- Blog記事一覧 - 多次元操体法の記事一覧

多次元操体法の記事一覧

整体臨床【脊髄梗塞】の整体 – 「スッと起き上がれる‼️」 (大阪府東大阪市 70代女性)

2018.01.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,むくみ,下肢静脈瘤,便秘・下痢,冷え症,多次元操体法,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術,難治性疾患

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪府東大阪市にお住いの70代の女性。

脊髄梗塞になってから右足が不自由になり
往診による施術を受けて頂いています。

脳梗塞、心筋梗塞は耳にすることがありますが、
脊髄梗塞となるとあまり馴染みがないかもしれません。

脊髄梗塞とは一体どのような病気なのでしょうか?

—————————————-

脊髄梗塞(せきずいこうそく、Spinal cord infarction)とは脊髄の虚血性壊死である。全脳卒中の約1%を占める比較的まれな疾患である。

【原因】
脊髄梗塞の原因としては以下のような疾患が知られている。脳梗塞と同様にアテローム硬化による脊髄動脈の閉塞も原因となるが大動脈解離、大動脈の手術に関連するものの方が多い。
大動脈疾患
大動脈手術、TEVAR、大動脈解離、大動脈瘤、大動脈狭窄など。
低灌流
心筋梗塞や出血。
心原性塞栓症
僧帽弁疾患、心房内粘液腫、卵円孔開存、感染性心内膜炎、カテーテル検査の合併症など。
血管炎
SLE、ベーチェット病、大動脈炎症候群
感染症
細菌性髄膜炎、梅毒、ムコール症
血液疾患
血栓傾向、鎌状赤血球など
脊椎疾患
脊椎手術後、頚椎症など
外傷
その他
脊椎血管奇形(AVMなど)、コカイン中毒、減圧症など

【発症様式】
脊髄梗塞は一般に突然の発症とされている。しかし症状が完成するまでの経過は数時間からときに1 – 2日間かかって完成することもある。

【膀胱直腸障害】
ほとんどの例で必発である。

【治療】
抗血栓薬の投与や抗浮腫のためステロイドや高浸透圧利尿薬などの投与が行われる。

※点線内、wikipediaより抜粋

—————————————-

クライアントさまも突然発症してしまい、
右下肢の傷み、むくみ、便秘がひどく、
下肢の静脈瘤もあり、歩くことにも支障が出ています。

半年ほど前から往診で施術に当たっています。

脊髄梗塞にマトを絞った施術はありませんが、
膀胱直腸障害による極度の便秘、ガスの停滞、
ストレス、不安の緩和、血流やむくみの改善、
疼痛の改善など、心と体のケアを目的に
週に一度往診でお伺いしています。

発症当初は、歩けなくなったらどうしよう、、
と不安が募りパニック寸前の毎日だったそうです。

クライアントさま、ご家族で自営業をされており、
今でも事務作業で週のうち何度かは働きに出るそうです。

大変気をつかう方で、自分のことはいつも二の次。
働き屋さんで人望も厚いなか、事務員さんから休んでください、と心配されることもあるそう。

弱みは見せず、気丈に振る舞う、我慢強い方なのですが、
この状態は、ガンや内臓疾患など無理が重なった結果、重篤な病気にかかりやすくなります。
実際に過去に胆嚢ガンに罹患し手術もされています。

ですが、右足の症状を除けば
体は比較的元気な状態です^_^

毎回じっくりお話を聞いて、
クライアントさまと信頼関係を築き、
お互いなんでも話し合える関係になりました。

そこで誤解を恐れず本質的な部分をお話しました。

「病気や痛みは、体からのメッセージなんです」
「体をツラい状態にしてでも伝えたいことがあるんです」
「本当の自分の気持ちを見つめ直す時期かもしれませんよ」と。

すると、クライアントさまからも

「確かにそうかもしれへんね」
「いつも主人やお義母さんのことばかり気にしてた」
「病気になってから、初めて主人が私を気にかけてくれるようになったんよ(嬉)」

と、ありがたいお話をいただきました(^-^)

病気になるには実は意味があります。
そこから何に気づくか、どう向き合うか、
病気になった意味を素直に受け取れるかが
回復の過程やこれからの人生において大切になります。

クライアントさま、鍼治療と整体を一緒に受けられています。

施術の際には、靴下を脱いでいただくのですが、
かなり締め付けのキツいむくみ用の靴下を履いており、
着脱がかなりキツそうな感じです。

起き上がる様子も、ゆっくり、ぎこちなさを感じながら
いつも各施術の対位変換をしてくれますm(_ _)m

今回の施術はピンと感じたことが【整体】でしたので、
アキレス腱あたりに触れながら、わずかな体の動きを読み取り、
基本待つスタンスで、繊細な動きを感じ取りながら、
素直に、丁寧に動きについていくような施術を行いました。

施術中の様子も普段どおりでした。
ゆっくり起きてくださいね、と
普段どおりの声がけをしました。

すると、クライアントさま、
スッ!と起き上がりました(!!)

