- Blog記事一覧 - 急性症状・けがの記事一覧

急性症状・けがの記事一覧

気圧と気温の変化による「寝違え」に注意!

2018.04.24 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,内臓治療,季節の変わり目,寝違え,急性症状・けが,肩こり・首こり,自律神経系の治療,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の、鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

春から夏への季節の変わり目。土用も「丑の日」に入りました。

丑の日、夏の土用ではよく聞くと思います。うなぎを食べて精をつけて残暑を乗り切ろうというもの。それくらい季節の変わり目の折り返し地点である、丑の日は体にこたえるんです。

土用は次の季節の体に変わる準備期間。気候にあわせて体内環境を変化させていく季節です。そのためカラダの一番中心である、胃腸に負担がかかりやすくなります。

消化器系は脂物と相性がめちゃくちゃ悪いです。うなぎは縁起物ですが、脂が大変強いため、体力が落ちている方にはキツイかもしれません。土用の丑の日のうなぎはあくまで自己判断でお願いします^^;

話を戻します。春から夏への変わり目。気温も上がり、湿度も出てきました。

カラダの内外で環境が目まぐるしく変わるなか、もっとも気をつけたいのが「寝違え」です。

実際に急な動作で物理的に首を痛めることは仕方ないのですが、カラダの他の部分の負担により、2次的に首の痛みや可動域制限が現れます。

特に気をつけたいのが、胃腸の負担からくる寝違えです。

お腹の冷え、脂モノの摂取による胃腸の負担、血流の低下、刺激物の摂取による体内のエネルギーが過剰な状態が、首の不調に繋がります。

急な気温差や気圧の変化により、無意識にカラダが気を張るため交感神経が優位となり、首、肩、背中も硬くなってしまいます。

ですので、寝違えの対策としては

・お腹を冷やさない
・極力無理をしない
・休息をしっかりとる
・唐辛子、にんにく、脂モノを避ける
・ストレスをしっかり発散する

などが挙げられます。

ご自身で意識するだけではどうにもできない事もあります。そのような場合はお早めにご相談いただければ、痛みを長引かせないよう対応が可能です。

土用は5月1日まで続きます。ゴールデンウィークの真っ最中ですが、ご自身のコンディションにもきちんと目を向けてあげることが、連休を楽しく過ごすコツであると思います^_^

【春に現れやすい症状】は?予防法と解決法について

2018.02.10 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,のどの痛み,ヒステリー球・咽喉頭異常感症,ほてり,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,動悸,季節の変わり目,寝違え,当院の考える健康観,急性症状・けが,息が吸いにくい,熱がこもる,眠れない・眠りが浅い,神経痛,突発性難聴,経絡を意識した治療,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症,逆流性食道炎,関節可動域の制限,頭痛,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

厳しい寒さも残りますが、
立春を過ぎて季節は春になりました。

春のキーワードは【成長】

芽吹き時と呼ばれるほど、
伸びよう、成長しようと
上へ上へとエネルギーが集まります。

花が咲き、子供はどんどん成長します。
入学、進学など次なる成長の季節です。

ただ、大人は成長が止まっているため
このエネルギーを上手く使うことが出来ません。

体の上へと集まるエネルギーが頭打ちになることで
さまざまな不調が体に現れてきます。

以下に不調の例を挙げておきます。

(春に出やすい不調の種類)
———————————
・頭痛
・頭がボーっとする
・のぼせ感
・首の痛み
・寝違え
・肩こり
・五十肩、四十肩
・背中の詰まり
・背中ニキビ
・動悸
・めまい
・息の吸いにくさ
・肋間神経痛
・耳鳴り
・目の痛み、違和感
・花粉症
・鼻づまり
・口内炎、口腔炎
・喉の詰まり、違和感(ヒステリー球、梅核気)
・不眠
・便秘
・逆流性食道炎
・腰痛
・足のふらつき
・熱性痙攣
・ショック状態
・手足の冷え
・何もないところでつまづく など
———————————

