- Blog記事一覧 - 腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰の記事一覧

腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰の記事一覧

鍼灸臨床【2回の鍼治療で生理痛が無くなった】(大阪市西区 30代女性)

2018.09.14 | Category: PMS・PMDD,お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,みぞおちの痛み,不妊症・不妊治療,内臓治療,冷え性,季節の変わり目,当院の考える健康観,息が吸いにくい,気分障害,生理痛,瘀血・血流の低下・血液の病気,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

婦人科系の症状の改善にも力を入れています。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西区からお越しの30代の女性。

肩こり、首の痛みがひどく、体から緊張が抜けない、手足の冷えも気になると来院いただきました。

そして、生理前のシンドさ、生理中の痛みがツラいという事でした。

お腹の触診ではみぞおちが固く、おへその少し上に刺すような痛みがありました。

この状態は【上熱下冷】

ストレスや過度の緊張により頭に血がのぼり過ぎた結果、血流を奪われた手足・腰回りが冷えてしまい、痛みや不調につながっている状態です。

そのため、からだ全体の血流バランスを改善することが一番の治療目的になります。

刺すような痛みは冷え。腹部のあたりに停滞して、流れが悪くなり冷えてしまった血液の影響です。これらは、瘀血(おけつ)と呼ばれます。

瘀血が生じるには、大きく2つの原因があります。

✅ 血液や水分をめぐらせる【気】の滞り
✅ 摂取する食べ物の質、不摂生など

気は、完全にイコールではありませんが【自律神経】とイメージすると良いかもしれません。

自律神経のバランスが崩れると、血流のバランスが乱れます。頭にばかり血がのぼることもあれば、スイッチが入らず動きたくないと感じることもあります。

さらには自律神経は【呼吸の仕方】にも影響します。ストレスを溜めすぎたり、休みなく働き続けると、息が苦しい、吸いにくいと感じたことはないでしょうか?

どちらも自律神経の支配を受けたからだの働きであり、体内のめぐりを調整するうえで大切な働きです。

自律神経のバランス調整、瘀血の改善をテーマに鍼治療を行いました。患部の施術はしていませんが、首の痛み、肩こり、腰痛はすぐにラクになりました。

施術後は、食事指導を中心にアドバイスを行いました。瘀血が生まれる原因の大半は【食べ物の影響】があるからです。

砂糖、小麦、乳製品、スナック菓子、コンビニのご飯などを摂取することを避け、可能であればシンプルな調理で自炊して食べることを提案しました。

すると初診からかぞえて3回目の施術の際に感想をいただきました。

「生理前のシンドさと生理痛がラクになりました!」

と嬉しい報告をいただきました。

PMSに代表される生理前のシンドさ、生理中の物理的な痛み、本当にシンドイと思います。

ですが、少しの工夫と、きちんとしたメンテナンスを受けることで、劇的に改善するケースが多々あります。

✅ 血流のバランスの調整
✅ 摂取する食べ物の工夫
✅ 高ぶった気持ちのリセット

この辺りに気をつければ、生理痛に限らずあらゆる婦人科系の症状もラクになります。クライアントさまも工夫を頑張っていただいたのだと思います。

生理中の鍼治療は、院の方針、先生方の考え方により意見がわかれるところですが

当院的には【大賛成】です❗️

なにより腹部の痛み、からだのシンドさがラクになります。さらには、自然な形でからだが排出形態になっているため、デトックス効果が非常に高くなります。

当院は婦人科ではありませんし、女性専門の治療院でもありません。ただ、からだの中心から根本的に、総合的に改善をサポートする施術をおこなっています。

本来、体はパーツの繋ぎあわせではありませんし、心と体も繋がっています。心で受けた負担がSOSとして体にあらわれます。

婦人科系の症状、冷え性に関しては力になれる部分がたくさんあると思います。LINEでも気軽にご相談いただければ幸いです。

↓ロゴをクリックすれば登録できます↓

鍼灸整体臨床【梅雨時の腰痛の原因とは?】(大阪市中央区 40代男性)

2018.05.21 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,内臓治療,季節の変わり目,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

