- Blog記事一覧 - 五十肩・四十肩の記事一覧

五十肩・四十肩の記事一覧

【春に現れやすい症状】は?予防法と解決法について

2018.02.10 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,のどの痛み,ヒステリー球・咽喉頭異常感症,ほてり,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,動悸,季節の変わり目,寝違え,当院の考える健康観,急性症状・けが,息が吸いにくい,熱がこもる,眠れない・眠りが浅い,神経痛,突発性難聴,経絡を意識した治療,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症,逆流性食道炎,関節可動域の制限,頭痛,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

厳しい寒さも残りますが、
立春を過ぎて季節は春になりました。

春のキーワードは【成長】

芽吹き時と呼ばれるほど、
伸びよう、成長しようと
上へ上へとエネルギーが集まります。

花が咲き、子供はどんどん成長します。
入学、進学など次なる成長の季節です。

ただ、大人は成長が止まっているため
このエネルギーを上手く使うことが出来ません。

体の上へと集まるエネルギーが頭打ちになることで
さまざまな不調が体に現れてきます。

以下に不調の例を挙げておきます。

(春に出やすい不調の種類)
———————————
・頭痛
・頭がボーっとする
・のぼせ感
・首の痛み
・寝違え
・肩こり
・五十肩、四十肩
・背中の詰まり
・背中ニキビ
・動悸
・めまい
・息の吸いにくさ
・肋間神経痛
・耳鳴り
・目の痛み、違和感
・花粉症
・鼻づまり
・口内炎、口腔炎
・喉の詰まり、違和感(ヒステリー球、梅核気)
・不眠
・便秘
・逆流性食道炎
・腰痛
・足のふらつき
・熱性痙攣
・ショック状態
・手足の冷え
・何もないところでつまづく など
———————————

一見バラバラに見える症状ですが、
根本の原因は共通しています。

体の上にばかり全身のエネルギーが集まると
手足や腰回りの血流が奪われてしまい、
結果として冷えや痛みが生まれます。

単体で症状が現れることもあれば、
関連していくつも現れることもあります。

暴飲暴食、不摂生、ストレスのため過ぎなども
体の上ばかりにエネルギーを集めてしまい、
↑に記した症状に繋がってしまいます。

体の上に集まるエネルギーによる不調は、
お酒を飲むと顔が赤くなるのと同じです🍻
頭にばかりエネルギーが集まるため、
足もとがフラフラになります。

根本の原因は、上へと集まりすぎたエネルギーであるため、
解決するための方法は、エネルギーを下降させる工夫、
または発散することが必要となります。
体から出す、もしくはエネルギーを使うことが大切です。

食べ物では【苦味】(お茶🍵や野菜🥦など)を積極的に摂ると
体内の膠質浸透圧が上がり、エネルギーを下降させる働きがあります。
コーヒーがお好きな方なら、無糖で飲むのが効果的です。

【酸味】も大変有効です。

すっぱい!!(>_<)と感じる味の
運動方向は【内向き】のベクトルです。

例えるなら【噴水】⛲をイメージしてください。

内向き(上向き)の運動エネルギーにより、
上まで上がりきった動きは、やがて下降軸をとります。

勢いづいたのちに、下降させる働きを持っているため、
体の上に集中したエネルギーを動かすことに有効です。

酸味を上手に取り入れることはエネルギーを
うまく下降させ、体内の調子を整えるためにも一躍買ってくれます。

イライラや考えごとが続いている時にも
頭がスッキリするのでオススメです(^-^)

エネルギーを上手く消費するには、
体内にこもらせない事も大切です。

そのため【排便・排尿】の働きも大切になります。
苦味や酸味の働きは、デトックスも促進してくれます。

逆に、にんにくや唐辛子は、エネルギーを
上へ上へと押し上げるだけの食べ物ですので、
↑に挙げた不調で体がしんどい方は余計にひどくなりますので、避けた方が良いでしょう。