思わず

「〇〇さん、いまスッと起き上がりましたね?」

と私。

「いやっ!ほんまや!エーっ‼️‼️」

とご本人さんが一番驚かれていました(笑)

病気になってから、一度もこんな起き方は出来なかったそうです。

鍼灸という仕事柄、臨床の現場でずっと感じてはいましたが、

人間の体って、エビデンスやデータだけでは
証明できないことなんて本当に幾らでもあるんだな、、

と、東洋、西洋の医学を飛び越えた
人の体に備わる叡智に改めて驚かされました^^;

私自身もクライアントさまも驚く面白い現象でしたw🤣

そこで感じた大切なこと。

—————————————-

・治らないと思い込まない
・自分もエゴを捨て、純粋に相手を感じる
・素直に、丁寧に
・任せるところは任す
・自分らしく、気分良く

—————————————-

シンプルな事ですが、体験しないとなかなかわからない
治癒する過程において、そのひとつひとつの大切さを感じました。

脊髄が梗塞した箇所は変わりませんが、
体が良くなっていく上で大きな一歩だったと思います。

クライアントさまの中でも大切な変化、
そして実感が生まれたことだと思います✨

こちらも貴重な体験をさせていただき、
出会いとご縁に心から感謝しています(^-^)

整体臨床【ぎっくり腰の整体】(大阪市中央区 50代男性)

2018.01.06 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,多次元操体法,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,急性症状・けが,生きるのがラクになる施術,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの50代の男性。
座り仕事がメイン。

趣味はジョギングやゴルフとアクティブな方⛳️

主訴は【きっくり腰】

二日前に右側の腰を痛めてしまったそうで、
なんとか歩けるようにはなったと徒歩で来院いただきました。

テストで片方ずつ太ももを挙げてもらい
可動域と痛みの感じ方の確認を行いました。

太ももを挙げる(股関節を曲げる)筋肉は
腰と股関節をつなぐ【腸腰筋】(ちょうようきん)といいます。
立ったまま前屈するときにも影響します。

ここに損傷があると、太ももは挙がりにくく、
立位体前屈も前に曲がらなくなります。

テストの結果は

左足を挙げる→なにもなし
右足を挙げる→右の腰に痛みが出る

となりました。

右足でふんばって、
左足を挙げる分には支障はなかったため、

右足は挙げずに立ったままのポジションで、
左足を使ってわずかな圧力を体に巡らせるような整体を行いました。

1分ほど施術をしてからビフォーアフターを確認しました。

「あれ?腰が痛くない!?」

よく見ると施術後は、痛かったハズの
右足の方が高く上がっています(^-^)

人間の体は必ず患部、患側に
原因がある訳ではアリマセン。

そして痛む箇所を意識させることはせず、
可能な限り、動かしやすい、痛みの少ない、
【快】の部分を大切にした整体をしています。

その後、ベッドに腰掛けて動かしやすくなった右足の施術、
仰向けに寝てからの足回りを使った腰〜上半身の施術、
頭蓋骨の無痛調整、ゆっくり起きてもらってからの上半身の整体を行いました。

施術時間は、トータルで約20分🙌

すべて無痛整体で、段階を得ながら
動きやすさ、心地よさを確認しつつ、
不快感を出さないように施術を行いました。

やさしく皮膚に触れると人間のカラダは喜んで
どうすれば良くなるか?カラダはどうして欲しいのか?など
欲する動きや、ベストな答えを教えてくれます(^-^)

皮膚に触れることは【脳】に触れることと同じです。

赤ちゃんは目や耳、脳が発達していない分、
皮膚から伝わる情報ですべてを理解します。
一番触れ合う時間の長い、お母さんのことを
一番大好きになるのも無理はアリマセン(笑)

