- Blog記事一覧 - 関節可動域の制限の記事一覧

関節可動域の制限の記事一覧

【春に現れやすい症状】は?予防法と解決法について

2018.02.10 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,のどの痛み,ヒステリー球・咽喉頭異常感症,ほてり,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,動悸,季節の変わり目,寝違え,当院の考える健康観,急性症状・けが,息が吸いにくい,熱がこもる,眠れない・眠りが浅い,神経痛,突発性難聴,経絡を意識した治療,肩こり・首こり,肩の痛み,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症,逆流性食道炎,関節可動域の制限,頭痛,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

厳しい寒さも残りますが、
立春を過ぎて季節は春になりました。

春のキーワードは【成長】

芽吹き時と呼ばれるほど、
伸びよう、成長しようと
上へ上へとエネルギーが集まります。

花が咲き、子供はどんどん成長します。
入学、進学など次なる成長の季節です。

ただ、大人は成長が止まっているため
このエネルギーを上手く使うことが出来ません。

体の上へと集まるエネルギーが頭打ちになることで
さまざまな不調が体に現れてきます。

以下に不調の例を挙げておきます。

(春に出やすい不調の種類)
———————————
・頭痛
・頭がボーっとする
・のぼせ感
・首の痛み
・寝違え
・肩こり
・五十肩、四十肩
・背中の詰まり
・背中ニキビ
・動悸
・めまい
・息の吸いにくさ
・肋間神経痛
・耳鳴り
・目の痛み、違和感
・花粉症
・鼻づまり
・口内炎、口腔炎
・喉の詰まり、違和感(ヒステリー球、梅核気)
・不眠
・便秘
・逆流性食道炎
・腰痛
・足のふらつき
・熱性痙攣
・ショック状態
・手足の冷え
・何もないところでつまづく など
———————————

一見バラバラに見える症状ですが、
根本の原因は共通しています。

体の上にばかり全身のエネルギーが集まると
手足や腰回りの血流が奪われてしまい、
結果として冷えや痛みが生まれます。

単体で症状が現れることもあれば、
関連していくつも現れることもあります。

暴飲暴食、不摂生、ストレスのため過ぎなども
体の上ばかりにエネルギーを集めてしまい、
↑に記した症状に繋がってしまいます。

体の上に集まるエネルギーによる不調は、
お酒を飲むと顔が赤くなるのと同じです🍻
頭にばかりエネルギーが集まるため、
足もとがフラフラになります。

根本の原因は、上へと集まりすぎたエネルギーであるため、
解決するための方法は、エネルギーを下降させる工夫、
または発散することが必要となります。
体から出す、もしくはエネルギーを使うことが大切です。

食べ物では【苦味】(お茶🍵や野菜🥦など)を積極的に摂ると
体内の膠質浸透圧が上がり、エネルギーを下降させる働きがあります。
コーヒーがお好きな方なら、無糖で飲むのが効果的です。

【酸味】も大変有効です。

すっぱい!!(>_<)と感じる味の
運動方向は【内向き】のベクトルです。

例えるなら【噴水】⛲をイメージしてください。

内向き(上向き)の運動エネルギーにより、
上まで上がりきった動きは、やがて下降軸をとります。

勢いづいたのちに、下降させる働きを持っているため、
体の上に集中したエネルギーを動かすことに有効です。

酸味を上手に取り入れることはエネルギーを
うまく下降させ、体内の調子を整えるためにも一躍買ってくれます。

イライラや考えごとが続いている時にも
頭がスッキリするのでオススメです(^-^)

エネルギーを上手く消費するには、
体内にこもらせない事も大切です。

そのため【排便・排尿】の働きも大切になります。
苦味や酸味の働きは、デトックスも促進してくれます。

逆に、にんにくや唐辛子は、エネルギーを
上へ上へと押し上げるだけの食べ物ですので、
↑に挙げた不調で体がしんどい方は余計にひどくなりますので、避けた方が良いでしょう。