食べ物も、摂る種類と用途ひとつで
毒にも薬にもなることを覚えておいてください。
食べ方や、食べる量も大切です。

エネルギーの消費方法では【発汗】も大切です。
可能であれば体を動かして汗をかいてください。

なにもせずダラダラと汗をかくことに比べて
解毒量はその4〜5倍になると言われています。

オススメは【早歩きのウォーキング】です。
体内にたくさん酸素を取り入れながら
エネルギーを上手に使いましょう。

汗をかく場所は【背中】からが一番最適です。
エネルギー調整に適しており、風邪をひいても
背中から汗をかけばすぐに治ります。

ご自身で工夫できることもありますが、
解決が難しいときは無理をせず、
早めに施術を受けてみてください。

体も好きで不調をだしている訳ではありません。
無理に早く気づいて欲しいだけなんです。

四季ごとに正しい生活の仕方があり、
その範疇を超えた生活をしていると
不調が現れやすくなります。

さらに無理が続くと、次の季節に使うパワーまで前借りしてしまいます。
その季節の過ごし方に整える、リセットすることが大切です。

西洋医学の範疇で、画像診断や血液検査を行っても
先に挙げた不調の原因は目に見えず【原因不明】となります。

ですが、自然の法則を取り入れた東洋医学では、
目に見えない大気の変化も大いに体に影響すると考えます。

人間もあくまで動物の一種。知恵があり理性があるぶん、
産まれながらに備わった本能的な部分が鈍くなっているだけです。

体内環境を年中一定に保つことができる反面、
環境に合わせた生き方を無視は出来ないのです。

適切な過ごし方や、気をつける時期のアドバイスも出来ますので、
当院のLINEからのお問い合わせも大歓迎です^_^
お困りごと、些細な相談、お気軽に連絡ください。

かんたん予約もできるLINEの登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40lfh4167m

鍼灸臨床【五十肩の隠れた原因とは?】(大阪市東住吉区 40代女性)

2018.02.05 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,内臓治療,季節の変わり目,経絡を意識した治療,肩の痛み,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市東住吉区からお越しの40代の女性。

ここ2.3日、右肩に違和感があり、
腕を前方向に垂直に挙げていくと
肩の前側に痛みが出るそうです。

肩を前方向、垂直方向に挙げる(肩関節屈曲)の筋肉は、
主には肩パットのような【三角筋】(前部繊維)の仕事になります。

おそらく世間一般的には、筋肉への直接的なアプローチになると思うのですが、
当院では、患部の反応はあくまで反応として見るだけで、基本的にそっとしておきます。

理由は、結果に対して結果を追う施術を行っても
原因にまで到達しないため根本解決にならないと考えているからです。

結果を追うだけなら誰でもできますし、
グリグリ反応を追いすぎると、揉み返したり、
組織に炎症が起こるなど、副作用が現れるリスクが高くなります。

では、根本となる【原因】はいったい何なのか?

実は肩の前方挙上ができない時から予想は出来ましたが、
ご自身が気づかない部分で【胃腸の負担】があるように感じました。

東洋医学では、直接的な暴飲暴食、不摂生によりは物理的な負担、
または、不安、考えごと、緊張、ストレスなど心理的な負担は、
ともに胃腸に影響すると考えており、食欲や便の影響だけでなく、
首の痛みや肩関節の運動制限など、まったく関係のない場所にまで影響します。

クライアントさま、暴飲暴食はしなさそうですが、
大変繊細で、不安癖が強いタイプだと感じました。

さらには来院されたタイミングは、
季節の変わり目である土用の真っ最中です。

冬土用なかでも一番影響の強い【丑の日】でもありましたので、
それら様々な原因が重なり、肩関節の周辺に影響を及ぼしたのだと思います。

実は目に見えること、頭で考えてわかることだけが、
不調の原因になるとは限りません。

むしろそうでない部分の方が気づきにくく、
なかなか原因として認識がしにくいため、
手の打ちようがあまりわからず、
慢性的な症状の根本的な原因となることが多いのです。

お腹の触診では、胃腸の負担がダイレクトに出やすい
【中脘】(ちゅうかん。みぞおちとお臍の中間)
あたりに、硬さと圧痛がありました。

ベッドに仰向けに寝てもらい、右肩を上げてもらうと
肩関節の前方に痛みと可動域の制限を確認できました。

そこで胃のツボである【足三里】(当院では左足のみ)に
鍼治療をおこない同じように右腕を前から挙げてもらいました。

すると、、、

スッと肩が挙がり、耳の横を腕が通過しました。
肩を挙げるときの痛みも無くなりました。

鍼を一本打った瞬間に肩の反応が瞬時に変わったため、
クライアントさまもビックリされていました(^-^)