当院の整体は、本来備え持っていた
原始感覚を取り戻すレッスンです。
言うなれば【赤ちゃん還りの整体】です👶

欲する動きや感覚を読み取りながら
丁寧に身体が欲する希望につながるよう
整体の施術を行いました。

ベッドに座っての施術をしていると
クライアントさま、左右の腕が
複雑な横や斜めの運動を交えながら、
泳ぐように前後にぐるぐると動き始めました。

施術が終わると

「血流を良くするようにぐるぐる動かしているのかと思いました‼️」

と感想をいただきました。

結果的に血流は良くなったかもしれませんが、
最初からその動きを目的とはしていません。

さらに、こちらが意図した施術により、
相手のカラダを動かした訳ではアリマセン(^-^)

こちらの意思で相手のカラダを動かすと、
すごく不快な感覚が伝わり、体から緊張が抜けません。

あくまで相手のカラダから感じる、欲する動き、
微細な衝動に【着いていく】のみです。

動きの舵取りは相手のカラダが決めます。
コチラからの追い越しは禁止です🚘🚫笑

すべての施術が終わると
クライアントさまの表情が
ずっとニコニコされていました(o^^o)

「いやー、不思議」(連発)
「へー」
「面白い!」

終始ニコニコでこちらも嬉しくなりました(o^^o)

ここですごく大切なことが起きています✨

クライアントさまの主訴は【ぎっくり腰】

施術後はまったく気にしていません(^-^)

決してごまかしでもなんでもなく
快の状態の積み重ねにより、
腰の痛みを気にすることが無くなったんです。

またマイナスの意識に戻すのは良くないですが、

「痛みを確認することはやめて下さいね」
「痛みを確認すると無意識に痛みを探しますからもったいないですよ」

と、大切なことだけお伝えしました。

人間のカラダは、ちょっとだけ
【気持ち優先】で動きます。

嫌なことをする時は、いくら健康状態に問題がなくとも
身体の動きは悪くなり、機能や効率も低下します⤵︎

逆に、デートなど楽しいことが待っていると
明らかに体は疲れているのに平気で動けます💨

痛みの改善のための施術かもしれませんが、
根底にあるのは、マイナスの意識をはずし、
この瞬間への意識、そして気分が良い状態を
積み重ねるレッスンになります。

ぎっくり腰のことは症状のページや、
ブログでも度々書いていますが、
無理が重なった結果、急な動作などが引き金となり、
組織を痛めて動けなくしてしまう症状です。

【腰痛・ぎっくり腰】のページ

仮に痛めてしまっても、素直な気持ちで施術を受け、
その間だけでも痛みを感じることは傍に置いといて、
瞬間瞬間の【快】の部分を味わってみてください(^-^)

体も心も気分が良くなれば、治癒力の働きも良くなり、
症状が回復していくスピードもアップします。

あなたらしく、素直に、気分良く。

施術がきっかけとなり健幸人生の
本質をナビゲートできれば嬉しく思います(^-^)

多次元操体法 【短期集中 基礎講座】募集のお知らせ

2017.10.31 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,多次元操体法,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

【慢性腰痛・頭痛・自律神経失調症】のお悩みはお任せください。

↓↓

当院の整体の軸となっている【多次元操体法】

仙台の医師、橋本敬三先生の生み出した操体法に

整体のお師匠さま、上川名おさむ先生が自然の法則や

引き寄せの法則、そして古武術などのエッセンスを取り入れ、

独自に提案されている手技療法です。

私はこの整体、そして理論や考え方に背中を押していただきました。

今でも大変感謝しています(^-^)

今回は、その多次元操体法を集中的に学べる

【多次元操体法 基礎講座 第3期生 募集】のご案内です。

多次元操体法【短期集中基礎講座】

当院の整体は、この手技療法を取り入れています。

人は不調の原因をつい頭で考えがちです。

ですが、頭でわかる(=意識、自覚できる)ことは

実際にはわずか1割程度しかアリマセン。

残りの9割は意識化に氷山のごとく潜っている「無意識」になります。

実は、私たちの体はこの無意識に守られています。

危険回避やとっさの行動は、いちいち頭で考えないですよね?(^-^)

実は心や体がラクになるヒントも、この無意識のなかに沢山あります。

メンタルブロックを外し、無意識からヒントを引き出す。

本当の自分はどうしたいのか?こうしたかったのか!を素直に感じる

根本からの回復、改善に必要なきっかけを作る手技療法、

それが、この【多次元操体法】なのだと私は感じています。

↓↓

施術を受けてくださっているクライアントさまからは

・ラクになった
・フワフワする
・心地よい
・不思議
・体がピクピクする
・病院でも治らなかったのに
・堕ちました
・気持ちいい
・リセットできた
・魂が抜けた
・体ってスゴイ
・あちらの世界に行った
・このまま寝たい
・涙が出ました
・これでいいと思えた