一見バラバラに見える症状ですが、
根本の原因は共通しています。

体の上にばかり全身のエネルギーが集まると
手足や腰回りの血流が奪われてしまい、
結果として冷えや痛みが生まれます。

単体で症状が現れることもあれば、
関連していくつも現れることもあります。

暴飲暴食、不摂生、ストレスのため過ぎなども
体の上ばかりにエネルギーを集めてしまい、
↑に記した症状に繋がってしまいます。

体の上に集まるエネルギーによる不調は、
お酒を飲むと顔が赤くなるのと同じです🍻
頭にばかりエネルギーが集まるため、
足もとがフラフラになります。

根本の原因は、上へと集まりすぎたエネルギーであるため、
解決するための方法は、エネルギーを下降させる工夫、
または発散することが必要となります。
体から出す、もしくはエネルギーを使うことが大切です。

食べ物では【苦味】(お茶🍵や野菜🥦など)を積極的に摂ると
体内の膠質浸透圧が上がり、エネルギーを下降させる働きがあります。
コーヒーがお好きな方なら、無糖で飲むのが効果的です。

【酸味】も大変有効です。

すっぱい!!(>_<)と感じる味の
運動方向は【内向き】のベクトルです。

例えるなら【噴水】⛲をイメージしてください。

内向き(上向き)の運動エネルギーにより、
上まで上がりきった動きは、やがて下降軸をとります。

勢いづいたのちに、下降させる働きを持っているため、
体の上に集中したエネルギーを動かすことに有効です。

酸味を上手に取り入れることはエネルギーを
うまく下降させ、体内の調子を整えるためにも一躍買ってくれます。

イライラや考えごとが続いている時にも
頭がスッキリするのでオススメです(^-^)

エネルギーを上手く消費するには、
体内にこもらせない事も大切です。

そのため【排便・排尿】の働きも大切になります。
苦味や酸味の働きは、デトックスも促進してくれます。

逆に、にんにくや唐辛子は、エネルギーを
上へ上へと押し上げるだけの食べ物ですので、
↑に挙げた不調で体がしんどい方は余計にひどくなりますので、避けた方が良いでしょう。

食べ物も、摂る種類と用途ひとつで
毒にも薬にもなることを覚えておいてください。
食べ方や、食べる量も大切です。

エネルギーの消費方法では【発汗】も大切です。
可能であれば体を動かして汗をかいてください。

なにもせずダラダラと汗をかくことに比べて
解毒量はその4〜5倍になると言われています。

オススメは【早歩きのウォーキング】です。
体内にたくさん酸素を取り入れながら
エネルギーを上手に使いましょう。

汗をかく場所は【背中】からが一番最適です。
エネルギー調整に適しており、風邪をひいても
背中から汗をかけばすぐに治ります。

ご自身で工夫できることもありますが、
解決が難しいときは無理をせず、
早めに施術を受けてみてください。

体も好きで不調をだしている訳ではありません。
無理に早く気づいて欲しいだけなんです。

四季ごとに正しい生活の仕方があり、
その範疇を超えた生活をしていると
不調が現れやすくなります。

さらに無理が続くと、次の季節に使うパワーまで前借りしてしまいます。
その季節の過ごし方に整える、リセットすることが大切です。

西洋医学の範疇で、画像診断や血液検査を行っても
先に挙げた不調の原因は目に見えず【原因不明】となります。

ですが、自然の法則を取り入れた東洋医学では、
目に見えない大気の変化も大いに体に影響すると考えます。

人間もあくまで動物の一種。知恵があり理性があるぶん、
産まれながらに備わった本能的な部分が鈍くなっているだけです。

体内環境を年中一定に保つことができる反面、
環境に合わせた生き方を無視は出来ないのです。

適切な過ごし方や、気をつける時期のアドバイスも出来ますので、
当院のLINEからのお問い合わせも大歓迎です^_^
お困りごと、些細な相談、お気軽に連絡ください。

かんたん予約もできるLINEの登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40lfh4167m

鍼灸臨床【左肩の痛み】(大阪市港区 30代男性)

2018.02.02 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,急性症状・けが,肩こり・首こり,肩の痛み,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市港区からお越しの30代の男性。
ご自身で会社を経営されています。

主訴は左肩の痛み。
数年前にスポーツで怪我をしてから
肩をあげるときに痛みが出てしまうそう。

お腹の触診では、みぞおちに痛みがありました。
この反応はストレスや考えごと、不安など、
目に見えない負担の影響が出ている状態です。

クライアントさま、ぱっと見、
豪快な印象を受けますが、
大変気をつかう繊細な方でした。

経営者という立場上、ご自身をすり減らしながらも
頑張っておられたのだと思います。

治療院に来ていただいている間は、
立場も、役割も、担いも関係ありませんので、
何者でもない、素のご自身にリセットいただくよう、
指示を伝えながら施術を行いました。

