- Blog記事一覧 - 当院の考える【治る】【治癒する】とは?の記事一覧

当院の考える【治る】【治癒する】とは?の記事一覧

3年間体を休めても治らない【腸脛靭帯炎】(ランナー膝)の意外な原因とは?鍼灸臨床 (大阪市北区 20代女性)

2018.02.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,息が吸いにくい,経絡を意識した治療,腸脛靭帯炎・ランナー膝,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の
鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市北区からお越しの20代の女性。

主訴は【腸脛靭帯炎】
かなり以前に発症し、未だに痛みが強く出るそうです。

そもそも、腸脛靭帯炎とはどういった症状なのでしょうか?

↓↓

——————————————–

腸脛靱帯炎は、別名「ランナー膝」「ランナーズニー」と呼ばれ、ランニングによる膝障害の代表です。膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触(こすれる)して炎症(滑膜炎)を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します(ほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等)。
主因

主因はオーバーユースです。過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。
症状

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在します(図)。腸脛靱帯は明らかに緊張が増し、時に靱帯の走行に沿って疼痛が放散します。
初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。
(引用元)
http://www.zamst.jp/tetsujin/runners-knee/
——————————————–

簡単に言えば足の使いすぎにより、
太ももの外側から膝の外側にかけて
こすれによる痛みが出てしまう症状です。

痛みをやらわげるためには、世間一般的には十分に休息をとる、極度の使用を控えることを前提に、サポーターや電気治療、湿布やアイシング、マッサージなど様々な治療が行われます。

ただ、それで本当に痛みが治まるのでしょうか??

クライアントさま、そもそもスポーツをしていません。。
ですが整形外科で腸脛靭帯炎と診断されて休息をとるように薦められました。
診断を受けてからは3年間、ハードに脚を使うことは徹底して避けてきました。
でも痛みは治りません。。

マッサージなども受けましたが、揉み返しが起こり、
余計にしんどくなることもあったそうです。

では、本当の痛みは何なのか?

当院では、患部の痛みはあくまで反応として見るだけで、直接患部に施術を行うことはほぼありません。

腸脛靭帯炎が現れやすい足の側面ですが、
経絡的には【足の少陽胆経】が存在します。

ここは不安やストレス、考えごとなどで
体が過緊張状態になっていると筋肉が硬くなってしまい、ズキズキ、ピリピリと痛みや痺れが現れる場所になります。

クライアントさま、よく息がしにくくなる、
息が吸いにくい感覚が起こる、とお話しいただきました。

自律神経のアクセル役である交感神経が優位になると、
体のスイッチがONになり、呼吸筋である肋間筋や横隔膜が収縮して
胸やお腹の広がりが少なくなり呼吸がしづらくなります。

お腹の触診でもみぞおちが硬く、無意識のうちに体が緊張状態にあることは明らかでした。胸から頭にかけての症状が出やすいように感じました。

よって、自律神経のバランスを整える、
上に集まりすぎたエネルギーを下降させるよう施術を行いました。

鍼をしてすぐにみぞおちの痛みは無くなりました。
施術が終わると足の側面の痛みは、
何も気にされていない様子でした(^-^)

目に見える原因だけが根本原因となる訳ではありません。
むしろ目に見えない、頭で考えてもわからないことの裏に真実が隠れていることがほとんどです。

不調の原因はお一人お一人まったく違うものなんです。世間一般的な方法ではなかなか根本まで対応できないのです。

体はいつでも治し方を教えてくれています。

素直に体から答えを受け取りながら、
その人だけの解決策を見つけるために
とことん寄り添った施術をしています(^-^)

鍼灸臨床【左肩の痛み】(大阪市港区 30代男性)

2018.02.02 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,急性症状・けが,肩こり・首こり,肩の痛み,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市港区からお越しの30代の男性。
ご自身で会社を経営されています。

主訴は左肩の痛み。
数年前にスポーツで怪我をしてから
肩をあげるときに痛みが出てしまうそう。

お腹の触診では、みぞおちに痛みがありました。
この反応はストレスや考えごと、不安など、
目に見えない負担の影響が出ている状態です。

クライアントさま、ぱっと見、
豪快な印象を受けますが、
大変気をつかう繊細な方でした。

経営者という立場上、ご自身をすり減らしながらも
頑張っておられたのだと思います。

治療院に来ていただいている間は、
立場も、役割も、担いも関係ありませんので、
何者でもない、素のご自身にリセットいただくよう、
指示を伝えながら施術を行いました。

