- Blog記事一覧 - したらパーソナルケア 理念・施術の方針の記事一覧

したらパーソナルケア 理念・施術の方針の記事一覧

ありがとう立誠小学校。RISSEI FROM PARTYに参加してきました

2017.10.19 | Category: 対外活動,当院の考える健康観

大阪で【自律神経の治療】なら当院へ。

大阪市中央区の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

その人らしく、気分良くを大切にしながら

根本からお悩みの改善をサポートしています。

↓↓

少し前の話になりますが、

ありがとう立誠小学校
RISSEI FROM PARTY

という大きな催しに参加してきました。

この立誠小学校。厳密には元立誠小学校で、開校はなんと1869年‼️

戦災をさほど受けていない京都ならではの文化遺産でもあります。

93年3月までは普通に子供達が通学していたというから驚きです。。

私も以前、京都に3年半ほど住んでおり、
当時から「この建物なんだろう?」と思っていました。
建物の場所は風情もありながら、ギラギラした一画にあるもので^^;

しばらく後になり「立誠シネマ」も出来て、
コアな映画ファンを魅了する場になりました。

その古きよき京都を象徴する建築も
宿泊施設として改修されることが決まり、
一般的な催しに貸し出されるのは最後の機会となりました。

その情報をキャッチした20年来の友人たち。

今回は特に二人の大親友にお世話になりましたが、
改めて彼らのアンテナの感度の高さ、そして
どうなるかわからないけどやるしかない!と
実行して形にしたところに最も感動しました。
次の世代に可能性を見せつけた良い機会だったと思います。

3日間の総来客数は、なんと約8000人!

中にはここに書けない方も来られていました。
全国的にも例を見ない、大人の文化祭となりました。

ちなみに僕はレコードショップ出店と
DJイベントの企画で参加させていただきました。

おかげさまでどちらも大盛況となりました(^-^)

こういう大きなイベントを開催すると決まって聞く言葉があります。

「次はいつ開催ですか?」

、、、

おそらく、今しか出来ないからやるんですよね。

そして本当に魅力ある場を提供している人たちは
次回のことなど考えていません。

吉か凶かどう転ぶかもわからない、
【いまこの瞬間】に必死なんです。

このことは不調がよくなる上でも似ている部分があります。

「私は治りますか?」と聞きたくなる気持ちはわかりますが、
先への根拠のない漠然とした見込みではなく、
いま、この瞬間に、気づくこと、出来ることからコツコツ見直していきませんか?

中には耳が痛い方もいるかもしれませんが、
あなたがこれから先の人生をより良く過ごすうえで、
本当に大切なことはこの部分しかないと私は思います(^-^)

そしてやりたいことがあるなら、出来る環境にあるなら恐れずやりましょう!

気分良く、その人らしく生きるサポートを、当院は今後も続けていきます。

イベントの詳しいレポートは
ヤフーニュースにも掲載されました。
ぜひご覧ください。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shino-okamura/20171012-00076836/

当院は【当日予約大歓迎】の治療院です

2017.10.13 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,パニック障害,生きるのがラクになる施術,自律神経系の治療

大阪で【自律神経の治療】なら当院へ。

大阪市中央区にある、体質改善・根本治療の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

パニック障害の治療で通われている

クライアントさまとのやりとりより。

「私、予約しててもその日の状態で気分が変わっちゃうから、当日予約でもいい?」

全然大丈夫です!

むしろ素直にお話いただき感謝しています(^-^)

当院は完全予約制にはなりますが、

【当日予約】も大歓迎です!!