当院の鍼治療は、最初に仰向きで手足、
次にうつ伏せで、背中、腰、首の施術を行います。

仰向きの施術が終わり、うつ伏せに変換する際に、
「すでにラク!」とありがたい反応をいただきました(^-^)

左肩の施術はまったく行っていませんが、
施術が終わると痛みも無くなり、
可動域も改善していました。

肩の痛み(とくに肩の前方)は、
【胃腸】の反応が出やすい場所です。

暴飲暴食でもストレスでも、
痛みや可動域の制限が出てしまいます。

同時に回復に向けて大切なことは
【思い込みを外す】という事。

スポーツで怪我をされたのは事実ですが、
それだけが今の症状に繋がっているとは限りません。

施術を受けている間は、頭の中にあることは
いったん傍に置いてもらい、素直な気持ちで
施術を受けていただく事をおすすめしています。

そうする事で勝手に原因を結びつけていた
一種のマインドブロックが外れます。

そこに対して、お腹の触診がら読み取った、
体が欲する良くなるためのヒントを叶えてあげる事ができれば、
自然といま現れている不調は良い方向にむかって行きます。

意気込んで心身をリセットすることは難しいですが、
安心して身を任せていただけるリセットの場所となれば幸いです。

整体臨床【ぎっくり腰の整体】(大阪市中央区 50代男性)

2018.01.06 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,多次元操体法,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,急性症状・けが,生きるのがラクになる施術,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの50代の男性。
座り仕事がメイン。

趣味はジョギングやゴルフとアクティブな方⛳️

主訴は【きっくり腰】

二日前に右側の腰を痛めてしまったそうで、
なんとか歩けるようにはなったと徒歩で来院いただきました。

テストで片方ずつ太ももを挙げてもらい
可動域と痛みの感じ方の確認を行いました。

太ももを挙げる(股関節を曲げる)筋肉は
腰と股関節をつなぐ【腸腰筋】(ちょうようきん)といいます。
立ったまま前屈するときにも影響します。

ここに損傷があると、太ももは挙がりにくく、
立位体前屈も前に曲がらなくなります。

テストの結果は

左足を挙げる→なにもなし
右足を挙げる→右の腰に痛みが出る

となりました。

右足でふんばって、
左足を挙げる分には支障はなかったため、

右足は挙げずに立ったままのポジションで、
左足を使ってわずかな圧力を体に巡らせるような整体を行いました。

1分ほど施術をしてからビフォーアフターを確認しました。

「あれ?腰が痛くない!?」

よく見ると施術後は、痛かったハズの
右足の方が高く上がっています(^-^)

人間の体は必ず患部、患側に
原因がある訳ではアリマセン。

そして痛む箇所を意識させることはせず、
可能な限り、動かしやすい、痛みの少ない、
【快】の部分を大切にした整体をしています。

その後、ベッドに腰掛けて動かしやすくなった右足の施術、
仰向けに寝てからの足回りを使った腰〜上半身の施術、
頭蓋骨の無痛調整、ゆっくり起きてもらってからの上半身の整体を行いました。

施術時間は、トータルで約20分🙌

すべて無痛整体で、段階を得ながら
動きやすさ、心地よさを確認しつつ、
不快感を出さないように施術を行いました。

やさしく皮膚に触れると人間のカラダは喜んで
どうすれば良くなるか?カラダはどうして欲しいのか?など
欲する動きや、ベストな答えを教えてくれます(^-^)

皮膚に触れることは【脳】に触れることと同じです。

赤ちゃんは目や耳、脳が発達していない分、
皮膚から伝わる情報ですべてを理解します。
一番触れ合う時間の長い、お母さんのことを
一番大好きになるのも無理はアリマセン(笑)

当院の整体は、本来備え持っていた
原始感覚を取り戻すレッスンです。
言うなれば【赤ちゃん還りの整体】です👶

欲する動きや感覚を読み取りながら
丁寧に身体が欲する希望につながるよう
整体の施術を行いました。

ベッドに座っての施術をしていると
クライアントさま、左右の腕が
複雑な横や斜めの運動を交えながら、
泳ぐように前後にぐるぐると動き始めました。

施術が終わると

「血流を良くするようにぐるぐる動かしているのかと思いました‼️」

と感想をいただきました。

結果的に血流は良くなったかもしれませんが、
最初からその動きを目的とはしていません。

さらに、こちらが意図した施術により、
相手のカラダを動かした訳ではアリマセン(^-^)

