ただ、重篤な症状ではありませんので、

症状が出たからといって不安にならないでください。

何かしらの負担が一時的に体にかかり過ぎただけなので^_^

季節的なことや先ほどのセルフケアも含めて、

体の声にやさしく向き合ってみてくださいね。

そうすればいつの間にか気にならなくなりますから(^^)

ヘルニアは手術をすることから痛みが始まる

2017.11.22 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・そけいヘルニア

手術を考えているヘルニアは、

オペをする前にご相談ください。

大阪市中央区、谷町四丁目、堺筋本町、松屋町の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

根本から痛みの改善を行っています。

↓↓

最近、当院にもヘルニアでお悩みの方がよく来られます。

歩けない〜たまに痛くてなど、感じ方は様々です。

そもそも、ヘルニアとは何なのか?

ヘルニアの意味、

それは、、、

【本来あるべき場所から逸脱する】

となります。

ヘルニアが好発する場所は

首→頚椎ヘルニア
腰→腰椎ヘルニア
腸→そけいヘルニア(=脱肛、脱腸)

の3つが代表的です。

飛び出し方により、さらに細かい区分もあります。

本来の場所から逸脱する、飛び出す、

つまり、

首や腰なら、椎間板内の髄核が
繊維輪を破って外に飛び出す、

そけい部(=足の付け根のあたり)では
腸が飛び出してくる状態です。

では、なぜそれらは起こるのか?

現代医学的には、

↓↓

姿勢不良、激しい運動のほか、

肥満、妊娠、喘息など、常に圧力がかかる状態、

加齢による筋力の衰え など

↑↑

により起こるとされています。

、、、

本当にそうでしょうか??

可能性として原因の一部にはなるとは思いますが、

それらが全てヘルニアの原因とは到底考えにくいのです。

なぜなら、、、

当院にヘルニアのお悩みで来られている方には

上記に当てはまる方が”まったく”見当たりません。

これまでの臨床経験から言えることなのですが、

もっと他の根本的な理由が存在します。

頭でわからない、目に見えない原因だけでも沢山あります。

ヘルニアになる原因を当院の考え方でまとめますと

↓↓

組織が本来あるべき場所から飛び出してしまうほど

何かしら尋常ではない負担が体内にかかってしまった

↑↑

となります。

先ほどの西洋医学的な見解もあるにはありますが、

そうではないヘルニア発症のケースが”圧倒的に多い”のです。

いうなれば溜め込みすぎたものが爆発するイメージ。

我慢して、我慢して、我慢しつづけて、

もう限界‼️となり飛び出してしまった。

それが”ヘルニアの最たる理由”です。

このことは各部位のヘルニアに共通します。

ヘルニアにつながる、蓄積される原因を記しておきます。

ご拝読いただけましたら幸いです^_^

↓↓

①ストレスの溜め込み
ヘルニアの最たる原因。心身の減圧が必要です。
「頭に血がのぼる」「はらわたが煮えくりかえる」状態は
体温計には現れませんが、エネルギー換算すると
2,000℃くらいの熱エネルギーになります。
体の組織が変形するには尋常じゃない
負担がかからないと形が変わることはありません。

②過労
しっかりと休息をとることも大切です。
痛みはあくまで無理を知らせる”アラート”です。
アクセルを踏みっぱなしではオーバーヒートしてしまいます。
痛みがおさまならいのは、無理が続いているからであり、
飛び出したヘルニアが原因であることは実は少ないのです。
痛い時、痛くない時があるのは無理の加減によるものです。

③食事の内容・暴飲暴食
ジャンクフード、砂糖、小麦の過剰な摂取により、
内臓機能が乱れ、血管が錆びて弱体化します。
筋肉も炎症を起こしますし、
本来の位置に臓器をキープ出来なくなります。
質の悪いエネルギーが体内にこもり過ぎると
胃腸と前後の関係にある腰に影響してしまいます。

④感覚鈍麻
ただの腰痛がヘルニアになるには必ず過程があります。
体のコンディションが良くないと痛みの変化に気づけません。
些細な変化に気づけるようにコンディションを整える必要があります。

⑤体の声を無視する
ちょっとした痛みやシンドさを精神論で切り抜ける、
またはきちんと体の声を聞かずにスルーする。
負担を感じると、体は防衛反応として痛みを発して気づかせようとします。
ただの腰痛で気づいてくれないなら、とヘルニアに変化するケースは多々あります。

