- Blog記事一覧 - したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床の記事一覧

したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床の記事一覧

鍼灸臨床【群発頭痛】の臨床例(大阪市北区 30代男性)

2018.02.15 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,ほてり,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える健康観,慢性疲労,熱がこもる,生きるのがラクになる施術,眠れない・眠りが浅い,群発頭痛,背中の張り,腸脛靭帯炎・ランナー膝,自律神経系の治療,薬との付き合い方,電磁波・静電気・有害電気・プラスイオン,頭痛,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市北区からお越しの30代の男性。
自身で会社を経営されており多忙な日々を過ごしています。

主訴は9年ほど出続けている【群発頭痛】

一年に一回ほど現れては、一ヶ月半ほど
痛みが続き、やがて消失していくそうです。

緊張型頭痛や偏頭痛は日常的に耳にしますが、
群発頭痛はなかなか名前に馴染みがないと思います。

群発頭痛とは一体どういった頭痛なのでしょうか?

—————————————-
群発頭痛(ぐんぱつずつう、Cluster headache)は、強烈な痛みを生じる頭痛発作を特徴とする、一次性の(ほかが原因ではない)頭痛のひとつである。痛みの特徴としては一側性で眼窩部を中心とする激痛が、一定期間(群発期)に集中しておこり1日の間に発作を何回も繰り返すことにある。視床下部の機能異常が関与していると考えられている。群発頭痛発作期に三叉神経血管系に働くCGRPなどのニューロペプチドやNOの変化をきたすと考えられている。『国際頭痛分類第3版beta版』では、三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)に分類されている。

特徴 編集
診断上重要な臨床所見

一次性頭痛の中では最も痛みの強い頭痛である。
頭痛は決まった片側に出現する。
頭痛発作頻度は1回/2日~8回/日である。
1回あたりの頭痛発作時間は15~180分である。
頭痛発作を反復する期間は1ヶ月弱から数ヶ月続き、これを群発期という。
群発期は数年に1回~1年に数回現れる(慢性群発頭痛を除く)
発作中は頭痛と同側に結膜充血、流涙、鼻閉(鼻づまり)、鼻漏(鼻汁分泌)、眼瞼浮腫、前頭部および顔面の発汗、前頭部および顔面の紅潮、耳閉感、縮瞳、眼瞼下垂などが認められる。
群発期の非頭痛時間帯に飲酒すると頭痛が誘発されるが、寛解期(非群発期)には誘発されない。
発作中、落ち着きのない、あるいは興奮した様子となる。

診断上参考となる臨床所見

男性に多い。
女性は妊娠中、頭痛が出現しにくい。
20~40歳の発症が多い。本邦の報告では平均発症年齢は男性29~40歳、女性24~40歳である。。
群発期はアルコール飲料、ニトログリセリン、ヒスタミンで発作が誘発される。
大酒家、ヘビースモーカーが多い。

治療 編集
群発頭痛の治療は予防薬の意義が極めて高い。これは予防薬が効果的であること、頭痛が連日続くため抑制薬のトリプタン連用となり有効性が低下するためである。また群発頭痛は治療薬のプラセボ効果が出にくいとされている。

※点線内、Wikipediaより抜粋

—————————————-

目の奥にえぐられるような痛みが現れることが一番の特徴であり、
頭痛の種類の中でももっとも症状がキツい頭痛になります。

クライアントさま、頭痛が出始めると
首のコリがキツくなり、徐々に目の奥が
強烈に痛み始めると、お話いただきました。

MRIによる頭部の画像診断も受けており、
幸いにも器質的な異常は見られなかったそうです。

改善のために、これまでに鍼治療はもちろん、
整体やピラティスなど、様々なことを試してきたそう。

ただ一向に回復せず、痛みがキツすぎて
仕事に支障が出るため、痛み止めの薬を飲んで
その場をしのぐことを9年間続けてきたそうです。

当院では、たとえ群発頭痛がキツいとはいえ、
頭部そのものに負担はなく、ほかに根本的な原因があり、
その反応として現れていると捉えています。

クライアントさま、とにかく仕事人。

仕事を頑張れるのは素晴らしいですが、
四六時中、頭の中には仕事のことばかり。
寝ている間も夢のなかで仕事をしてしまいます。。

施術ベッドに横たわる際にも枕元に携帯電話を置いたため、
よほと急ぎの用事でなければ電源を切ってください、と促しました。

何故、そのように促すのか?