鍼灸治療と整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの40代の男性。

主訴は【腰痛】

ここ一週間出張が続き、気がつけばギックリ腰のような痛みが出てしまったそう。特に立ったり、しゃがんだりが辛く、仕事や私生活に支障が出ているとお話しいただきました。

お腹への触診をおこなうと、胃腸が負担を受けている反応がありました。湿気と胃腸は相性が悪く、梅雨の季節は湿気由来、胃腸の負担経由で腰痛が出やすくなります。湿気により体内もベタつき易くなり、血流が低下して部分的に冷えを伴った結果、お腹の裏側にあたる腰に影響し、腰痛が生まれます。

そのためお腹に血流を集める施術を行いました。腹部の血流が改善した事で冷えもなくなり、腰痛が改善しました。出張続きで気を張り続けた結果、頭に血がのぼる状態になっていましたが、お腹に血が降りていくことで、肩こり、首こりも解消され、リラックス効果も生まれます。鍼灸の施術は血流や体内の水分コントロールを第一に考えることで、根本的な痛みやコリの改善が可能になります。

湿気に限らず、体内のベタつきの物理的な原因が【油物】の摂取になります。胃腸の調子が悪いと感じるときは控えましょう。それだけで体調がラクになります。

梅雨時は高温多湿で低気圧という負担がかかり易い季節です。腰痛以外にも頭痛や下痢など日頃とちがう体調不良が出易くなります。薬に頼りすぎず、セルフケアの一環として内臓から整える施術は非常に有効です。しんどい時は無理をせず、お早めにご自愛くださいね(^^)

鍼灸整体臨床【股関節の臨床例。当たり前からの開放が慢性痛を取り払う】(大阪市中央区 70代女性)

2018.04.10 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,季節の変わり目,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術,股関節痛,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,膝の痛み,自律神経系の治療,関節リウマチ・変形性関節症,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療と整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの70代の女性。

主訴は【股関節痛】

画像診断でも股関節の障害が確認されており、
担当の整形外科医も完治は期待せず、現状維持で、とアドバイスをしているそう。

週に一度のペースでお越しいただいており、
来院のたびに少しずつ痛みが取れており、笑顔も増えてきました。

左の腰から股関節にかけての痛みが特に強く、
痛みが出る直前には、冷たいものが流れてくる感じがするとのこと。

腹部の触診では、みぞおちが硬く押さえると痛みがありました。

交感神経優位により、胸から頭にかけて血流が集まり、
腹部、腰回り、手足の冷えを生み出した結果、
慢性的な痛みに繋がっていることは比較的容易に検討がつきました。

では、なぜ交感神経を奮い立たせてでも、
気を張る状態があるのか?
その点だけがずっと気になっていました。

いつものように鍼灸〜整体の施術を行っているときの事でした。

「あ、そうそう!ここ最近、今までにない胸がバクバクする感じがあって心配で、、心筋梗塞とかじゃないよね??不安で、、」

と、ふと出たお悩みを打ち明けてくれました。

胸痛もとくには無いとのことで心筋梗塞ではないと仮定し、
季節の急な変化、寒暖差の影響、春という季節の体内の変化など、
自然の法則もふくめ、あらゆる角度から症状の説明をさせて頂きました。