などなど、様々な感想をいただきます( ^ω^ )

ただ、どの感想もポジティブな意見であり
その根底には「いい感じ」という体感覚があります。

言うなれば、役割、担い、しがらみから解放された
「本当の自分」に還ることができる整体とも言えます。

当院には、自律神経失調症やパニック障害の方も来られます。
その方々の大半が、過去の思い込みやトラウマ、とらわれに今も苦しみ、
本当に生きたい自分からかけ離れてしまい、症状が深くなっている方が大半です。

「素直に感じていいんだよ」
「あなたはあなたのままでいいんだよ」

リセットされた状態になることで、
自然治癒力を引き出すことはもちろん、
メンタルブロックを外すことにも繋がり、
症状がラクになるきっかけを作ることが出来ます。

多次元操体法は、自然の法則や人生の哲学がふんだんに盛り込まれた、
生きる上で大切な気づきが詰まった深い学びの世界です。

この手技療法に出会えたことを本当に感謝しています。

ただ、多次元操体法には少なからずデメリットがあります。

それは「習得が比較的むずかしい」ということ。

整体であり、時に武術であり、
効果としては瞬間的に起こるヒーリングであり、
いわゆる先生肌の「治してやろう!」と自我が入るとうまくいきません。

調和と一体感。そして施術者と受け手の感覚すら要する
非常に高度なセラピーです。あえて治療法とは言いません。
治療法を学ぼうと意気込まれて、腑に落ちなかった先生のケースも見ています。

多次元操体法を習得する上で欠かせないこと。

それは「今この瞬間の気づきの蓄積」です。

人間の肌は【脳】と同じ、と上川名先生はおっしゃっていました。

肌が触れ合うことで安心もすれば、
雑に触れられると緊張や不安すら覚えます。

触れた体からの僅かなうごめきや、その場に流れる波動や空気感から
素直に感じたことに気づき、蓄積していくことが大切です。
相手に気づき、自分に気づく。調和や一体感が大切になります。

ですので、集中的にその環境に身を置ける
基礎講座は習得する上で非常に適しています。

私はこの基礎講座の第一期生です。
先日、同窓会を兼ねた講習会に参加してきました。

心優しい先生方に囲まれて、同じ釜の飯を食べて、
生業の勉強、そして生きる上で大切なことをたくさん学びました。

正直、万人受けの講座ではアリマセン。
ただの治療セミナーでは無いからです。

ただ、なんとなく気になるなぁ、と思った方は
引き続き、上川名先生の案内文を読まれたらいいと思います( ^ω^ )

多次元操体法【短期集中基礎講座】

ピン!ときたら素直に従うことをオススメします。
そこに必要な学びと出会いが待っていると思いますよ(^-^)

 

感じるシンドさに大も小もない

2017.09.30 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,パニック障害,多次元操体法,生きるのがラクになる施術,自律神経系の治療

【自律神経・体質改善専門】

大阪市中央区の鍼灸整体院、

したらパーソナルケアです。

↓↓

先日、自律神経の症状でお悩みの方が来られました。

交感神経が優位になり過ぎており、
どことなく攻撃癖を感じます。

活発にお話をする反面、裏には不安がつきまとう感じで、
これはどうなの?あれはどうなの?と
100パーセントの完璧な答えを求めがちです。
決めつける癖も強く、白黒はあってもグレーさが全くありません。

長年の悩みが一度の施術で無くなった方のお話をしていた時です。

「その人は大した症状じゃ無かったんですね‼️」

とクライアントさまは反射的に言いました。

おそらくクライアントさまも悪気はなかったと思いますが、
実はこの事は、実は相手に対して一番言ってはいけないことです。

悩んでいた方は、本当にシンドかったのです。
どこに言っても相手にされず、人間不信にもなっていました。

感じる不調の度合いに大も小もありません。
ましてや他人が勝手に決めることではないのです。

私自身もどこまでお手伝いできるかわかりませんでしたが、
整体の施術で丁寧に寄り添い、
相手の体から答えを受け取り
感じるままに施術を行いました。

カウンセリングも降ってきた言葉に身を任せ
お話を続けました。

すると施術の途中で、鼻をすする音が聞こえてきました。
気がつくとクライアントさまは泣いていました。

「そのように思っていいんですね、、」

今まで自分自身で「こう思ってはいけない!」と
暗示をかけていたことに気づき、自らを素直に受け入れた結果、
身体の不調が自然と消えていました。

ですので、このケースは、ご自身で大切なことに気づき、
受け入れたからこそ、不調はメッセージを出す必要が無くなり、
長年の症状が瞬時に改善しただけの話です。
決して軽い悩みではありません。