当院の鍼治療は、最初に仰向きで手足、
次にうつ伏せで、背中、腰、首の施術を行います。

仰向きの施術が終わり、うつ伏せに変換する際に、
「すでにラク!」とありがたい反応をいただきました(^-^)

左肩の施術はまったく行っていませんが、
施術が終わると痛みも無くなり、
可動域も改善していました。

肩の痛み(とくに肩の前方)は、
【胃腸】の反応が出やすい場所です。

暴飲暴食でもストレスでも、
痛みや可動域の制限が出てしまいます。

同時に回復に向けて大切なことは
【思い込みを外す】という事。

スポーツで怪我をされたのは事実ですが、
それだけが今の症状に繋がっているとは限りません。

施術を受けている間は、頭の中にあることは
いったん傍に置いてもらい、素直な気持ちで
施術を受けていただく事をおすすめしています。

そうする事で勝手に原因を結びつけていた
一種のマインドブロックが外れます。

そこに対して、お腹の触診がら読み取った、
体が欲する良くなるためのヒントを叶えてあげる事ができれば、
自然といま現れている不調は良い方向にむかって行きます。

意気込んで心身をリセットすることは難しいですが、
安心して身を任せていただけるリセットの場所となれば幸いです。

なぜ【繰り返し】施術を受ける必要があるのか?その意味とは?

2018.01.29 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

当院では慢性的な症状を中心に
【体質改善】を目的とした施術を行い、
根本からの不調の改善に力を入れています。

【自然治癒力】を引き出し体質の改善ができれば、
あらゆる症状は回復に向かいますので、
対応できる不調の種類はさほど問いません。

ただ、一度の施術で改善できる症状もあれば、
年単位で地道な努力が必要な症状もあります。

便宜上【治療】という言葉を使っていますが、
当院のスタンスはちょっと異なるかもしれません。

世間一般にいう【治療】には

「悪いものをやっつける」

というイメージがあるかもしれません。

ですが、当院では痛みや不調は、

「体からのメッセージ」「回復に必要なヒント」

と捉えているため最初から”悪者”とは見ていません。

では、なんのために【施術】を行うのか?

当院では、施術を受けることは
スキルや芸事を身につけるのと同じで、
ある種の【レッスン】だと考えています。

言うなれば、休息の仕方を思い出す、
よくなっている部分をしっかり感じる、
治る力を引き出すためのレッスンです。

【良い癖】を身につける必要があるんですね。

長年にわたり不調が積み重なった状態は、
カラダのセンサーが鈍感になってしまい、
回復している過程にすら気付けない事もあります。

逆に症状が進行しているにも関わらず、
センサーの働きが悪いと気づいた時には
重篤な状態になってしまう事もあります。

誰にでも本来備わった自然治癒力を引き出す、
些細な変化に対して感じる力を取り戻す
そのための手段が【施術】となります。

このことは施術がレッスンであると捉えて
「英会話」に例えを置き換えて説明します。

「Hello」「Goodbye」「This is a pen」

なら恐らく覚えたその日に使えますよね。
一回のレッスンでも身につくと思います。

ただ、長文の読解や会話となると、
単語の知識、文法、それらにまつわる
さまざまな知識と応用が必要になります。
理解して自分の言葉で喋るには長い期間を要します。

ただ、こつこつ続ければ知識や経験として身につきますし、
覚え方のコツや応用の仕方もわかり始めます。

レッスンは繰り返し受けるたびに学びや気づきがあります。
それにより理解が生まれ、工夫もできるようになります。

不調の改善に向けて施術を受けることも同じなんです(^-^)

どうしても自然治癒の仕組み上、
一回の施術で良くなる部分、
そうでない部分もあります。

ときに実感がわかない時もあるかもしれません。
効果の感じ方が頭打ちになってしまう事もあるかもしれません。
(↑実際にはプラスの効果が出てますのでご安心ください)

勉強にしろ、施術にしろ、
人間の体にインプットするには
【馴染む】ことが何より大切です。

ダイエットでも急に頑張りすぎると馴染みが悪くリバウンドしていまいます。
順調に痩せ始めても、効果を感じにくい時期もあります(←実際には効果は出ています)

受験勉強でも、くじけず、地道に、工夫しながら
頭に馴染ませていくしか方法はありません。

ですが、地道な努力と工夫により馴染ませ続けた結果、
違う景色が見えたり、初めて体感できる事があります。

レッスンですので、上達(=改善)すれば卒業がありますし、
スキルが錆びないように定期的にレッスン(=メンテナンス)を受けるのも
たいへん素晴らしいことだと思います^_^

カラダはいつでも治り方を知っていますし、
良くなるための方法も常に提示しています。

こちらに出来ることは施術とカウンセリングしかありませんが、
真摯に寄り添い、解決に向けて一緒に頑張れたらと思います。

人それぞれに生きてきた道のりが違うように、
根本の原因から治り方まで人の数だけ存在します。

ツラい痛みも不調も、あなたらしく生きるための大切なヒントです。

素直な気持ちで施術を受けていただき、
湧き出たヒントに目を向けていきましょう!