ただしメールでのご予約は確認漏れの可能性がありますので、

当日のご予約はお電話、またはLINE@にてお願いいたします。

LINE@は下記リンクのワンクリックで登録できます。
https://line.me/R/ti/p/%40lfh4167m

施術の時間枠を確保する関係上、
当日のキャンセルは宿泊施設と同じく
【施術料金と同額】をお願いいただいております。

パニック障害、自律神経失調症などで
気分の浮き沈みが激しい方は
当日予約をオススメします。

「今からいける?」で全然構いません。

その日の気分や状態に合わせて
ご連絡くだされば幸いです(^-^)

※ なお施術中は電話に出られませんので、
お手数ですが【留守番電話】に伝言ねがいます。

膵臓がんの最新情報を学んできました

2017.10.02 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,対外活動,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観

【体質改善・自律神経専門】の治療院。

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

西洋医学、東洋医学の観点を合わせ持ち、

その人らしく生きるサポートをしています。

↓↓

日曜日はお休みをいただいておりますが、

ご縁をいただき、催しのボランティア・スタッフをさせて頂きました。

会場は、今年の3月に新しく完成したばかり、

大阪府庁の真南に位置する「大阪国際がんセンター」

当院からも自転車で5分ほどでした🚴‍♀️

今回は、数あるがんの中でも最もリスクの高い

【膵臓がん】の最新の治療法や知識について学ぶ

【パープルリボン セミナー2017】という催しでした。

パネル・ディスカッションで登壇されている医師の先生方は

大阪国際がんセンターや、京大病院の名医ばかりで、

普段触れることのない世界に終始釘付けでした。

自分は鍼灸師なので外科的な観血行為はできませんが、

知識として学んでおきたかったオペの話や、

副作用、合併症の話を興味深く聴きました。

癌という病気に対して個人的に思うことは沢山あります。

癌に対して闘うのか、共存するのか?

はたまた癌になったことを悔やむのか、そこから学ぶのか?

私はがんの体験者ではありませんので、

口を挟むこともおこがましいかもしれませんが、

周囲の尊敬する方々で、実際にがんを乗り越えた方のケースを沢山みてきました。

当院にも実際に癌に罹患するも、元気に来院される方が多々いらっしゃいます。

不調や病気から大切な気づきを得る。そして本当の自分を取り戻す。

本当にお困りの方が、自分らしく健康に人生を歩めるよう

様々な角度からアドバイスができればと改めて思いました(^-^)

今日からも私も自分らしく、来られる方も自分らしくいて頂けるよう、気持ちを新たに頑張ります!

貴重な機会にご縁をいただきましてありがとうございました(^-^)

感じるシンドさに大も小もない

2017.09.30 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,パニック障害,多次元操体法,生きるのがラクになる施術,自律神経系の治療

【自律神経・体質改善専門】

大阪市中央区の鍼灸整体院、

したらパーソナルケアです。

↓↓

先日、自律神経の症状でお悩みの方が来られました。

交感神経が優位になり過ぎており、
どことなく攻撃癖を感じます。

活発にお話をする反面、裏には不安がつきまとう感じで、
これはどうなの?あれはどうなの?と
100パーセントの完璧な答えを求めがちです。
決めつける癖も強く、白黒はあってもグレーさが全くありません。

長年の悩みが一度の施術で無くなった方のお話をしていた時です。

「その人は大した症状じゃ無かったんですね‼️」

とクライアントさまは反射的に言いました。

おそらくクライアントさまも悪気はなかったと思いますが、
実はこの事は、実は相手に対して一番言ってはいけないことです。

悩んでいた方は、本当にシンドかったのです。
どこに言っても相手にされず、人間不信にもなっていました。

感じる不調の度合いに大も小もありません。
ましてや他人が勝手に決めることではないのです。

私自身もどこまでお手伝いできるかわかりませんでしたが、
整体の施術で丁寧に寄り添い、
相手の体から答えを受け取り
感じるままに施術を行いました。

カウンセリングも降ってきた言葉に身を任せ
お話を続けました。

すると施術の途中で、鼻をすする音が聞こえてきました。
気がつくとクライアントさまは泣いていました。

「そのように思っていいんですね、、」

今まで自分自身で「こう思ってはいけない!」と
暗示をかけていたことに気づき、自らを素直に受け入れた結果、
身体の不調が自然と消えていました。

ですので、このケースは、ご自身で大切なことに気づき、
受け入れたからこそ、不調はメッセージを出す必要が無くなり、
長年の症状が瞬時に改善しただけの話です。
決して軽い悩みではありません。