こちらの意思で相手のカラダを動かすと、
すごく不快な感覚が伝わり、体から緊張が抜けません。

あくまで相手のカラダから感じる、欲する動き、
微細な衝動に【着いていく】のみです。

動きの舵取りは相手のカラダが決めます。
コチラからの追い越しは禁止です🚘🚫笑

すべての施術が終わると
クライアントさまの表情が
ずっとニコニコされていました(o^^o)

「いやー、不思議」(連発)
「へー」
「面白い!」

終始ニコニコでこちらも嬉しくなりました(o^^o)

ここですごく大切なことが起きています✨

クライアントさまの主訴は【ぎっくり腰】

施術後はまったく気にしていません(^-^)

決してごまかしでもなんでもなく
快の状態の積み重ねにより、
腰の痛みを気にすることが無くなったんです。

またマイナスの意識に戻すのは良くないですが、

「痛みを確認することはやめて下さいね」
「痛みを確認すると無意識に痛みを探しますからもったいないですよ」

と、大切なことだけお伝えしました。

人間のカラダは、ちょっとだけ
【気持ち優先】で動きます。

嫌なことをする時は、いくら健康状態に問題がなくとも
身体の動きは悪くなり、機能や効率も低下します⤵︎

逆に、デートなど楽しいことが待っていると
明らかに体は疲れているのに平気で動けます💨

痛みの改善のための施術かもしれませんが、
根底にあるのは、マイナスの意識をはずし、
この瞬間への意識、そして気分が良い状態を
積み重ねるレッスンになります。

ぎっくり腰のことは症状のページや、
ブログでも度々書いていますが、
無理が重なった結果、急な動作などが引き金となり、
組織を痛めて動けなくしてしまう症状です。

【腰痛・ぎっくり腰】のページ

仮に痛めてしまっても、素直な気持ちで施術を受け、
その間だけでも痛みを感じることは傍に置いといて、
瞬間瞬間の【快】の部分を味わってみてください(^-^)

体も心も気分が良くなれば、治癒力の働きも良くなり、
症状が回復していくスピードもアップします。

あなたらしく、素直に、気分良く。

施術がきっかけとなり健幸人生の
本質をナビゲートできれば嬉しく思います(^-^)

鍼灸整体臨床【繰り返すぎっくり腰、ギックリ癖、右側の坐骨神経痛、左太ももの痛み、みぞおちの痛みと硬さ】 (大阪市中央区 40代男性)

2018.01.05 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,急性症状・けが,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院 したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療と整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの40代の男性。
仕事が忙しく月の半分は大阪にいないそう。

主訴は【クセ付いたギックリ腰】

初めて症状が起きたのは2年前の1月。
そして翌年の1月、そしてこの1月と、
1年周期の同じ季節にぎっくり腰が起こるとのこと。

さらには腰痛になってから骨が鳴り始めたように感じる、と自覚症状のお話もいただきました。体系も非常に大柄です。

腰はどちらかと言えば右側に痛みが偏っており、
その延長で右側の坐骨神経痛が出るそう。

太ももの外側もカチカチに張っており、
足先は左右ともに外側を向いている状態でした。

睡眠時間は6時間ほどだそうですが、
何度も目が覚め、頻尿も気になるとのこと。

ほかには慢性の前立腺炎、左足の股関節から
太ももにかけて痛みがでる、とお話しくださいました。

ご自宅から徒歩15分で当院に到着されましたが、
歩いている途中でコルセットがしんどくなり、
外して歩くとラクだったそう。

コルセットは締め付けにより、腰回りの血流や酸素の供給を遮断してしまいます。
装着し続けることで腹筋がサボって筋力の低下にも繋がりますので、
湿布同様、当院的には着用をオススメしていません❌

とはいえ、治療院に到着いただいた際は一目でわかるほど、
立ち方にも違和感があったため、すぐに施術に入りました。

腹診では、みぞおちに痛みと硬結。
痛みが右腰〜右臀部に偏差していること、
太ももの外側がカチカチになっていることから
休息不足、ストレス由来のぎっくり腰とわかりました。