食べ物も、摂る種類と用途ひとつで
毒にも薬にもなることを覚えておいてください。
食べ方や、食べる量も大切です。

エネルギーの消費方法では【発汗】も大切です。
可能であれば体を動かして汗をかいてください。

なにもせずダラダラと汗をかくことに比べて
解毒量はその4〜5倍になると言われています。

オススメは【早歩きのウォーキング】です。
体内にたくさん酸素を取り入れながら
エネルギーを上手に使いましょう。

汗をかく場所は【背中】からが一番最適です。
エネルギー調整に適しており、風邪をひいても
背中から汗をかけばすぐに治ります。

ご自身で工夫できることもありますが、
解決が難しいときは無理をせず、
早めに施術を受けてみてください。

体も好きで不調をだしている訳ではありません。
無理に早く気づいて欲しいだけなんです。

四季ごとに正しい生活の仕方があり、
その範疇を超えた生活をしていると
不調が現れやすくなります。

さらに無理が続くと、次の季節に使うパワーまで前借りしてしまいます。
その季節の過ごし方に整える、リセットすることが大切です。

西洋医学の範疇で、画像診断や血液検査を行っても
先に挙げた不調の原因は目に見えず【原因不明】となります。

ですが、自然の法則を取り入れた東洋医学では、
目に見えない大気の変化も大いに体に影響すると考えます。

人間もあくまで動物の一種。知恵があり理性があるぶん、
産まれながらに備わった本能的な部分が鈍くなっているだけです。

体内環境を年中一定に保つことができる反面、
環境に合わせた生き方を無視は出来ないのです。

適切な過ごし方や、気をつける時期のアドバイスも出来ますので、
当院のLINEからのお問い合わせも大歓迎です^_^
お困りごと、些細な相談、お気軽に連絡ください。

かんたん予約もできるLINEの登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40lfh4167m

鍼灸臨床【五十肩の隠れた原因とは?】(大阪市東住吉区 40代女性)

2018.02.05 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,内臓治療,季節の変わり目,経絡を意識した治療,肩の痛み,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市東住吉区からお越しの40代の女性。

ここ2.3日、右肩に違和感があり、
腕を前方向に垂直に挙げていくと
肩の前側に痛みが出るそうです。

肩を前方向、垂直方向に挙げる(肩関節屈曲)の筋肉は、
主には肩パットのような【三角筋】(前部繊維)の仕事になります。

おそらく世間一般的には、筋肉への直接的なアプローチになると思うのですが、
当院では、患部の反応はあくまで反応として見るだけで、基本的にそっとしておきます。

理由は、結果に対して結果を追う施術を行っても
原因にまで到達しないため根本解決にならないと考えているからです。

結果を追うだけなら誰でもできますし、
グリグリ反応を追いすぎると、揉み返したり、
組織に炎症が起こるなど、副作用が現れるリスクが高くなります。

では、根本となる【原因】はいったい何なのか?

実は肩の前方挙上ができない時から予想は出来ましたが、
ご自身が気づかない部分で【胃腸の負担】があるように感じました。

東洋医学では、直接的な暴飲暴食、不摂生によりは物理的な負担、
または、不安、考えごと、緊張、ストレスなど心理的な負担は、
ともに胃腸に影響すると考えており、食欲や便の影響だけでなく、
首の痛みや肩関節の運動制限など、まったく関係のない場所にまで影響します。

クライアントさま、暴飲暴食はしなさそうですが、
大変繊細で、不安癖が強いタイプだと感じました。

さらには来院されたタイミングは、
季節の変わり目である土用の真っ最中です。

冬土用なかでも一番影響の強い【丑の日】でもありましたので、
それら様々な原因が重なり、肩関節の周辺に影響を及ぼしたのだと思います。

実は目に見えること、頭で考えてわかることだけが、
不調の原因になるとは限りません。

むしろそうでない部分の方が気づきにくく、
なかなか原因として認識がしにくいため、
手の打ちようがあまりわからず、
慢性的な症状の根本的な原因となることが多いのです。

