- Blog記事一覧 - かゆみの記事一覧

かゆみの記事一覧

【花粉症の臨床例】イネ花粉のつらさが何ともなくなった🌾

2017.09.15 | Category: かゆみ,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,のどの痛み,ほてり,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,動悸,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,息が吸いにくい,慢性疲労,更年期障害,気分障害,熱がこもる,眠れない・眠りが浅い,眼精疲労,神経痛,突発性難聴,肩こり・首こり,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症,逆流性食道炎,頭痛,風邪,首の痛み

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

花粉症の根本改善を得意としています。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西区からお越しの40代の女性。
仕事はデスクワーク。

主訴は、首まわりのコリや痛み、不眠など。
疲労が溜まってくると目のかすみも出てくるそう。

週に一回のペースで鍼治療を受けてくださっています。

ありがたい事に鍼を受け始めてからよく眠れるようになったとのこと。
そしてお酒も強くなってたくさん飲めるようになったみたいです(笑)

さらに嬉しい報告もいただきました。

「毎年イネ花粉でしんどい時期なのに症状がない‼️」

花粉症のお悩みは、実は初めて聞きましたが、
いつの間にか他の不調も改善できて良かったです^_^

花粉症の根本の原因のひとつとして

【鼻粘膜の炎症】

が挙げられます。

鼻粘膜が炎症していると、花粉やホコリ、
廃棄物質に対して敏感になりアレルギー反応が出ます。

そして東洋医学では、鼻に現れる反応は
【胃腸の状態】とリンクしています。

花粉症にかぎらず、実は【ちくのう症】や
【アレルギー性鼻炎】も同じ原因で起こります。

胃腸の負担には、暴飲暴食、不摂生などによる物理的な負担。
またはストレスや我慢、不安癖、過緊張など、目には見えない負担も影響します。

心身の負担は強い熱エネルギーとなり、
燃えさかる炎のように体の上へ上へと昇っていきます。
わかりやすく言うと【頭に血がのぼる】状態になります。

一過性のものならガス抜きやしっかりした休息など
リフレッシュを優先したらラクになりますが、
毎日毎日同じ状態が続くと慢性化してしまい、
常に顔や頭部に熱がこもるような状態になります。

そこで額や頭部から汗が大量にかけていたら
体内の余熱は外へ出ていくため、体内に熱がこもる事はないのですが、
汗もあまりかけず、常に頭でヤカンが沸きっぱなしの状態では
目や鼻への痛みや詰まり、挙句には脳血管の損傷や
てんかん、熱性痙攣を二次的に発生させてしまいます。

そのため当院では、鍼灸治療で高ぶった自律神経のバランスを整え、
上へ集まる熱エネルギー、つまりは血流を下降させ、
本来流れている手足へと血流を還すことで、
鼻粘膜の炎症をおさえ、根本的な解決をしています。

実はこの体の状態は、花粉症だけでなく、
肩こり、腰痛、不眠、便秘、首の痛み、五十肩、坐骨神経痛など、
体のあらゆる症状とリンクしています。

花粉症の治療も一度や二度で完治するわけではアリマセンし、
仮にマシになっても不摂生や無茶を続ければまたは症状は現れます。

花粉症に限らずどの症状でも同じです。
この先、一生風邪を引かないと言い切れますか?
完治とはいえ、絶対再発しない!では無いんです。

このことは痛みや不調がなぜ出るのか?を
きちんと理解していないと中々完治には至りません。

そのかわり、ご自身でも気を付けることができ、
メンテナンスも意識していれば花粉症のみならず、
他のカラダの不調もラクになると思います^_^

痛みや不調は、何かに気づいて欲しいから現れます。
無茶をしないで、自分に優しくして、の現れなんですね。

その意味に気づくか気づかないかだけで
不調の改善結果は大きく変わってきます。

症状の深さにより回復に要する時間も変わります。

向き合う時間がない、さっさと良くしたい、
とお考えの方はレーザー手術もアリだと思います。

ただ、その際に【なぜ花粉症が出ていたのか?】を
しっかり考えてもらうことで、この先に向けての予防、
そして花粉症が伝えたかったメッセージを理解いただけると思います。
花粉症は無くなったけど、肩こり、腰痛、不眠が、、では根本治療にはなりません。

花粉症はツラい症状だと思います。

ですが、体も好きで花粉症になる訳ではアリマセン。
症状の度合いが深いほど、病気や不調が伝えたいメッセージも重要なものになります。

花粉症も【結果】で現れた不調でしかアリマセン。

根本治療をベースに、病気の意味、
そしてご自身の心と体に優しく向き合うお手伝いができれば幸いです^_^

 

 

 

乳首のかゆみの鍼灸治療

2017.08.23 | Category: かゆみ,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,内臓治療,熱がこもる,肩こり・首こり,背中の張り

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

人に相談しにくいデリケートなお悩みも、

完全予約制のスペースで真摯にお応えします。

 

↓↓

 

鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪市西区からお越しの40代の女性。
日々、気を張りながら医療の現場で働かれています。

 

背中が硬く張っており肩のこりも強く
なんとかして欲しいと来院されました。

 

施術の途中に相談を受けました。

 

「乳首がよくかゆくなるんですが、、」

 

大変デリケートなお悩みですが、
話していただき感謝しています(^-^)

 

ご安心ください!
その症状、ラクになります。

 

クライアントさま、いつも気を張って働かれています。
それなりにキャリアもある方なので、担いも大きいと思います。

 

家に帰ったら体に溜まった緊張感をリセットするべく、
毎日ビールとワインを飲むそうです。

 

アテにはチーズやお菓子をよく食べるそう。
お肉類も大好きとのこと🍖

 

乳首には、東洋医学では「乳中」(にゅうちゅう)
というツボにあたり、胃にまつわる経絡が通っています。

 

エネルギーの強い、または偏った食事により、
胃の中が高エネルギーな状態になりすぎると、
炎上性のエネルギーがメラメラと胸元や頭にのぼり、痛みやかゆみを出します。

 

胃腸由来の頭痛もメカニズムは同じです。
肩こりや背中の張り、首の痛みにもつながります。

 

さらには、かゆみが出るのは主に右側。
体の右側には肝臓があります。

 

肝臓は、アルコールの分解や疲労の回復、
解毒機能の全般、栄養の貯蓄・分配を行います。

 

肝臓は胃と隣接している臓器ですので、
食事のエネルギーが強く溜まりすぎると
肝臓にも胃の余分なエネルギーが波及します。

 

東洋医学の考え方では、ざっくり言うと
ストレスや我慢など「怒」属性の影響が出る場所です。

 

肝臓(厳密には東洋医学の「肝」)がオーバーヒートすると、
先ほどの状態に対して火に油となり、
余計に痛み、かゆみが増してしまいます。

 

体の上にのぼるエネルギーを下降させ、
胸元に水を集めるように鍼治療を行いました。

 

かゆみはすぐに収まってきまして、
同時に肩こり、背中の張りも無くなりました。

 

分散して至るところに症状は出ますが、
原因は、大体まとまっています。

 

話しにくいお悩みもありますが、
思いきってお話いただければ
ラクになるサポートが可能です。

 

特に長引いている、原因がわからないお悩みは、
ひとりで悩まずに相談いただければ、
改善のスピードもアップすると思います。

 

思い立ったら身をまかせて行動に移しませんか?
勇気あるあなたの行動をいつでもお待ちしています(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分