「仮に冗談でも言っちゃいけないことですよ」と伝えました。

ただ、このクライアントさまも好きで攻撃癖になってしまった訳ではありません。

お話を聞くと、以前生活を共にしていたパートナーから
「なんだこれくらいで!」「もっとちゃんとしていろ!」と
常にキツイ言葉をあびせられ続けられたそうです。

その結果、常にとらわればかりの状態になってしまい、
本当はしんどい時でも、自分の気持ちを素直に感じることを忘れてしまい、
「シンドいとか言っちゃいけない!」「ちゃんとしていなきゃ!」と思うようになったのです。

自分がしんどい時でも素直に感じることができないため、
他人の症状がすぐにラクになると、シンドさのなか頑張っている自分と比較し、
あなたの悩みは大したことない!と根拠もない攻撃に出てしまうのです。
その裏には、しんどい私を気にかけて、と寂しさや期待の現れを感じます。

いまこの機会に気づいてもらえたらと思い、
その辺りも包み隠さず全てお話しました。

「きちんと自分にも優しくしてください」
ということも伝えました。

どこまで腑に落ちていただいたかはわかりませんが、
施術が終わったあとの表情は来院時に比べて
どこか穏やかな表情にも感じました(^-^)

トラウマや不安癖を断ち切りたい方、
実は、いまこの瞬間から変われます。

心と体に馴染むには時間はかかるかもしれませんが、
いつでも安心してご相談ください。

当院は、痛みや不調が伝えたいメッセージを読み解き、
あなたらしく生きることを全力で応援する
【生き方治療院】です(^-^)

鍼が効きにくい人の唯一の条件とは?

2017.09.29 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観

【自律神経・体質改善専門】の治療院。

大阪市中央区。堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

当院の鍼治療は、自律神経と内臓機能を軸に
体の奥から治癒力を引き出し、ラクになるサポートをしています。

不調の度合いにより回復のスピードは個人差がありますが、
「答えを受け取る施術」で的確に原因にアプローチ出来るため
これまでに受けた治療で改善が見られなかった症状にも対応できます。

ただ、どうしても効果が出にくい条件が一つだけあります。

それは【ご飯をまったく食べていない状態】です。

当院の鍼治療は、東洋医学と生理学を融合させたハイブリッドな鍼灸治療です。

バランスよくツボ(経穴)に鍼をしていくことで、
内臓やそれらにまつわる血管のポンプ機能を高め、
血液を含む約60パーセントの体液を巡らせます。

エネルギーが集まりすぎた箇所からは引き算、
足らない箇所には足し算を行うように
酸素、栄養、温度の供給バランスを調整します。

血液を含む水分エネルギーを巡らせる上で、
ガソリンの代わりになる絶対的なエネルギーが必要です⛽️

ガソリンに代わるものが「食事」となります。

量を食べる必要ありません。

わかりやすいエネルギーはご飯ですが、
ドカ食いではなく少量をゆっくり噛むのが理想です🍚
体が欲しなければご飯以外の食事で補えば良いと思います。

食欲がないという方は無理して食べる必要はありません。
胃の仕事量を減らすことで肝臓にかかる負担を減らし、
体力の回復を最優先している状態でもあります。

タイプ的にも、食べてよくなるタイプと、
食べずに良くなるタイプがあります。

一概にこうしなさい!と相手に押し付けるものでもアリマセン。
タイプ別の自然な治り方は、体が無意識的に知っています。

ただ、明らかに健康状態に影響が出るほど衰弱していたり、
食べる気力そのものが失われている状態は危険です。
ガソリンが体内にない状態は時に命の危険に関わります。

鍼灸治療で食べる気力のスイッチを入れることは可能です。
必要な際はご用命ください(^-^)

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分