お腹の触診では、胃腸の負担がダイレクトに出やすい
【中脘】(ちゅうかん。みぞおちとお臍の中間)
あたりに、硬さと圧痛がありました。

ベッドに仰向けに寝てもらい、右肩を上げてもらうと
肩関節の前方に痛みと可動域の制限を確認できました。

そこで胃のツボである【足三里】(当院では左足のみ)に
鍼治療をおこない同じように右腕を前から挙げてもらいました。

すると、、、

スッと肩が挙がり、耳の横を腕が通過しました。
肩を挙げるときの痛みも無くなりました。

鍼を一本打った瞬間に肩の反応が瞬時に変わったため、
クライアントさまもビックリされていました(^-^)

その後、全身の調整の施術を行いました。
肩の不調は最初の一手で取り除けた様子で
そこから先の施術でも最初の変化のままでした。

このような反応はきちんと鍼治療を行えば
決して珍しい変化ではアリマセン(^-^)

体から答えを受け取り、いかにその人だけの原因に気付けるか。
四季の変化も頭に入れながら根本的な改善をサポートしています。

鍼灸臨床【左肩の痛み】(大阪市港区 30代男性)

2018.02.02 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,急性症状・けが,肩こり・首こり,肩の痛み,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市港区からお越しの30代の男性。
ご自身で会社を経営されています。

主訴は左肩の痛み。
数年前にスポーツで怪我をしてから
肩をあげるときに痛みが出てしまうそう。

お腹の触診では、みぞおちに痛みがありました。
この反応はストレスや考えごと、不安など、
目に見えない負担の影響が出ている状態です。

クライアントさま、ぱっと見、
豪快な印象を受けますが、
大変気をつかう繊細な方でした。

経営者という立場上、ご自身をすり減らしながらも
頑張っておられたのだと思います。

治療院に来ていただいている間は、
立場も、役割も、担いも関係ありませんので、
何者でもない、素のご自身にリセットいただくよう、
指示を伝えながら施術を行いました。

当院の鍼治療は、最初に仰向きで手足、
次にうつ伏せで、背中、腰、首の施術を行います。

仰向きの施術が終わり、うつ伏せに変換する際に、
「すでにラク!」とありがたい反応をいただきました(^-^)

左肩の施術はまったく行っていませんが、
施術が終わると痛みも無くなり、
可動域も改善していました。

肩の痛み(とくに肩の前方)は、
【胃腸】の反応が出やすい場所です。

暴飲暴食でもストレスでも、
痛みや可動域の制限が出てしまいます。

同時に回復に向けて大切なことは
【思い込みを外す】という事。

スポーツで怪我をされたのは事実ですが、
それだけが今の症状に繋がっているとは限りません。

施術を受けている間は、頭の中にあることは
いったん傍に置いてもらい、素直な気持ちで
施術を受けていただく事をおすすめしています。

そうする事で勝手に原因を結びつけていた
一種のマインドブロックが外れます。

そこに対して、お腹の触診がら読み取った、
体が欲する良くなるためのヒントを叶えてあげる事ができれば、
自然といま現れている不調は良い方向にむかって行きます。

意気込んで心身をリセットすることは難しいですが、
安心して身を任せていただけるリセットの場所となれば幸いです。

右ひじの痛みが足をさわると取れた

2017.09.18 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,肘の痛み,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

常に本質をモットーに施術を行っています。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの50代の会社役員の男性。

週に一度、メンテナンスで施術を受けておられます。

普段は腰痛のケアに来てくださっていますが、今回は別の症状でした。

「絨毯を買ってもって帰るときに右ひじを痛めまして、、」

痛めたばかりの所謂ケガは、
基本、日にち薬しかありません。

患部はイコール傷口ですので、
悪化するため直接さわりません。

あまり肘のことは考えず、一度頭から外しました。
通常どおり足回りの施術を丁寧に行いました。

施術が終わった時は、なんで肘を触らないの?
な印象も多少受けましたが、 帰宅されてから
肘の痛みがマシになってきたそうです。
もちろん肘には触れていません。

絨毯を持ち上げたこともきっかけかもしれませんが、
実は別の原因があったのかもしれません(^-^)