⑥不安、思い込み、とらわれ
メンタル的な負荷は、想像以上に負のエネルギーを産み出します。
手足や腰の冷えにもつながります。首や腰も硬くなります。

↑↑

敢えて【目に見えにくい部分】の代表的な負担を挙げてみました。

なかなか理解しにくい部分もあります、不思議な表現もありますが、

ドクターが口にしないこういった部分こそ

痛みの真の原因に気づいて、根本から解決していくうえで非常に大切です。

そして、いま挙げた6つの原因ですが、

結局ところ、あなたの【自身の在り方】が大切になります。

上記のことも何もわからないまま、

オペをした→痛みが治らない→薬に頼る→治らない

を繰り返すだけでは、精神的にも肉体的にも

疲弊していくばかりです。。

手術をおこなうと、当然ですが傷口ができます。

傷口が治るうえで、組織を巻き込み癒着が起こります。

すると手術痕として、永久的に固まった組織ができます。

そこが周囲の組織と引っ張り合うため、

組織的に”解決しにくい腰痛”が生まれます。

根本的な原因に”組織の癒着”が追加されます。

当院では【その人らしく、気分良く】を優先しています。

手術に対する価値観は人それぞれですが、

今すぐ、命に関わる状態で無ければ、

すこし待っていただきたいのがホンネです。

体はいつだってメッセージを送っています。

「お願い、気づいて」と敢えて不快な痛みを出します。

ヘルニアだって好きで飛び出すわけではアリマセン。

限界を超えた状態になり、飛び出さざるを得なかっただけです。

生きていれば無理もするでしょうし、

我慢をすることもあることも多々あります。

ただ、ひと息ついて、自身の行いを振り返ったり、

体の声に耳を傾けてみてください。

心身ともに限界なときは体の声にも気づきにくいため、

そのときは気軽に頼っていただけたら幸いです^_^

そのなかできちんと体のメッセージに耳を傾ければ、

解決に必要なヒントに自然に気づきますから。

「本当の自分はどうしたいのか?」

その部分を意識しながら、痛みをいったん傍に置き、

素直にカラダの声と向き合ってみる、本音を感じる。

あなたらしさに気づくことで、根本からの解決につながれば幸いです^_^

何年も治らなかった腰痛が消えた – 鍼灸・整体症例 (大阪市中央区 20代女性)

2017.11.21 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

【慢性的な腰痛】のお悩みは諦めないで当院へ。

大阪市中央区、谷町四丁目、堺筋本町、松屋町の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

薬や痛みどめの注射ではアプローチできない、

本質的な部分から改善に向けたサポートを行っています。

↓↓

鍼灸・整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの20代の女性。
職業はダンサー。

主訴は、何年も続く腰の痛み。
今までなにをしても治らなかったそう。

ほか、足関節の硬さ、首まわりの痛みがあり、
体が冷えやすく、生理痛もキツい、と来院下さいました。

代謝を上げたい、と希望されていたので、
血行促進、細胞の燃焼作用を引き出す目的で
鍼灸・整体の組み合わせで施術を行いました。

何年も続いている腰痛ですが、
当院では患部、局所の反応は
いったん傍に置いて施術を行います。

特に腰の場合に当てはまるのですが、
腰痛だからといって腰に原因があることは
実はあまり無いのです。

どれだけキツい腰痛であっても、
何かしらの【結果】に過ぎません。

局所の痛みや反応をいったん頭から離すことで
ありのままに施術に集中できる環境になります。

余計な思考や感覚から距離を置くことで、
自然治癒力の働きも良くなります。

足関節まわりはかなりの硬さがありました。
実はその硬さ【腰の痛みの度合い】に比例します。

足回りの関節、足の指のやわらかさを取り戻すと
腰をいくら揉んでも取れなかった痛みが、
すっとラクになる症例は多々あります。

体の深い部分での筋肉のつながりや筋膜、
足の骨(=大腿骨)が骨盤に繋がっていることもあり、
足関節の調整は、腰痛の改善に適した施術です。

不思議と患部から離れた箇所からの施術の方が、効果も良く出ますし、何より
揉み返しや、筋肉、組織の損傷など、
副作用が現れるリスクが低下します。

アプローチは多々あるかと思いますが、
臨床経験上、腰まわりの不調に対して
足まわりの施術を行うことが多いです。

施術を受けていただいている間は、
仕事のことや患部の痛みを
傍に置いてもらいました。

施術の心地良さを素直に感じていただき
何の担いも縛りもない純粋な状態に
身を置いてもらいました。

心と体の余計な緊張が外れた状態で
素直に施術を受けていただいたため、
途中からぐっすり眠られていました。

施術が終わると、起き上がるなり、

「腰の痛みが消えている、、!?」

と驚いた表情で感想をいただきました(^^)

