- Blog記事一覧 - 当院の考える【治る】【治癒する】とは?の記事一覧

当院の考える【治る】【治癒する】とは?の記事一覧

膵臓がんの最新情報を学んできました

2017.10.02 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,対外活動,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観

【体質改善・自律神経専門】の治療院。

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

西洋医学、東洋医学の観点を合わせ持ち、

その人らしく生きるサポートをしています。

↓↓

日曜日はお休みをいただいておりますが、

ご縁をいただき、催しのボランティア・スタッフをさせて頂きました。

会場は、今年の3月に新しく完成したばかり、

大阪府庁の真南に位置する「大阪国際がんセンター」

当院からも自転車で5分ほどでした🚴‍♀️

今回は、数あるがんの中でも最もリスクの高い

【膵臓がん】の最新の治療法や知識について学ぶ

【パープルリボン セミナー2017】という催しでした。

パネル・ディスカッションで登壇されている医師の先生方は

大阪国際がんセンターや、京大病院の名医ばかりで、

普段触れることのない世界に終始釘付けでした。

自分は鍼灸師なので外科的な観血行為はできませんが、

知識として学んでおきたかったオペの話や、

副作用、合併症の話を興味深く聴きました。

癌という病気に対して個人的に思うことは沢山あります。

癌に対して闘うのか、共存するのか?

はたまた癌になったことを悔やむのか、そこから学ぶのか?

私はがんの体験者ではありませんので、

口を挟むこともおこがましいかもしれませんが、

周囲の尊敬する方々で、実際にがんを乗り越えた方のケースを沢山みてきました。

当院にも実際に癌に罹患するも、元気に来院される方が多々いらっしゃいます。

不調や病気から大切な気づきを得る。そして本当の自分を取り戻す。

本当にお困りの方が、自分らしく健康に人生を歩めるよう

様々な角度からアドバイスができればと改めて思いました(^-^)

今日からも私も自分らしく、来られる方も自分らしくいて頂けるよう、気持ちを新たに頑張ります!

貴重な機会にご縁をいただきましてありがとうございました(^-^)

鍼が効きにくい人の唯一の条件とは?

2017.09.29 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観

【自律神経・体質改善専門】の治療院。

大阪市中央区。堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

当院の鍼治療は、自律神経と内臓機能を軸に
体の奥から治癒力を引き出し、ラクになるサポートをしています。

不調の度合いにより回復のスピードは個人差がありますが、
「答えを受け取る施術」で的確に原因にアプローチ出来るため
これまでに受けた治療で改善が見られなかった症状にも対応できます。

ただ、どうしても効果が出にくい条件が一つだけあります。

それは【ご飯をまったく食べていない状態】です。

当院の鍼治療は、東洋医学と生理学を融合させたハイブリッドな鍼灸治療です。

バランスよくツボ(経穴)に鍼をしていくことで、
内臓やそれらにまつわる血管のポンプ機能を高め、
血液を含む約60パーセントの体液を巡らせます。

エネルギーが集まりすぎた箇所からは引き算、
足らない箇所には足し算を行うように
酸素、栄養、温度の供給バランスを調整します。

血液を含む水分エネルギーを巡らせる上で、
ガソリンの代わりになる絶対的なエネルギーが必要です⛽️

ガソリンに代わるものが「食事」となります。

量を食べる必要ありません。

わかりやすいエネルギーはご飯ですが、
ドカ食いではなく少量をゆっくり噛むのが理想です🍚
体が欲しなければご飯以外の食事で補えば良いと思います。

食欲がないという方は無理して食べる必要はありません。
胃の仕事量を減らすことで肝臓にかかる負担を減らし、
体力の回復を最優先している状態でもあります。

タイプ的にも、食べてよくなるタイプと、
食べずに良くなるタイプがあります。

一概にこうしなさい!と相手に押し付けるものでもアリマセン。
タイプ別の自然な治り方は、体が無意識的に知っています。

ただ、明らかに健康状態に影響が出るほど衰弱していたり、
食べる気力そのものが失われている状態は危険です。
ガソリンが体内にない状態は時に命の危険に関わります。

鍼灸治療で食べる気力のスイッチを入れることは可能です。
必要な際はご用命ください(^-^)

 

右ひじの痛みが足をさわると取れた

2017.09.18 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,肘の痛み,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,関節可動域の制限

