- Blog記事一覧 - 肘の痛みの記事一覧

肘の痛みの記事一覧

右ひじの痛みが足をさわると取れた

2017.09.18 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,肘の痛み,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

常に本質をモットーに施術を行っています。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの50代の会社役員の男性。

週に一度、メンテナンスで施術を受けておられます。

普段は腰痛のケアに来てくださっていますが、今回は別の症状でした。

「絨毯を買ってもって帰るときに右ひじを痛めまして、、」

痛めたばかりの所謂ケガは、
基本、日にち薬しかありません。

患部はイコール傷口ですので、
悪化するため直接さわりません。

あまり肘のことは考えず、一度頭から外しました。
通常どおり足回りの施術を丁寧に行いました。

施術が終わった時は、なんで肘を触らないの?
な印象も多少受けましたが、 帰宅されてから
肘の痛みがマシになってきたそうです。
もちろん肘には触れていません。

絨毯を持ち上げたこともきっかけかもしれませんが、
実は別の原因があったのかもしれません(^-^)

肘周りには結構ストレス絡みの反応も現れます。

自律神経のバランスが乱れていると、
ピリピリ、チクチク、ズキズキと感じやすい場所です。

人間、頭で意識してわかるのは1割程度です。
その1割のなかで答えを出そうと頑張るからシンドくなります。

逆に意識できないことは9割もあります。
優しく繊細に体に触れると9割の情報から
よくなる為の答えを教えて貰えたりします。

誤解をまねく表現ですが術者もクライアントさまも
「これをすれば良くなる!」という要素に対して
きちんとわかっている事なんてさほど無いと思います。
むしろ痛みや不調の原因は、毎度同じではアリマセン。

だからこそ、その場のセッションにおいて、
いまその時の大切なこと、必要なことに気づいて、
よくなる為に施術でサポートする必要があります。

痛みが出ていた原因に寄り添えたら
体は痛みを出す理由がなくなります。

痛みを通じて伝えたいメッセージもあります。
カラダって、ホントに不思議ですね。

これからも心と体に寄り添えたら幸いです(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分