「ここ数日、寒暖差もキツかったですが、
とくに私生活で無理をしていませんでしたか?」

という問いかけに、ふと気を張り続けていた本当の答えがこぼれました。

「実は10年前から子供が施設に入って、毎日お世話に行ってるんです。親だから当たり前だと思ってね」

その優しさ、使命感に心を打たれました。。

優しさ故、親だから当たり前、と考える故の
腰から股関節の痛みであることは瞬時にわかりました。

すべての原因と思いがちな目に見える結果は、原因のほんの一部に過ぎません。
日常的すぎて意識することすらない、無意識下のなかにこそ本当の答えが潜んでいます。

痛みはツライですが決して悪者ではないんです。

いつも誰よりも自分自身の味方であるがゆえに、
「無理しないで」「自分にも優しくして」と
お知らせとして、時に強制的に動けないようにするために現れます。

「たとえ親でも、10年間毎日お世話しているのは当たり前じゃないんです」
「それだけのことが出来ていることをきちんと労って認めてあげてくださいね」

と僭越ながら、アドバイスを伝えさせていただきました。

その後、整体の施術を行っていたのですが、
クライアントさまが突然

「この痛みが無くなる気がしてきた!」

と前向きな一言をおっしゃいました。

私自身も嬉しさと驚きが入り混じり、

「それは治ったも同然ですよ!」

と自信をもってお伝えさせていただきました。

人の体にあらわれる痛みや不調は、
良かれ悪かれ、その人が生きてきた結果として現れています。

そのため根本的な治癒に必要なことは
自ら気づく、意識や行動を変えることになります。

ただ、頭で意識してできることでもなく、
心と体がからっぽな状態になっている時、
突然湧き上がるように体からのサインとして
現れることのほうが臨床経験上、圧倒的に多いのです。

そのためのきっかけ役、感情を押さえつけている
ブロックの開放役として施術が必要になってきます。

施術が終わると今までに見た以上の笑顔で、
嬉しさのあまり軽はずみをされていました。

こちらも大変嬉しく、非常に心地よい空間に
いさせていただいたことに感謝しています。

その人らしさを取り戻す、ホンネに気づくことが出来れば、
痛みは出続ける必要がなくなり、根本的な解決となります。

便宜上、治療行為を行っておりますが、
その本質的な部分は、その人らしく生きるための”お手伝い”にすぎません。

カラダが伝える痛みや不調からホンネを読み解き、
その人らしく人生が好転するサポートができれば嬉しく思います。

寒暖差が激しいときの不調の例と対策について

2018.04.07 | Category: お役立ち情報,かゆみ,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,のどの痛み,ほてり,みぞおちの痛み,むくみ,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,季節の変わり目,寝ても疲れがとれない,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,息が吸いにくい,慢性疲労,気分障害,生きるのがラクになる施術,眠れない・眠りが浅い,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,頭痛,風邪,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

桜も散り、本格的に初夏に向けて気候が変わると思いきや、

肌寒さがぶり返し、ここ数日の寒暖差が激しくなっています。

人間は四季の変化に合わせて、体内環境を調整することで、
年中体温を一定に保つことができる恒温動物です。

四季の変化に合わせて体をコントロールしているため、
気候の変化による悪影響もダイレクトに受けてしまいます。

寒暖差に振り回された体には不具合が出やすくなります。
下記にいまの時期に感じやすい不調の例を挙げておきます。

————————————

・風邪
・嘔吐
・胸焼け
・胃腸のしんどさ
・咳
・イライラ感、不安感
・喉のイガイガ感、つまり感
・筋肉の緊張、こわばり感
・背中の詰まり、張り感
・頭がボーっとする
・やる気が出ない
・息苦しさ、息が吸いにくい
・めまい
・動悸
・頭痛
・腰痛
・肩こり
・首の痛み
・体のかゆみ、湿疹
・ほてり、のぼせ感
・不眠
・便秘と下痢を繰り返す

など

————————————

気候の変化だけでもこれだけの症状が現れます。

当院のクライアントさまにも、心配になり
病院にいって検査を受けるも、画像診断や
各種検査では異常が見られなかったそうです。

無駄に出された薬を飲んで薬疹の副作用が出たり、
ひどいケースではドクターから「何でこれくらいできたの?」と
自覚症状を真っ向から否定されるような、
呆れてしまう診察を受けた、との声も多々聞いております。。

ドクターの学ぶ西洋医学(=現代医学)は、
目に見える結果、数値、データで
病気や不調を可視化します。

「診断すること」が仕事ですから、
よくわからない痛みや不調に
大げさな症状名がつきます。

それに対して、薬が出され、
必要なら手術や入院となります。

「命に関わる症状」「緊急性」が最優先されるため、
データ上異常がみられない、自覚症状の対応は苦手なのです。

不安→気になるから病院→は、ごくありふれた行動のハズ。

検査は【安心】を買うために受けるものです。

・早く見つかってよかったね
・何もなくてよかったね

と、どのみち良かったね、しか結果にないハズですが、、悲しい話です(>_<)

では、それらに不調に対してどうすればよいのか?