何かに備えて【身構えている】【気を抜けない状態】では
いくら良い施術を受けても、芯からリラックスできないため
脱力不足により施術の効果が半減してしまいます、、、

仕事が大切なことは私も元会社員ですので痛いほどわかります。

ですが、群発頭痛ですら何かを知らせるためのアラートです。

息を抜きをして欲しい、と無意識のうちに
サインを出している状態に過ぎません。

せっかくラクになるためにお越しいただいているのに
院内で気を張り続けていることはなんとも勿体ない話です。

携帯はしぶしぶ電源をOFFにしていただき、
施術に身を任せるようお願いをしました🙏

目には見えませんが携帯電話からは電磁場の影響もあります。
常に電波を拾おうとしている端末を耳の真横におく行為は
少なからず、頭を電子レンジにかけている状態と同じです、、

仰向きで施術を開始しました🙌

体の所見は、みぞおちに痛みがあり、
仰向きにベッドに寝た状態では足が180°に
つま先が外を向く形で開ききっていました。

これは何を意味するのか?

足の外側(腸脛靭帯などがある場所)は、
気をつけ!の姿勢で手のひらが当たる場所。

言うなれば筋肉を緊張させることで
体に支えをつくっている部分です。

東洋医学では【足の少陽胆経】の経絡が流れています。

肝と胆。表裏一体の二つの臓腑は、
言わば【怒りの感情】を受けやすい場所。

ここには心因性の負担が反応として現れやすく、
ストレス、考えごと、不安が筋肉の緊張につながります。

カチカチになった太ももの外側の筋肉が、
比較的筋力の弱い内側の筋肉を引っ張ってしまい、
極度のガニ股を生み出してしまったと思われます。

いっけん男性に多そうですが、
メンタル的に極度の負担を受けている
女性の方にも同様の足の開きが見られます。

クライアントさま、ガニ股を治したく
必死にピラティスに通っているとお話しいただきました。

ピラティスに通うこと自体は良いことですが、
原因を考えず結果として現れた症状に対して、
何とかしよう!やっつけよう!と必死になることは、
治らない結果が余計に不安や焦りを生んでしまいます。。

原因はもっともっと別の場所にあります。
足の外側の硬さですら何かしらの【結果】です。

誤解をおそれずに申し上げますと、
今の状態を作り上げてしまったのは
【その人自身の判断と結果】の積み重ねです。

そのため、ご自身で経験したことから
解決に向けたヒントを得なければなりません。

ですが、頭で考えてわからないことばかりですので、
いま体がどういう状態で、どうすればラクになるのかは、素直に体に聞けばわかります。

先ほどの【みぞおちの痛みや緊張】は、
胸から頭に集まるエネルギーの現れです。

治療法としては、上に集まりすぎたエネルギーを下に降ろす、抹消に還すわけですが、
ここからがすこし難儀しました^^;

クライアントさま、体がみなぎり過ぎて、
皮膚を触ると「くすぐったい!」となります。

くすぐったい、または痛いと感じる反応は、
実は【体がみなぎっている状態】の現れです。
東洋医学で言うところの【実】(じつ)の状態です。

クライアントさま、今にも爆発しそうな身体の状態でした。
アラート役として群発頭痛が現れるのも無理ありません。
慎重に様子を見ながらゆっくりとツボに鍼治療を行いました。

みぞおちの硬さや痛みはすぐに無くなりました。
施術が終わると、心と体にゆとりが出来たのか、
こちらの話にも素直に答えてくれるようになりました。

群発頭痛が出はじめたのが今から9年前。

不調が出始める、出続ける原因の背景には、
【環境の変化】も大きく影響します。

お話を聞けば、ちょうどご自身で仕事を始めた時期だったそうです。

しばらくしてお子様も生まれ、公私ともに充実するなか、
休息時間もとれず、ひたすら突っ走ってきたのだと思います。

多忙のあまり心身ともにゆとりが無くなり、
素直さを失い、何故にこんなに痛くなる?
痛みをやっつけよう!となったそうです。

クライアントさま、仕事はバリバリできる人。
ご家庭では良いお父さんなのだと思います(^-^)