カラダに現れたヒントを読み解きながら、
あなたの勇気ある一歩にお応えできるよう
精一杯の施術とアドバイスを頑張ります^_^

たいへん長い文章になりましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

鍼灸臨床【五十肩の痛みがなくなってきた。痛みが出ても向き合い方が変わった】(大阪府松原市 70代女性)

2018.01.24 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府松原市からお越しの70代の女性。
ご紹介者さまと一緒に月に1、2度目来院されています。

来院当初の主訴は、左肩の【五十肩】

寝ている時も五十肩の顕著な症状である
【夜間痛】が出ており、眠れずにツラいとの事。

夜間痛の原因は東洋医学の言葉で【瘀血】(おけつ)

摂取する食べ物の内容による血液の濁りや粘り、
代謝の低下、体のポンプ機能の低下により、
巡りが悪くなった血液が停滞してしまいます。

血液が巡らないが故に血流が悪くなり、
部分的に冷えを生じた結果、痛みを生んでしまいます。

そのため、治療の方針として

・胃腸や肝臓を整える治療
・血流を整える自律神経の調整
・代謝の促進
・胃腸をいたわるアドバイス

を組み立てながら5回ほど施術を行いました。

本日お見えになった際に

「どうしようもなかった肩の痛みがラクになった」
「たまに痛いときもあるけど対処の仕方が変わった」

と嬉しいお言葉をいただきました(^-^)

五十肩の原因はさまざまですが、当院では

「自律神経のバランスを整えるメンタルケア」
「内臓機能を高めるフィジカルケア」

を二本の主軸とした治療方針で施術を行っています。

あとはその人の生活習慣に合わせたアドバイス、
考え方や思考の癖にまで踏み込みながら、
根本解決のお手伝いをさせていただいています。

まずはあきらめずに一歩を踏み出してみてください(^-^)
あなたに合った、あなただけの良くなり方を提案させていただきます。

鍼灸臨床【痛みを探すと治らない】(大阪市中央区 20代女性)

2018.01.19 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,肩こり・首こり,背中の張り,自律神経系の治療,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの20代の女性。
仕事は営業職。

仕事で遠方にいかれる事も多く、
最近は立場も変わり担いも増えるなど、
環境の変化が著しい中でお仕事をされています。

肩から首にかけての痛みがひどくて、と来院いただきました。

お腹の触診ではみぞおちに痛み。
うつ伏せでは、右側の肩甲骨の内側から
腰にかけて、緊張やストレスによる張りが見られました。

鍼灸治療で自律神経と内臓機能を整え、
可能な限りの元の状態にリセットしました。

施術が終わりクライアントさま、
まだどこか痛みを探されています(^-^;

「マシにはなったけど、まだ痛くて、、」

自然治癒力がきちんと出るには
個人差こそあれどタイムラグがあります。

さらには

休息不足、代謝の低下、
不調が出続けている期間、
治癒を妨げる要因の数など、

これらの条件が重なるほど、
回復の仕方には影響が出ます。

クライアントさま、ご多忙だとは思いますが、
なかなかご自身のお体に向き合う時間はなかったそうです。

良くも悪くも、いま出ている痛みや不調は
その方が生きてきた結果です。誰のせいでもありません。
その中には、考え方や行動の仕方、食事の摂り方も影響します。

痛みを探すのもあまり良くありません。

ご自身の体にアラ探しをすることになり、
脳が痛みを探すことで、良くなった部分にまでも
気づけない状態になってしまいます。。

マイナスよりプラスの気づき、
叱られるより褒められた方が
ご自身の体も気分よく、張り切って
治癒力を出してくれると思います(^-^)

カラダが発するメッセージを読み解き、
素直に感じる力を取り戻す。

痛みもなにかのお知らせであり悪者ではアリマセン。

心身ともに【ゆとり】が出来れば
カラダの声に気づけるようになります。

施術を通じて気づきのきっかけ作りが出来れば幸いです(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分