- Blog記事一覧 - 膝の痛みの記事一覧

膝の痛みの記事一覧

3年間体を休めても治らない【腸脛靭帯炎】(ランナー膝)の意外な原因とは?鍼灸臨床 (大阪市北区 20代女性)

2018.02.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,息が吸いにくい,経絡を意識した治療,腸脛靭帯炎・ランナー膝,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の
鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市北区からお越しの20代の女性。

主訴は【腸脛靭帯炎】
かなり以前に発症し、未だに痛みが強く出るそうです。

そもそも、腸脛靭帯炎とはどういった症状なのでしょうか?

↓↓

——————————————–

腸脛靱帯炎は、別名「ランナー膝」「ランナーズニー」と呼ばれ、ランニングによる膝障害の代表です。膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触(こすれる)して炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します(ほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等)。
主因

主因はオーバーユースです。過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。
症状

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在します(図)。腸脛靱帯は明らかに緊張が増し、時に靱帯の走行に沿って疼痛が放散します。
初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。
(引用元)
http://www.zamst.jp/tetsujin/runners-knee/
——————————————–

簡単に言えば足の使いすぎにより、
太ももの外側から膝の外側にかけて
こすれによる痛みが出てしまう症状です。

痛みをやらわげるためには、世間一般的には十分に休息をとる、極度の使用を控えることを前提に、サポーターや電気治療、湿布やアイシング、マッサージなど様々な治療が行われます。

ただ、それで本当に痛みが治まるのでしょうか??

クライアントさま、そもそもスポーツをしていません。。
ですが整形外科で腸脛靭帯炎と診断されて休息をとるように薦められました。
診断を受けてからは3年間、ハードに脚を使うことは徹底して避けてきました。
でも痛みは治りません。。

マッサージなども受けましたが、揉み返しが起こり、
余計にしんどくなることもあったそうです。

では、本当の痛みは何なのか?

当院では、患部の痛みはあくまで反応として見るだけで、直接患部に施術を行うことはほぼありません。

腸脛靭帯炎が現れやすい足の側面ですが、
経絡的には【足の少陽胆経】が存在します。

ここは不安やストレス、考えごとなどで
体が過緊張状態になっていると筋肉が硬くなってしまい、ズキズキ、ピリピリと痛みや痺れが現れる場所になります。

クライアントさま、よく息がしにくくなる、
息が吸いにくい感覚が起こる、とお話しいただきました。

自律神経のアクセル役である交感神経が優位になると、
体のスイッチがONになり、呼吸筋である肋間筋や横隔膜が収縮して
胸やお腹の広がりが少なくなり呼吸がしづらくなります。

お腹の触診でもみぞおちが硬く、無意識のうちに体が緊張状態にあることは明らかでした。胸から頭にかけての症状が出やすいように感じました。

よって、自律神経のバランスを整える、
上に集まりすぎたエネルギーを下降させるよう施術を行いました。

鍼をしてすぐにみぞおちの痛みは無くなりました。
施術が終わると足の側面の痛みは、
何も気にされていない様子でした(^-^)

目に見える原因だけが根本原因となる訳ではありません。
むしろ目に見えない、頭で考えてもわからないことの裏に真実が隠れていることがほとんどです。

不調の原因はお一人お一人まったく違うものなんです。世間一般的な方法ではなかなか根本まで対応できないのです。

体はいつでも治し方を教えてくれています。

素直に体から答えを受け取りながら、
その人だけの解決策を見つけるために
とことん寄り添った施術をしています(^-^)

鍼灸整体臨床【手術しても治らないと言われた膝の痛み】の施術(京都府京都市 30代女性)

2018.02.01 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,手術が必要な症状,生きるのがラクになる施術,糖質過剰による弊害,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療と整体の臨床例です。

京都府京都市からお越しの30代の女性。

主訴は【左足内側の痛み】

4ヶ月ほど前から急に痛みが出始め、
整形外科で水を抜くも症状が改善されず、
挙句に「筋肉をつけるようトレーニングしなさい」
「手術をしても治らない」と言われてしまったそうです。

おそらくドクター本人も原因がよく分からないのでしょう。
クライアントさまもかなりショックだったと思います。

回復に向けては「本当の原因に気づく」必要があると考えます。
目に見える部分はあくまで何かしらの「結果」でしかありません。

膝にはあらゆる原因が痛みとなり現れます。

当院ではその人だけの原因に寄り添う
施術とカウンセリングで解決のサポートをしています。

お腹の触診では全体的に硬い緊張がありました。
話を聞けば、5年前にお子様が産まれてから、
ずっと気を張っている状態だとお話しいただきました。

この状態では交感神経ばかりが優位になってしまい、
スイッチが切れずに十分な休息が取れない状態です。

自律神経のバランスを整え、腹部に現れた
緊張を取り除くよう施術を行いました。

“「ストレスを溜めるな」「無理しないで」
ってよく言われるんですけど、
リセットボタンが分からないんですよね。”