セルフケアの例を書いておきます。

——————————

・十分な休息をとる
・やりたいと思ったことをやる
・リラックスの割合を増やす
・気持ちの負担を溜め過ぎない
・汗をかくことを意識する
・体を温める
・体力があるなら有酸素運動をする
・胃腸に優しい食べ物を摂る
・砂糖、小麦、乳製品、刺激物は控える
・薬ばかり飲まない
・水分を摂り過ぎない

など

——————————

原則として。体が弱りやすい時は
無理をしないことが大切です。

セルフケアで対応しきれないなら、
鍼灸治療などで体内の循環、内臓機能や
自律神経のバランスを整えることも大切です。

そして、痛みや不調はあくまで【お知らせ】です。

痛みがあるから悪い、ないから良い、ではないんです。

あるとツライですが、何故痛みが出ているのか?の
【根本的な原因に気づく】ことが大切なんです。

世の中には情報が溢れ過ぎています。
アドバイスも人によってバラバラです。

何を信じて良いかわからない時は、
【自分のカラダの声を聴く】ことが大切です。

心を鎮めて、カラダから湧き出る声を聴いてください。

最大の名医は、他の誰でもなく【自分自身】です。

素直な気持ちで自分を信じてあげること以上に
自然治癒力の働きを引き出す方法は他にありません。

あとは、何事にも言えますが、
早め早めの対応が大切です(^-^)

鍼灸整体院したらパーソナルケアでは、
些細な相談ごとも、LINEのトークより受け付けております。

当ホームページよりクリック一つで簡単に登録できます。

ご予約のご連絡以外にもご活用いただければ幸いです(^-^)

春こそ腰痛対策を!最適なグッズとは?

2018.03.27 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,冷え症,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

桜が満開になりました🌸
春のエネルギーが全快になっています。

たびたびブログでもお伝えしていますが、
春という季節は【芽吹きどき】です。

伸びよう、成長しよう、と上へ上へと
エネルギー(≒血流)が集まる季節。

大人になると集まりすぎるエネルギーを
成長につかえないため、カラダの不調として現れます。

めまい、のぼせ、ふらつき、首肩のこり、
そして【花粉症】も同じ原因でひどくなります。

頭に血流が集まりすぎている、ということは
カラダの他の部位から血流が奪われている状態です。

そうなるとその部位は【冷え】を伴います。
その際たる部分が【おなか周り】になります。

血流が乏しくなり、冷えて柔軟性を失った筋肉は、
それだけで痛みを出してしまいます。

お腹の冷えは、下痢など胃腸の症状だけでなく、
股関節や前後の関係にある腰に影響した結果、
この季節は【腰痛】がひどくなる、と言われています。

おなか周り、腰回りはカラダの中心となる大切な部分ですが、
もともと血流が少なく、冷えを伴いやすい場所でもあります。

長時間の同じ姿勢での作業、就寝中など、
動きのない時間帯は筋肉の活動が低下するため、
血流が悪くなり、余計に冷えや痛みを生んでしまいます。

では、どうすれば良いのか?

簡単にできるセルフケアがあります。

それは、、、

【腹巻き】

なんです。

お腹〜腰回りと言いますが、
厳密には【下腹部】になります。

ここをお仕事中や、就寝中に腹巻きをして
しっかりご自身の体温で保温してみてください。

効果の感じ方に個人差はありますが、
冷えを伴う痛みには抜群に効果があります。

何より簡単ですよね(^^)

手の冷えには手袋、足の冷えには靴下と同じ。
冷えている場所を温めてあげると全身の血流が緩やかになるため、
心臓に負担がかかりにくくなるメリットもあります。

カイロは外から温度を加えるものですが、
腹巻きは自身の体温を保温するものなので、
代謝機能がサボることも防げます(笑)

まずはご自身で工夫しながら、
セルフケアをしてみてください。

根本的な部分から治療をご希望の方は、
症状がひどくなる前にご相談いただければ幸いです。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。