その後、全身の調整の施術を行いました。
肩の不調は最初の一手で取り除けた様子で
そこから先の施術でも最初の変化のままでした。

このような反応はきちんと鍼治療を行えば
決して珍しい変化ではアリマセン(^-^)

体から答えを受け取り、いかにその人だけの原因に気付けるか。
四季の変化も頭に入れながら根本的な改善をサポートしています。

鍼灸臨床【五十肩の痛みがなくなってきた。痛みが出ても向き合い方が変わった】(大阪府松原市 70代女性)

2018.01.24 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府松原市からお越しの70代の女性。
ご紹介者さまと一緒に月に1、2度目来院されています。

来院当初の主訴は、左肩の【五十肩】

寝ている時も五十肩の顕著な症状である
【夜間痛】が出ており、眠れずにツラいとの事。

夜間痛の原因は東洋医学の言葉で【瘀血】(おけつ)

摂取する食べ物の内容による血液の濁りや粘り、
代謝の低下、体のポンプ機能の低下により、
巡りが悪くなった血液が停滞してしまいます。

血液が巡らないが故に血流が悪くなり、
部分的に冷えを生じた結果、痛みを生んでしまいます。

そのため、治療の方針として

・胃腸や肝臓を整える治療
・血流を整える自律神経の調整
・代謝の促進
・胃腸をいたわるアドバイス

を組み立てながら5回ほど施術を行いました。

本日お見えになった際に

「どうしようもなかった肩の痛みがラクになった」
「たまに痛いときもあるけど対処の仕方が変わった」

と嬉しいお言葉をいただきました(^-^)

五十肩の原因はさまざまですが、当院では

「自律神経のバランスを整えるメンタルケア」
「内臓機能を高めるフィジカルケア」

を二本の主軸とした治療方針で施術を行っています。

あとはその人の生活習慣に合わせたアドバイス、
考え方や思考の癖にまで踏み込みながら、
根本解決のお手伝いをさせていただいています。

まずはあきらめずに一歩を踏み出してみてください(^-^)
あなたに合った、あなただけの良くなり方を提案させていただきます。

鍼灸臨床【五十肩の痛みが教える自分らしく生きるためのメッセージ】(大阪市西淀川区 60代女性)

2018.01.23 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,外反母趾,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西淀川区からお越しの60代の女性。
仕事は絵画製作。

主訴は【五十肩】
発症原因に思い当たることがなく、
日に日に痛みが増して肩の可動域が落ちているそう。

それに伴い気持ちも滅入ってくると、
ご紹介で来院いただきました。

患部が気になるため、3日に一回はマッサージを受けるも、
瞬間的にはラクになるが、のちに揉み返しがでるとのこと。

ご自身でマッサージ器具を患部に押し当てるも
マッサージ同様、一瞬ラク→もみ返しを繰り返す、そんな毎日が不安で、とお話しいただきました。

クライアントさま、会社の代表でもあり、
ご自身でもアーティストとしての活動がありと、
立場的にも担いが多く、ガス抜きがまったく出来ていない印象を受けました。

そのことは、足の内側にできていた
【外反母趾】からも察することができました。

——————————————–

外反母趾とは?

指のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで結果、親指が小指側に曲り変形した状態。足に合わない靴を履いている場合になりやすく、女性に多く見られる。特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われている。幅の広すぎる靴を履くことにより足が前に滑り、捨て寸の部分につま先が入り込んで圧迫され、発症するケースもある。症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになる場合がある。子供や男性にも発生する。同じ要因によって外反母趾とは逆に足の小指が親指の方向に曲がってしまう症状は内反小趾(ないはんしょうし)と呼ばれる。

※点線内、写真、文章ともにwikipediaより抜粋

——————————————–

↑は整形学的にみた解釈なのだと思いますが、
よく聞くキーワードに【かかとの高い靴】があります。

本当にそうでしょうか?
クライアントさま、踵の高い靴は履かれません。

実際にヒール👠を履いて外反母趾が起きるのであれば、
運動学的に見た歩行周期を考えると、
足が一番最初に地面に設置するのは
【足の外側、小指側】になります。

足の内側が設置するのはそのあとです。

ですが、外反母趾が起こる箇所は
決まって【内側、親指側】です。

内反小趾の説明も↑にありますが、
生活の中で耳にすることはありますか?
外反母趾の方が発症は圧倒的に多いのです。

親指側にはアライメントを考えても負担はかかりやすいですが、小指側にくらべて発症率に大きな差があるように感じます。

ここで臨床経験をふまえた
若干不思議な話に入ります(笑)
興味のない方はスルーしてくださいね^^;