でも、体は主人に無理に気づいて欲しいから、
群発頭痛という不快でキツい症状を呈してでも、
何かを伝えたかったのだと思います。

食事も、弱ってはいけない、精をつけなくてはと
【にんにく】をよく摂っていたそうです。

これが実はめちゃくちゃ逆効果なんです、、

にんにくは、エネルギーを上へ上へと上げてしまう食べ物ですので、
胸から頭にかけて起こった火事に、油をそそぐようなものです。

食事の指導は、にんにく、唐辛子なとの刺激系は避けて、
酸味、苦味などエネルギーを下降させる食材を提案しました。

【医食同源】という言葉がありますが、世間一般的ではなく、
【その人に合った】食べ方をすることが何より大切です。

はじめての施術でしたので、一回で体質改善が出来るとは言い切れませんが、
それ以上に大切なことには少しでも気づけて頂けたのかな?と思いました(^-^)

鍼灸臨床【首の痛み・背中の痛み・腰痛・生理痛・足先の冷え・寝付きが悪い】(兵庫県西宮市 40代女性)

2018.02.15 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,冷え症,寝違え,当院の考える健康観,眠れない・眠りが浅い,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

兵庫県西宮市からお越しの40代の女性。

主訴は【首の痛み】

もともと慢性的な肩こり、首が硬く、痛みが強かった上に、
3日ほど前から寝違えたような痛みが出始めました。

ご友人のクライアントさまの
ご紹介で来院いただきましたが、
鍼治療を受けるのは初めてとのこと。

当院では症状により、鍼治療と整体(操体法)を使い分けており、
ベストな解決策を提案を行いますが、
嫌なことや怖いことをラクになるからと
無理やり勧めて施術を行うことはアリマセン。

きちんとカウンセリングて話を伺い、
最終的にはクライアントさまの
ゴーサインありきで施術方法を決定します。

お見えになったクライアントさま、
ストレスはとくに意識していませんが、
常に考えごとで頭の中はいっぱいだったそうです。

そうなると体は緊張状態となり、
頭に血がのぼる状態となります。

お腹の触診では、みぞおちに反応がありました。
胸から頭にかけてエネルギーが集まりすぎた状態で
エネルギー不足となった手足の抹消や腰回りには冷えや痛みが現れます。

クライアントさま、タバコとコーヒーが嗜好品でした。

実はこれらは上に集まりすぎたエネルギーを
血管の一時的な収縮により下降させる働きがあります。

タバコは当院でも薦める訳ではありませんし、
それなりに害のあるものですが、無意識に欲する状態はそれなりの理由があります。

誤解をおそれずに言えば、ストレスを溜め続けている状態に比べれば、気持ちの切り替えや、
頭のモヤモヤを解消できるという意味では、
無理にタバコを止める方が心身に悪いと考えます。

ですので、喫煙に関してはご自身の判断にまかせるしかありませんが、
当院ては薦めることはもちろんしませんが、
無理に止めることも推奨していません。

世間一般ではなく、その人の生き方に寄り添った
施術とアドバイスを心がけています。

治療方法としては上に集まりすぎたエネルギーを下降させ、
入りっぱなしの交感神経のスイッチをOFFに切り替える施術を行いました。

施術後はかなり緩んだ様子で、今日はゆっくり眠れそう、とお話しいただきました。

首の痛みをはじめ、体に現れる反応は
【何かしらの結果】として現れることばかりです。

結果を追うだけの施術は一時的な回復にしかならず、
患部の過剰な刺激により、揉み返しなどの副作用も出やすくなります。

あくまで【その人らしさ】を大切にしながら、
本当の原因を読み解き、根本改善をサポートしています。

鍼灸臨床【手が冷えるのに汗が止まらない】(大阪府吹田市 20代男性)

2018.02.14 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,ほてり,みぞおちの痛み,冷え症,手汗・多汗症・精神性発汗,熱がこもる,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府吹田市からお越しの20代の男性。

主訴は腰の痛み、顔ののぼせ感、足の冷え。
そして【手汗がひどい】のが気になるそう。

手に関しては、冷えるのに汗が出続けるそうで、
何をしても治らないと来院いただきました。

本来なら汗は暑いときにかくもの。
なぜ冷えるときに限って手が汗ばむのか?