クライアントさまからのこの言葉、
まさにその通りだと思います。

心身のリセットは、本来なら頭で考えるものでもなく、
さーやるぞ!と意気込んでするものでもないんです。

ただ、心身ともに【ゆとり】が無い状態になっていると、
自然に知っているはずの休息の仕方を忘れてしまいます。

そんな時は安心して施術を受けてみてください(^-^)

当院の施術は【心身のリセット】に重きをおいています。
きっとご自身でも気づかないリセットボタンを押せると思います。

今回は膝の痛みに対しての施術でしたが、
基本的に患部をなんとかしよう!
という施術は行っていません。

頭で考えず、素直に身をまかせる。
体に現れたサインに従い施術を行いました。

施術が終わると
「嘘みたいに痛みが消えた!」
と嬉しい感想をいただきました(^-^)

痛みはあくまで「体からのメッセージ」
そしてラクになるヒントも含んでいます。

体に現れたサインや答えを受け取る施術で
痛みが出なくていいような状態づくりをしています。

【膝の痛み】に関するページもあります。
細かく原因についても記載していますので、
ご拝読いただけますと幸いです(^-^)

http://shitarapc.com/hiza

足が重たかったことに気づいた、足裏が温もることなんてなかった- 整体症例 (大阪市西区 50代 女性)

2017.11.17 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,冷え症,神経痛,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,膝の痛み

足が重たかったことに気づいた、足裏が温もることなんてなかった- 整体症例 (大阪市西区 50代 女性)

結果として現れた歪みを、根本から解決します。

大阪市中央区、谷町四丁目、堺筋本町、松屋町の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

心身をリセットし本当の自分を取り戻せば、

自然と歪みや不調は良くなります(^-^)

↓↓

整体の症例です。

大阪市西区からお越しの50代の女性。
仕事は介護職。

たいへん優しい方で気をつかう方。

自分の意見を隠してでも他人の話を受け入れるため、
腰や膝には溜めこんだ感情による痛みが現れやすくなります。

今回は久々の来院で、腰から右足にかけての
しびれや痛みが気になる、とお話いただきました。

聞けば、同居しているお母様が手術をされたそうで、
付き添い然り、心身ともに緊張状態が続いてしまっていたとのこと。

仕事ばかりでなく、家庭内でも何かしらの担いや役割があります。

ただ、施術を受けている間にあれこれ考えごとをすると、
カラダから緊張が抜けず、施術の効果にも影響が出ます。

そのため、

治療院にいる間だけでも
いま感じている不調や、家庭、職場のことは
いったん頭から傍に置いて、いまこの瞬間の
心地よさ、気持ちよさに身を委ねてください

と、お伝えしました。
クライアントさまもにこやかに同意していただいたので、
その時点で良い施術ができることは確信できました(^-^)

良い施術が成立するためには、
技術や知識はもちろんですが、
互いの【信頼関係】が何より大切です。

整体で、体が欲する刺激を感じとり、
心身の調和とリセットを意識した施術を行いました。

3分ほど施術を行ったあとの歪みの変化です。

決して強い力ではなく、極めてソフトな刺激のみ加えました。

患部には特に触れていませんが、
施術後に立ち上がり足を動かした後に

「今まで足が重かったことに気づきました」
「足裏が温もることなんてなかった」

と、嬉しい感想をいただきました(^-^)

実は、体をきちんと信じてあげれば状況は変わります。

慢性的につづく不調の背景には、体に目を向けることを忘れていたり、
不安や焦りから休息の仕方を忘れてしまっているだけなんです(^-^)

クライアントさまの帰りがけの笑顔が印象的でした。

ツラい悩みをなんとかしたい、、
でもどうしていいのかわからない、、

悩める方の勇気ある一歩を
施術とカウンセリングで
全力でサポートします(^-^)

【超カンタン‼️】自分が食べすぎているかをチェックするポイントは?

2017.09.14 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,ほてり,みぞおちの痛み,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,動悸,寝違え,当院の考える健康観,慢性疲労,熱がこもる,糖尿病,肩こり・首こり,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,膝の痛み,自律神経系の治療,足がつる,足のだるさ,逆流性食道炎,関節可動域の制限,頭痛,風邪,首の痛み

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目にある

根本治療の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

体に現れたサインから改善に向けたヒントを読み取り施術しています。

↓↓

秋といえば【食欲】🌾🍙
一年で一番罪な季節の到来です(^^;

食事は大切ですが、必要以上は要りません。

実際に食事の摂取量や内容を見直せば、
それだけで長年の不調も改善していきます。

さてその摂取量の状態ですが、
どうすれば確認できるのか?