外反母趾の患部の周囲には、
経絡的には、足の厥陰肝経、
足の太陰脾経が流れています。

不安や考えごと、ストレスや我慢の反応が
非常に影響しやす場所になります。

これらが特に影響することは

・素直に自分らしく生きられていない
・何かしら締め付けにあっている、あってきた
・自分が一歩引いてまで他人の要望に応えている

など、本当にしたいことや想いがありながら、
それをできていない時に反応が出やすくなります。

実際、臨床の現場でもクライアントさまに質問すると、
全員とは言いませんが、大半の方からは、

・自分を二の次にしていた
・自分に優しくできていなかった
・犠牲にしてきたことが多かった
・こんな事(文句や弱音など)言っちゃダメと思ってた

とおっしゃるケースが非常に多いのです。

実際に今回のクライアントさまの場合も同じでした。

自分の気持ちを無視してまで懸命に頑張っていた、
そんな時にこの肩の痛み。なぜ今?と、
気持ちがネガティブになっていった、と。

お話をする中で、湧き上がる想いや、
腑に落ちることがあったのだと思います。

とくに患部の施術はしていませんが、
施術がおわると表情もやわらかくなり、
痛みはどこかに行ったようでした。

「私、ずっと旅行に行きたかったんです」
と、にこやかにお話しいただきました(^-^)

後日、ご紹介者さまから連絡があり、
「一週間くらい旅行いってくる!」
とお出かけになったそうです(笑)

検査や目に見えてわかること以外に
実は大切な気づきがあったりするので、
なかなか伝わりにくいこともあります。

ですが、体はいつでもあなたの最大の味方であり、
治し方すらいつでも教えてくれています。

痛みや不調は決して敵ではなく、
生きやすくなるためのヒントなのです。

心地よい刺激だと気付いてもらえませんから(笑)
敢えて不快な刺激となって主人に伝えたいんです。

痛みや不調からのメッセージを読み解きながら、
その人らしく生きるヒントをお伝えできれば幸いです(^-^)

当院の【五十肩】のページにも原因をはじめ、根本的な部分を記載しています。

↓↓

http://shitarapc.com/katakori

鍼灸臨床【右肩の痛み、右親指、人差し指のしびれ】(大阪府摂津市 40代男性)

2018.01.16 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,五十肩・四十肩,神経痛

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府摂津市からお越しの40代の男性。
仕事は不動産業。

バリバリと仕事をこなすトップセールスマン。
接待も多く、忙しい毎日を送られています。

反面、休みが無くとにかく気をつかう方。
体にはSOSのサインが正直に現れています。

昨年11月ごろから右肩の痛みが出始め、
どんどん挙がらなくなっていると来院いただきました。
最近は同じく右側の親指、人差し指のあたりがシビれてくるとの事。

お腹の触診をおこなうと、
みぞおちに圧痛を確認しました。
休息を必要とする時にも、スイッチがONのまま入りっぱなしという印象を受けました。

施術を受けている間は、SOSを出していた体にも、
スイッチをOFFにしていいよ、と許可を出していただき、
心身のリセットを重視した施術を行いました。

施術が終わると、局所の施術こそしていませんが、
右手の痺れも自然に無くなっていました(^-^)

親指、人差し指あたりの神経支配は【第6頚神経】

気を張り続け、休息不足になってしまったことで、
首から腕にかけての筋肉が硬く緊張してしまい、
神経を圧迫しつづける状態を作っていたのだと思います。

スネの皮膚にも粉を吹くような乾燥〜ささくれが見られました。

この状態、実は【肝臓に負担がかかっている状態】なんです。

肝臓は、ストレスや不安など、目に見えない負担、
そしてお酒や薬の飲みすぎによる、物理的な負担の両方を受けてしまいます。

バリバリ働く人ほど、OFFになっていい時は
心身共に【ゆとり】を持つことも大切です。

施術が終わると楽になったとお話しいただき、
表情もスッキリされていました。

仕事もプライベートも一生懸命な方にこそ必要な
【心身のゆとり作り】を施術で提供させていただければ幸いです(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分