- Blog記事一覧 - 不妊症・不妊治療の記事一覧

不妊症・不妊治療の記事一覧

鍼灸臨床【2回の鍼治療で生理痛が無くなった】(大阪市西区 30代女性)

2018.09.14 | Category: PMS・PMDD,お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,みぞおちの痛み,不妊症・不妊治療,内臓治療,冷え性,季節の変わり目,当院の考える健康観,息が吸いにくい,気分障害,生理痛,瘀血・血流の低下・血液の病気,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

婦人科系の症状の改善にも力を入れています。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西区からお越しの30代の女性。

肩こり、首の痛みがひどく、体から緊張が抜けない、手足の冷えも気になると来院いただきました。

そして、生理前のシンドさ、生理中の痛みがツラいという事でした。

お腹の触診ではみぞおちが固く、おへその少し上に刺すような痛みがありました。

この状態は【上熱下冷】

ストレスや過度の緊張により頭に血がのぼり過ぎた結果、血流を奪われた手足・腰回りが冷えてしまい、痛みや不調につながっている状態です。

そのため、からだ全体の血流バランスを改善することが一番の治療目的になります。

刺すような痛みは冷え。腹部のあたりに停滞して、流れが悪くなり冷えてしまった血液の影響です。これらは、瘀血(おけつ)と呼ばれます。

瘀血が生じるには、大きく2つの原因があります。

✅ 血液や水分をめぐらせる【気】の滞り
✅ 摂取する食べ物の質、不摂生など

気は、完全にイコールではありませんが【自律神経】とイメージすると良いかもしれません。

自律神経のバランスが崩れると、血流のバランスが乱れます。頭にばかり血がのぼることもあれば、スイッチが入らず動きたくないと感じることもあります。

さらには自律神経は【呼吸の仕方】にも影響します。ストレスを溜めすぎたり、休みなく働き続けると、息が苦しい、吸いにくいと感じたことはないでしょうか?

どちらも自律神経の支配を受けたからだの働きであり、体内のめぐりを調整するうえで大切な働きです。

自律神経のバランス調整、瘀血の改善をテーマに鍼治療を行いました。患部の施術はしていませんが、首の痛み、肩こり、腰痛はすぐにラクになりました。

施術後は、食事指導を中心にアドバイスを行いました。瘀血が生まれる原因の大半は【食べ物の影響】があるからです。

砂糖、小麦、乳製品、スナック菓子、コンビニのご飯などを摂取することを避け、可能であればシンプルな調理で自炊して食べることを提案しました。

すると初診からかぞえて3回目の施術の際に感想をいただきました。

「生理前のシンドさと生理痛がラクになりました!」

と嬉しい報告をいただきました。

PMSに代表される生理前のシンドさ、生理中の物理的な痛み、本当にシンドイと思います。

ですが、少しの工夫と、きちんとしたメンテナンスを受けることで、劇的に改善するケースが多々あります。

✅ 血流のバランスの調整
✅ 摂取する食べ物の工夫
✅ 高ぶった気持ちのリセット

この辺りに気をつければ、生理痛に限らずあらゆる婦人科系の症状もラクになります。クライアントさまも工夫を頑張っていただいたのだと思います。

生理中の鍼治療は、院の方針、先生方の考え方により意見がわかれるところですが

当院的には【大賛成】です❗️

なにより腹部の痛み、からだのシンドさがラクになります。さらには、自然な形でからだが排出形態になっているため、デトックス効果が非常に高くなります。

当院は婦人科ではありませんし、女性専門の治療院でもありません。ただ、からだの中心から根本的に、総合的に改善をサポートする施術をおこなっています。

本来、体はパーツの繋ぎあわせではありませんし、心と体も繋がっています。心で受けた負担がSOSとして体にあらわれます。

婦人科系の症状、冷え性に関しては力になれる部分がたくさんあると思います。LINEでも気軽にご相談いただければ幸いです。

↓ロゴをクリックすれば登録できます↓

想像もしない五十肩・四十肩の最大の原因とは?その②

2017.12.29 | Category: アトピー性皮膚炎,お役立ち情報,かゆみ,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,不妊症・不妊治療,五十肩・四十肩,低体温・低血圧・貧血,熱がこもる

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

前回のブログで、五十肩・四十肩の最大の原因は
【血液の状態】と書きました。

では、どのような血液の状態だと五十肩・四十肩になりやすいのか?

答えは【ドロドロに濁った濃い状態の血液】となります。

特に砂糖(≒糖質)、小麦、脂の摂取が多い方は要注意です。

ドロドロの血液は、過剰にエネルギーを含んでおり、
動きが悪く、体全体の血行を悪くしてしまいます。
血液が渋滞を起こすんですね🚗

ドロドロゆえに留まるところには熱エネルギーが集中し、
血行の悪さから巡りが悪くなった箇所には冷えを生じます。

東洋医学の表現では【瘀血】(おけつ)と呼ばれます。

そのエネルギーの高い濁った血液が、
肩の周囲に集まり、関節や筋肉に行き渡ると
組織が粘り、やがて動きが悪くなります。

さらに局所に集まった瘀血が、活動を停止する晩から朝にかけて冷えるため【夜間痛】を生じます⚡️

それらが五十肩・四十肩の最たる原因になります。

五十肩・四十肩にかぎらず、血液の状態が根本の原因となる不調はかなりあります。

【アトピー性皮膚炎】も実は同じ原因で起こります。

病院にかかれば皮膚科になります。
受診したら皮膚に塗る薬を処方されると思います💊

西洋医学的に診るとアトピーは皮膚の病気になりますので、
皮膚科でできる処置は皮膚の薬を処方する形になります。

ですが、アトピー性皮膚炎の本当の原因は
【血液の状態】にあります。

熱量がたかく、脂分が多く、血液を濁す
(市販のミルクティーやフライドチキンなど)
飲食物を嗜好品として常食していると、
肝臓で解毒できるデトックス量を超えてしまい、
結果皮膚に毒を放り投げてまで処理をしているのが
アトピー性皮膚炎の症状の本質になります。

そのため根本的に治療をするのであれば
皮膚に薬を塗布するのではなく、
胃や肝臓の機能を高める施術をおこない、
ご自身でも嗜好品の摂取を気をつけたり、
発汗をうながす運動などが必要になります。

このことは五十肩・四十肩の改善にも同じことが言えます。

発汗は、ダラダラと何もせずにかく汗よりも、
体を動かしてかく方が解毒の効率が良くなります。

とくに背中からかく汗が一番デトックスに適しています。

逆に何もせずに額や胸元にかく汗は
内臓内のエネルギーが強すぎる状態の現れです。
ラーメンを食べて顔中が汗だらけになる方は要注意です🍜

短時間で構いませんので、有酸素運動をして
体内の余熱や老廃物を出し切ってあげましょう。

オススメの運動は、
週に3回、一回30分の
【早歩きウォーキング】です。

続ければ、深部体温が格段にあがりますので、
基礎体温が35℃台の方は是非トライしてください。

不妊でお悩みの方にもオススメです👶

そうでない方もあらゆる病気の予防になりますよ✨

病気や不調はシンドイですが、
体内環境を見直す良いチャンスです(^-^)

体の訴えるメッセージを読み解きながら
すこやかに過ごしていただけたらと思います。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。