肘周りには結構ストレス絡みの反応も現れます。

自律神経のバランスが乱れていると、
ピリピリ、チクチク、ズキズキと感じやすい場所です。

人間、頭で意識してわかるのは1割程度です。
その1割のなかで答えを出そうと頑張るからシンドくなります。

逆に意識できないことは9割もあります。
優しく繊細に体に触れると9割の情報から
よくなる為の答えを教えて貰えたりします。

誤解をまねく表現ですが術者もクライアントさまも
「これをすれば良くなる!」という要素に対して
きちんとわかっている事なんてさほど無いと思います。
むしろ痛みや不調の原因は、毎度同じではアリマセン。

だからこそ、その場のセッションにおいて、
いまその時の大切なこと、必要なことに気づいて、
よくなる為に施術でサポートする必要があります。

痛みが出ていた原因に寄り添えたら
体は痛みを出す理由がなくなります。

痛みを通じて伝えたいメッセージもあります。
カラダって、ホントに不思議ですね。

これからも心と体に寄り添えたら幸いです(^-^)

【超カンタン‼️】自分が食べすぎているかをチェックするポイントは?

2017.09.14 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,ほてり,みぞおちの痛み,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,動悸,寝違え,当院の考える健康観,慢性疲労,熱がこもる,糖尿病,肩こり・首こり,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,膝の痛み,自律神経系の治療,足がつる,足のだるさ,逆流性食道炎,関節可動域の制限,頭痛,風邪,首の痛み

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目にある

根本治療の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

体に現れたサインから改善に向けたヒントを読み取り施術しています。

↓↓

秋といえば【食欲】🌾🍙
一年で一番罪な季節の到来です(^^;

食事は大切ですが、必要以上は要りません。

実際に食事の摂取量や内容を見直せば、
それだけで長年の不調も改善していきます。

さてその摂取量の状態ですが、
どうすれば確認できるのか?

自分が食べすぎているのかどうか?を
簡単にチェックできる箇所があります^_^

それは

【舌の厚さ】👅

なんです。

舌が分厚ければ食べすぎです。

舌は言わば体内の【土壌】であり、今の体の栄養状態を表します。

数秒〜数分の瞬間的な変化は出にくいですが、
舌を診る【舌診】という診断方法があるくらい
体内の状態が顕著に現れています。

臓腑の熱がキツければ部分的に赤色を呈し、
冷えていれば白色を呈します。

体内が水だらけで利尿や発汗が上手くいっていないと
舌の上に苔が生えます(舌苔で”ぜったい”と読みます)

さらにはコーヒーやワインなど着色がない状態で、
舌苔の色が黄色かったり、または黒かったりすると
体内の熱が強すぎる状態になります。
体内で極度の炎症が起きている、
またはストレスの溜めすぎでも起こります。

先にも書きましたが、
食べすぎは舌の厚さでわかります。

食べすぎた数時間後に舌の分厚さを
鏡でチェックして見てください👅

いつもの状態より分厚ければ食べすぎ、またはエネルギーの強い食材の摂取が多い反応です。

食べすぎで出る体の不調は以下の通りです。

・肩こり
・四十肩、五十肩
・関節可動域の制限
・寝違え様の首の痛み
・胃腸の不調
・動悸
・息切れ
・不眠
・眠気が出続ける
・腰痛
・ぎっくり腰
・坐骨神経痛
・頭痛
・頭の筋肉の緊張
・腹痛
・背中の詰まり
・背中の硬さ
・便秘
・下痢
・膝の痛み
・足裏の痛み
・足がつる
・足がだるい
・慢性疲労
・風邪
・糖尿病
・痛風
・リウマチ
・がん(大腸がん、前立腺がん多い)
・その他あらゆる病気 など

ご覧のとおり全ての不調につながります。

食べものが美味しい季節だからこそ
ご自身の状態をきちんとセルフチェックして
美味しく、健康に秋を楽しんで過ごしましょう( ^ω^ )

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分