ポイントは【手】に汗をかく、ということ。

実は手汗は暑さ寒さに関係なく、
【極度の緊張状態】になっていると
精神的な負担がかかり発汗してしまいます。

ましてや、顔にのぼせがあり、手足は冷たい、
頭に血がのぼる【交感神経が優位】になっている状態。

話を伺うと、仕事がかなりハードらしく、休みも不定期、
ろくに休息時間もとれない状態が続いている、とのこと。

お腹の触診では、みぞおちに圧痛があり、
体に出ている反応と合致しました。

自律神経の高ぶりを整える。抹消に血流を送り返すよう施術を行いました。

施術が終わると腰の痛みもなくなり、
表情も明るくなっていました。

精神性の発汗に関しては、一度の施術で
すべてが解決するのは正直難しいです。

徐々に【緊張状態を解いていく】
ことが一番大切になります。

施術で心と体のリセットをおこない体質を改善していくのも良いですし、
オフのときには趣味や自分のやりたいことを楽しむのも良いと思います。

根本的には【オンとオフの切り替え】が大切になります。

意識して行うことが難しい場合は、
【入浴】もオススメです。

湯船で手足の抹消を温めると、
頭に集まりすぎた血流は元の場所に還っていきます。
無理やり長風呂を要するわけではアリマセンので、
リセットボタンのひとつとして入浴をしてみてください。

同様に、抹消を冷やさない工夫も大切です。
手袋、靴下、腹巻きを上手に使って
意識的に頭に血を集めすぎないことも大切です。

最終的には【自身のあり方】の部分も重要になります。
緊張してしまう環境に対してどう向き合うのかが大切です。

ただ、心身ともにゆとりの無いときは
意識や行動を変えることは難しいため、
まずは自分がホッとできる時間を
気負いなく作るのが良いと思います。

体質改善とともに自分や周囲との向き合い方が変われば、
いつの間にか手汗も気にならなくなっていると思います(^-^)

鍼灸臨床【背中の痛み】の本当の原因と治療法について(大阪市西区 30代女性)

2018.02.13 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,内臓治療,背中の張り,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

大阪市西区よりお越しの30代の女性。

主訴は【背中の痛み】

数日前から発症し、気になって来院されました。

背中の痛みが気になるあまりインターネットで調べてみたところ、
内臓疾患など重篤な症状があるときに背中が痛む、
という記事を読み不安になってしまったそうです。

背中の痛みの原因は、正直もうしますと
星の数ほどあり、人の数だけ理由も異なります。

ただ、直接的に痛めたなどの原因がある場合を除いては、
他の原因の影響により【結果としての反応が現れる場所】となります。

日常的におこなう些細な行動が背中の痛みにつながることもあれば、
心臓やその他の内臓の病気があり、関連痛として出ることもあります。

最近ではテレビ番組でも病気に関する番組がありますが、
残念ながら視聴者の不安を過剰にあおる内容になっています。

「もしかしたら今の痛みはこの病気なんじゃないか?」と
余計な思い込みを作ってしまいますので見ない方が良いでしょう。
思い込みそのものが、不安を生み、新たな不調を作ってしまいます。