さらにこの寒気です⛄️❄️
就寝時は活動時間外ですので、
腰のまわりが冷えやすくなり、
明け方の痛みが一番キツくなります。

年末年始の忙しさも影響があると思います。

体勢に気をつけながら、鍼治療と整体を行いました。

無理な体勢で施術は行わず、伸びない部分があれば伸びるようにしてから
体勢を変えつつ施術を行いました。

ツラい体勢で施術を行うと
余計に体が緊張してしまうため
当院では施術可能な状態になってから
無理のない施術を心がけています。

施術が終わると太ももを挙げられたり、
立てるようにはなっていましたが、
まだツラそうな感じはありました。

厳しい意見ですが、正直なところを申しますと、
散々無茶をしてきた体が悲鳴を上げている状態を
一度の施術でなかったことにして欲しいは、
“絶対に”できません、、、、

痛めた組織がいきなり回復もしません。
切り傷は一瞬ですが、治るまでに時間はかかるのと同じです。

段階を経て深くなった症状は
段階を経て回復していきます。

痛みは【休め】【動くな】のサインなのです。
そのための”ぎっくり腰”なんです。

痛みだけを止めれば治った、とお考えの方は
痛み止めの注射をオススメしています💉🏥

ただし痛みがなくなった状態で無茶をすると
感覚を鈍らせているだけで実際には治っていない上に
組織を動かしたり、休息を忘れますので余計にひどくなります。

薬はあくまで【お守り】です。
薬で治癒する訳ではアリマセン。
自己責任で判断ねがいます。

痛みがなくなれば治る、とお考えの方は
お互いのためにならないと判断して、
当院では施術をお断りしています🙏

癖づいてしまった症状を、根本から解決するには
何が原因で痛みが出ているのかを
きちんと理解する必要があります。

そして押し込めていたご自身のホンネの部分にも
きちんと目を向ける、見つめ直す必要があります。

施術で体質を変えていくのと同時に
自分の行いや考え方に”気づく”ことが必要です。

施術後に、まだ痛い、こう動かすと痛い、と
【痛みの確認】をする方も治らない人の典型的なパターンです。

せっかく治るスイッチが入っているのに
痛みを追う、意識するモードに体を戻すのはもったいなさ過ぎです^^;

あとは自分も経験がありましが、
体重が増加(特にお腹まわり)すれば
物理的な負荷がかかり腰痛が酷くなります。
ひどくなると寝起きに足の裏も痛くなります(足底腱膜炎)

腰痛を本気で完治させたければ胃腸を休め、
ご自身の本当の気持ちに気づき、受け入れて、
すこしずつ行動を変える工夫をしていく。

腰痛の原因の80パーセントは心因性。
そしてドクターでも腰痛は治せない、
と言われる所以は、答えは【その人の中にしかない】からです。

腰はカラダの要ですので痛むとツラいですが、
痛みを出してでもカラダはなにかを伝えたがっています⚡️

当院には慢性腰痛や、ぎっくり腰が癖づいてしまった方も来られていますが、
素直な気持ちでご自身の体と心に向き合えた方はしっかり改善しています(^-^)

そうなると、万が一また痛くなった時でも
自分の気持ちと向き合うことができ、
痛みが出ている意味を理解できるので、
気持ちがネガティブになることもなく、
良くなるスピードも非常に早まります(^-^)

腰を痛めた際には、ご自身の腹筋に力を入れてもらい、
よっこらしょ!など声がけをしながら身体中の感覚を使いながら
無理なく寝起きすることをオススメしています。
仰向けならしっかり横を向いて手のひらと肘で上半身を起こす方法がオススメです。

あとは暴飲暴食は避け、胃腸に負担をかけないこと。
ストレスは過食に走りがちですが、できる限りお腹を休めて、
ゆっくりお風呂にはいって、しっかり寝てガスを抜いてください♨️

痛みの意味を理解し、自分の考え方や行いを見つめ直す。
慢性腰痛、ぎっくり癖の方に理解してもらいたく
当院の考えるホンネを書かせていただきましたm(_ _)m

厳しい表現もありますが、お悩みの方にツラい思いをして欲しくないのでストレートに書きました。

クライアントさまお一人お一人に本気で寄り添い
健幸人生づくりのナビゲートができれば幸いです(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。