「仮に冗談でも言っちゃいけないことですよ」と伝えました。

ただ、このクライアントさまも好きで攻撃癖になってしまった訳ではありません。

お話を聞くと、以前生活を共にしていたパートナーから
「なんだこれくらいで!」「もっとちゃんとしていろ!」と
常にキツイ言葉をあびせられ続けられたそうです。

その結果、常にとらわればかりの状態になってしまい、
本当はしんどい時でも、自分の気持ちを素直に感じることを忘れてしまい、
「シンドいとか言っちゃいけない!」「ちゃんとしていなきゃ!」と思うようになったのです。

自分がしんどい時でも素直に感じることができないため、
他人の症状がすぐにラクになると、シンドさのなか頑張っている自分と比較し、
あなたの悩みは大したことない!と根拠もない攻撃に出てしまうのです。
その裏には、しんどい私を気にかけて、と寂しさや期待の現れを感じます。

いまこの機会に気づいてもらえたらと思い、
その辺りも包み隠さず全てお話しました。

「きちんと自分にも優しくしてください」
ということも伝えました。

どこまで腑に落ちていただいたかはわかりませんが、
施術が終わったあとの表情は来院時に比べて
どこか穏やかな表情にも感じました(^-^)

トラウマや不安癖を断ち切りたい方、
実は、いまこの瞬間から変われます。

心と体に馴染むには時間はかかるかもしれませんが、
いつでも安心してご相談ください。

当院は、痛みや不調が伝えたいメッセージを読み解き、
あなたらしく生きることを全力で応援する
【生き方治療院】です(^-^)

カラダの素直な動きをサポートする整体です

2017.09.04 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,下肢静脈瘤,便秘・下痢,多次元操体法,当院の考える健康観,気分障害,膝の痛み,自律神経系の治療,足のだるさ,関節可動域の制限

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

体が欲する反応をどんどん引き出して、

良くなるお手伝いをしています。

 

↓↓

 

整体の臨床例です。

 

大阪府東大阪市にお住いの70代の女性。

 

昨年、脊髄梗塞と診断され、
右側の股関節や膝関節の具合がよくありません。
下肢の血管には静脈瘤も出ています。

 

出歩くことも出来ますがリスクもありますので、
出張でご自宅にうかがい施術をしています。

 

症状を気にするばかりでは回復しないことに不安や焦りが出て心身共によくありませんので、
毎回の施術中に気持ち良さや、いい感じがあれば味わってみて下さい、とお伝えしています。

 

長引いている症状や、原因のわかりにくい不調、
不治の病とされている症状がラクになるためには
先への見えない不安やマイナスの思い込みではなく、
まずは、いまこの瞬間の良い状態を味わうことに回復のヒントが隠されています。

 

正直なんとかなる事もあれば、
どうにもならない事もあります。

 

ですが、いまこの瞬間の良い感じを
きちんと感じられていないことには
回復に向けての道がつながりません。

 

このクライアントさま、お話をとにかく素直に聞いてくれます。
症状の回復の度合いは自覚できる部分は少ないそうですが、
周囲の人たちが見るには、かなり歩き方が良くなっている、と反応をいただけているそうです(^-^)

 

仰向けで整体の施術をしていると、
左右に広げていた手のひらがパタパタと動き始めました。

 

「いやっ!勝手に体がうごく!恥ずかしいわー」
と手を押さえこむクライアントさま。
むしろ好きに動いてください、と伝える私(笑)

 

意思とは関係なく自発的にでるカラダの動きは、
身体が自動的に調整をしているサインです。

 

むしろ今まで治癒を邪魔していた原因の
ブロックが外れてきている反応でもあります。

 

その感覚や動きすらじっくり味わうことが大切です。
さらに全身へ動きや心地よさを広げていくイメージをして貰うと
いつの間にかスヤスヤと眠りにつかれてました。

 

病気になって以来、健康だった時と比べて
イライラや葛藤が凄かったみたいです。

 

お気持ちはもちろんわかりますが、
そこで過去に向けて憤るのか、
はたまた、これからどうしよう、
と先に向けて何かに取り組むのかでは
今後の状態に雲泥の差が生まれます。

 

幸い、素直なクライアントさまでしたので、
毎回、終始笑顔で施術をさせていただいてます。

 

いまこの瞬間を味わう大切さ、
施術中の良い調和を意識しながら
今後もお役にたてれば幸いです(^-^)

 

 

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分