お気持ちもホッとされたようで、
表情も来院時に比べて穏やかになっていました。

頭で考えても理解できない無意識下において
クライアントさまの中で、何かが解決したのだと思います。

心身ともにかなりリセットされたのか、
施術後の余韻をしばらく味わっておられました(^^)

最近でこそポピュラーな考え方になりましたが、
腰痛の原因の約8割は【心因性】のものと言われています。

当院もこの考え方には賛成しています。

実は私も【腰椎すべり症】なのです。

レントゲンを撮ると、恥ずかしながら
下位腰椎がちゃんと前後にズレています(笑)

ですが、日常生活をするには痛みはなく、
無理をした時に痛みを感じる程度です。

無理をした時にはアラート役として知らせてくれます。
まるで赤ちゃんが何かを伝えたいから泣くのと似ています。

カラダはいつだって気づいて欲しいんです。
そしていつだってあなたの最大の味方です(^^)

心因性の原因には、ストレス、我慢、不安、とらわれなど、
【本当の自分】【理想とする出来事】【快の状態】
とかけ離れた状態になると蓄積されます。

それらは体の部位では【首】【腰】に影響が強く現れます。
ちょうどヘルニアが好発する場所と同じです。

ヘルニアも心因性の原因が積もりに積もって
「もう無理!限界!」と体が悲鳴をあげた結果、
髄核が飛び出して神経を圧迫する症状です。

本来は、普通の首痛、腰痛かもしれません。

リセット出来ずに溜め込みすぎた結果、
そして体の主人に気づいてもらえなかった結果、
行き場のなくなった負担が爆発してしまうのです。

手術で飛び出した患部を切れば治る、
というほど単純な症状ではありません。

なにが根本原因にあるのかを
しっかり理解する必要があります。

きちんと自分自身の気持ちに向き合いながら、
「なぜヘルニアになってしまったのか?」を
きちんと感じてあげることが大切なんです。

カラダはいつだってあなたの味方です。
そしていつ何時も良くなる方法を知っています。

【腰痛】と言えば一言ですが、
人の数だけ過程と原因があります。

体のもつ叡智に感謝しながら
答えを受け取る施術をしています。

何年も治らなかったお悩みもご相談ください。

まずは勇気をもって一歩を踏み出して下さい。

全力で改善に向けたサポートいたします(^-^)

来院する前からラクになる事がわかる人とは? – 鍼灸臨床 (大阪市中央区 40代女性)

2017.11.17 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

大阪市中央区、谷町四丁目、堺筋本町、松屋町の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

極めてソフトな刺激で、丁寧な施術を心がけています。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの40代の女性。
仕事は事務職。

数日前に、右側の背中〜腰〜足に痛みが出てきて、と
初めてお越しいただきました。

当院は、完全予約制になりますので、
来院いただく際には、お電話などで連絡をいただくのですが、
このクライアントさまの場合は、お電話の段階で、
不思議とラクになることが確信できました。
症状の内容すら聞いていなかったのに、です。

その一番の理由として

「話し方が非常に丁寧だった」

ということが言えます。

誤解のないように申し上げますと、

手技療法家、治療家しかり、他人がほどこす術というのは

【相手の治癒力を、いか引き出せるか】

が、出来るお手伝いの頂点になる、と私は考えています。

どれだけいくらすごい技術をもっている先生でも

【いかに体に負担なく、自然治癒力を引き出せるか】

という部分の裁量で、いわゆる先生の【腕】というのが決まります。

ですので、両者の間に【壁】があると
手技そのものの効果に影響が出てきます。

相手の方の態度が悪かったり、
何でも任せっぱなしだったり、
物事を素直に受け入れる姿勢がないと、
自然治癒力の働きが極端に悪くなります。

良くなるスピードも下がりますし、
最悪の場合、ラクにならないことに対して
術者の腕が悪い!と、悪評を言い渡されてしまいます。

お見えになったクライアントさま、
お電話口での印象そのままに、
とにかく仕草や応対が【丁寧】な方でした。

問診の段階から場の空気も良い感じになり、
初めての鍼治療にもかかわらず、
すぐに体が緩んでいました。
丁寧だけでなく、素直さも持ち合わせている方でした。

タイトなスケジュールをぬってご来院いただきましたが、
施術が終わると、痛みを気にすることなく、
明るい表情で趣味のお話をされていました。

当院にお越しいただいている間は、
出来る限り担いや思考を捨てて
ありのままの自分を感じて頂ければ幸いです。

素直に丁寧に施術を味わう、身をまかせる事が
あなたも知らないカラダのチカラを引き出す上で、
本当に大切なことなんです(^-^)

術者側が癒される、なんとも不思議な時間でした。
ご縁に深く感謝いたします(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分