まずはご安心ください。大丈夫です(^-^)
早めに対処していただけたらケースを問わず回復できます。

当院ではいかなる場合においても
体から答えを受け取る施術を行っています。

体はいつでも治し方を教えてくれていますので、
的確に今の状態、不調の原因、解決策がわかります。

クライアントさまのお腹の触診をしていると、
胃腸の負担が現れやすいツボである、
中脘(ちゅうかん)辺りに、押されると痛む、
硬い反応がありました。

お話を聞けば、最近食べすぎてしまったそう。
お腹にかかる負担は、胃の拡張などにより、
前後に位置する背中や腰に影響します。

あくまでお腹の硬さも反応点に過ぎませんので、
内臓機能を整える全体的な施術を行いました。

施術が終わると体が軽くなり、背中の痛みはなくなりました。

今回の場合ですと、摂りすぎた食事により、
胃腸がキャパオーバーになってしまったため、
きちんとお通じがでればラクになります。

お通じはでれば🆗というだけでなく、
食べた量に対してきちんと出るかが大切です。

自律神経を副交感神経が優位になるよう施術をおこない、
解毒を促進するよう体のスイッチを切り替えました。

体も心も常につながっています。
そして体はいつでも治し方を提示してくれています。

理由もわからず一人で考えこんでしまうと
余計な不安や思い込みが生まれてしまいます。

そんなときはベストな解決策を提案できますので、
気軽にご相談いただければ幸いです(^-^)

3年間体を休めても治らない【腸脛靭帯炎】(ランナー膝)の意外な原因とは?鍼灸臨床 (大阪市北区 20代女性)

2018.02.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,息が吸いにくい,経絡を意識した治療,腸脛靭帯炎・ランナー膝,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の
鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市北区からお越しの20代の女性。

主訴は【腸脛靭帯炎】
かなり以前に発症し、未だに痛みが強く出るそうです。

そもそも、腸脛靭帯炎とはどういった症状なのでしょうか?

↓↓

——————————————–

腸脛靱帯炎は、別名「ランナー膝」「ランナーズニー」と呼ばれ、ランニングによる膝障害の代表です。膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触(こすれる)して炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します(ほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等)。
主因

主因はオーバーユースです。過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。
症状

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在します(図)。腸脛靱帯は明らかに緊張が増し、時に靱帯の走行に沿って疼痛が放散します。
初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。
(引用元)
http://www.zamst.jp/tetsujin/runners-knee/
——————————————–

簡単に言えば足の使いすぎにより、
太ももの外側から膝の外側にかけて
こすれによる痛みが出てしまう症状です。

痛みをやらわげるためには、世間一般的には十分に休息をとる、極度の使用を控えることを前提に、サポーターや電気治療、湿布やアイシング、マッサージなど様々な治療が行われます。

ただ、それで本当に痛みが治まるのでしょうか??

クライアントさま、そもそもスポーツをしていません。。
ですが整形外科で腸脛靭帯炎と診断されて休息をとるように薦められました。
診断を受けてからは3年間、ハードに脚を使うことは徹底して避けてきました。
でも痛みは治りません。。

マッサージなども受けましたが、揉み返しが起こり、
余計にしんどくなることもあったそうです。

では、本当の痛みは何なのか?

当院では、患部の痛みはあくまで反応として見るだけで、直接患部に施術を行うことはほぼありません。

腸脛靭帯炎が現れやすい足の側面ですが、
経絡的には【足の少陽胆経】が存在します。

ここは不安やストレス、考えごとなどで
体が過緊張状態になっていると筋肉が硬くなってしまい、ズキズキ、ピリピリと痛みや痺れが現れる場所になります。

クライアントさま、よく息がしにくくなる、
息が吸いにくい感覚が起こる、とお話しいただきました。

自律神経のアクセル役である交感神経が優位になると、
体のスイッチがONになり、呼吸筋である肋間筋や横隔膜が収縮して
胸やお腹の広がりが少なくなり呼吸がしづらくなります。

お腹の触診でもみぞおちが硬く、無意識のうちに体が緊張状態にあることは明らかでした。胸から頭にかけての症状が出やすいように感じました。

よって、自律神経のバランスを整える、
上に集まりすぎたエネルギーを下降させるよう施術を行いました。

鍼をしてすぐにみぞおちの痛みは無くなりました。
施術が終わると足の側面の痛みは、
何も気にされていない様子でした(^-^)

目に見える原因だけが根本原因となる訳ではありません。
むしろ目に見えない、頭で考えてもわからないことの裏に真実が隠れていることがほとんどです。

不調の原因はお一人お一人まったく違うものなんです。世間一般的な方法ではなかなか根本まで対応できないのです。

体はいつでも治し方を教えてくれています。

素直に体から答えを受け取りながら、
その人だけの解決策を見つけるために
とことん寄り添った施術をしています(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分