自分が食べすぎているのかどうか?を
簡単にチェックできる箇所があります^_^

それは

【舌の厚さ】👅

なんです。

舌が分厚ければ食べすぎです。

舌は言わば体内の【土壌】であり、今の体の栄養状態を表します。

数秒〜数分の瞬間的な変化は出にくいですが、
舌を診る【舌診】という診断方法があるくらい
体内の状態が顕著に現れています。

臓腑の熱がキツければ部分的に赤色を呈し、
冷えていれば白色を呈します。

体内が水だらけで利尿や発汗が上手くいっていないと
舌の上に苔が生えます(舌苔で”ぜったい”と読みます)

さらにはコーヒーやワインなど着色がない状態で、
舌苔の色が黄色かったり、または黒かったりすると
体内の熱が強すぎる状態になります。
体内で極度の炎症が起きている、
またはストレスの溜めすぎでも起こります。

先にも書きましたが、
食べすぎは舌の厚さでわかります。

食べすぎた数時間後に舌の分厚さを
鏡でチェックして見てください👅

いつもの状態より分厚ければ食べすぎ、またはエネルギーの強い食材の摂取が多い反応です。

食べすぎで出る体の不調は以下の通りです。

・肩こり
・四十肩、五十肩
・関節可動域の制限
・寝違え様の首の痛み
・胃腸の不調
・動悸
・息切れ
・不眠
・眠気が出続ける
・腰痛
・ぎっくり腰
・坐骨神経痛
・頭痛
・頭の筋肉の緊張
・腹痛
・背中の詰まり
・背中の硬さ
・便秘
・下痢
・膝の痛み
・足裏の痛み
・足がつる
・足がだるい
・慢性疲労
・風邪
・糖尿病
・痛風
・リウマチ
・がん(大腸がん、前立腺がん多い)
・その他あらゆる病気 など

ご覧のとおり全ての不調につながります。

食べものが美味しい季節だからこそ
ご自身の状態をきちんとセルフチェックして
美味しく、健康に秋を楽しんで過ごしましょう( ^ω^ )

カラダの素直な動きをサポートする整体です

2017.09.04 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,下肢静脈瘤,便秘・下痢,多次元操体法,当院の考える健康観,気分障害,膝の痛み,自律神経系の治療,足のだるさ,関節可動域の制限

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

体が欲する反応をどんどん引き出して、

良くなるお手伝いをしています。

 

↓↓

 

整体の臨床例です。

 

大阪府東大阪市にお住いの70代の女性。

 

昨年、脊髄梗塞と診断され、
右側の股関節や膝関節の具合がよくありません。
下肢の血管には静脈瘤も出ています。

 

出歩くことも出来ますがリスクもありますので、
出張でご自宅にうかがい施術をしています。

 

症状を気にするばかりでは回復しないことに不安や焦りが出て心身共によくありませんので、
毎回の施術中に気持ち良さや、いい感じがあれば味わってみて下さい、とお伝えしています。

 

長引いている症状や、原因のわかりにくい不調、
不治の病とされている症状がラクになるためには
先への見えない不安やマイナスの思い込みではなく、
まずは、いまこの瞬間の良い状態を味わうことに回復のヒントが隠されています。

 

正直なんとかなる事もあれば、
どうにもならない事もあります。

 

ですが、いまこの瞬間の良い感じを
きちんと感じられていないことには
回復に向けての道がつながりません。

 

このクライアントさま、お話をとにかく素直に聞いてくれます。
症状の回復の度合いは自覚できる部分は少ないそうですが、
周囲の人たちが見るには、かなり歩き方が良くなっている、と反応をいただけているそうです(^-^)

 

仰向けで整体の施術をしていると、
左右に広げていた手のひらがパタパタと動き始めました。

 

「いやっ!勝手に体がうごく!恥ずかしいわー」
と手を押さえこむクライアントさま。
むしろ好きに動いてください、と伝える私(笑)

 

意思とは関係なく自発的にでるカラダの動きは、
身体が自動的に調整をしているサインです。

 

むしろ今まで治癒を邪魔していた原因の
ブロックが外れてきている反応でもあります。

 

その感覚や動きすらじっくり味わうことが大切です。
さらに全身へ動きや心地よさを広げていくイメージをして貰うと
いつの間にかスヤスヤと眠りにつかれてました。

 

病気になって以来、健康だった時と比べて
イライラや葛藤が凄かったみたいです。

 

お気持ちはもちろんわかりますが、
そこで過去に向けて憤るのか、
はたまた、これからどうしよう、
と先に向けて何かに取り組むのかでは
今後の状態に雲泥の差が生まれます。

 

幸い、素直なクライアントさまでしたので、
毎回、終始笑顔で施術をさせていただいてます。

 

いまこの瞬間を味わう大切さ、
施術中の良い調和を意識しながら
今後もお役にたてれば幸いです(^-^)

 

 

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分