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

常に本質をモットーに施術を行っています。

↓↓

整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの50代の会社役員の男性。

週に一度、メンテナンスで施術を受けておられます。

普段は腰痛のケアに来てくださっていますが、今回は別の症状でした。

「絨毯を買ってもって帰るときに右ひじを痛めまして、、」

痛めたばかりの所謂ケガは、
基本、日にち薬しかありません。

患部はイコール傷口ですので、
悪化するため直接さわりません。

あまり肘のことは考えず、一度頭から外しました。
通常どおり足回りの施術を丁寧に行いました。

施術が終わった時は、なんで肘を触らないの?
な印象も多少受けましたが、 帰宅されてから
肘の痛みがマシになってきたそうです。
もちろん肘には触れていません。

絨毯を持ち上げたこともきっかけかもしれませんが、
実は別の原因があったのかもしれません(^-^)

肘周りには結構ストレス絡みの反応も現れます。

自律神経のバランスが乱れていると、
ピリピリ、チクチク、ズキズキと感じやすい場所です。

人間、頭で意識してわかるのは1割程度です。
その1割のなかで答えを出そうと頑張るからシンドくなります。

逆に意識できないことは9割もあります。
優しく繊細に体に触れると9割の情報から
よくなる為の答えを教えて貰えたりします。

誤解をまねく表現ですが術者もクライアントさまも
「これをすれば良くなる!」という要素に対して
きちんとわかっている事なんてさほど無いと思います。
むしろ痛みや不調の原因は、毎度同じではアリマセン。

だからこそ、その場のセッションにおいて、
いまその時の大切なこと、必要なことに気づいて、
よくなる為に施術でサポートする必要があります。

痛みが出ていた原因に寄り添えたら
体は痛みを出す理由がなくなります。

痛みを通じて伝えたいメッセージもあります。
カラダって、ホントに不思議ですね。

これからも心と体に寄り添えたら幸いです(^-^)

【花粉症の臨床例】イネ花粉のつらさが何ともなくなった🌾

2017.09.15 | Category: かゆみ,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,のどの痛み,ほてり,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,五十肩・四十肩,便秘・下痢,内臓治療,冷え症,動悸,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,息が吸いにくい,慢性疲労,更年期障害,気分障害,熱がこもる,眠れない・眠りが浅い,眼精疲労,神経痛,突発性難聴,肩こり・首こり,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症,逆流性食道炎,頭痛,風邪,首の痛み

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

花粉症の根本改善を得意としています。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西区からお越しの40代の女性。
仕事はデスクワーク。

主訴は、首まわりのコリや痛み、不眠など。
疲労が溜まってくると目のかすみも出てくるそう。

週に一回のペースで鍼治療を受けてくださっています。

ありがたい事に鍼を受け始めてからよく眠れるようになったとのこと。
そしてお酒も強くなってたくさん飲めるようになったみたいです(笑)

さらに嬉しい報告もいただきました。

「毎年イネ花粉でしんどい時期なのに症状がない‼️」

花粉症のお悩みは、実は初めて聞きましたが、
いつの間にか他の不調も改善できて良かったです^_^

花粉症の根本の原因のひとつとして

【鼻粘膜の炎症】

が挙げられます。

鼻粘膜が炎症していると、花粉やホコリ、
廃棄物質に対して敏感になりアレルギー反応が出ます。

そして東洋医学では、鼻に現れる反応は
【胃腸の状態】とリンクしています。

花粉症にかぎらず、実は【ちくのう症】や
【アレルギー性鼻炎】も同じ原因で起こります。

胃腸の負担には、暴飲暴食、不摂生などによる物理的な負担。
またはストレスや我慢、不安癖、過緊張など、目には見えない負担も影響します。

心身の負担は強い熱エネルギーとなり、
燃えさかる炎のように体の上へ上へと昇っていきます。
わかりやすく言うと【頭に血がのぼる】状態になります。

一過性のものならガス抜きやしっかりした休息など
リフレッシュを優先したらラクになりますが、
毎日毎日同じ状態が続くと慢性化してしまい、
常に顔や頭部に熱がこもるような状態になります。

そこで額や頭部から汗が大量にかけていたら
体内の余熱は外へ出ていくため、体内に熱がこもる事はないのですが、
汗もあまりかけず、常に頭でヤカンが沸きっぱなしの状態では
目や鼻への痛みや詰まり、挙句には脳血管の損傷や
てんかん、熱性痙攣を二次的に発生させてしまいます。

そのため当院では、鍼灸治療で高ぶった自律神経のバランスを整え、
上へ集まる熱エネルギー、つまりは血流を下降させ、
本来流れている手足へと血流を還すことで、
鼻粘膜の炎症をおさえ、根本的な解決をしています。

実はこの体の状態は、花粉症だけでなく、
肩こり、腰痛、不眠、便秘、首の痛み、五十肩、坐骨神経痛など、
体のあらゆる症状とリンクしています。

花粉症の治療も一度や二度で完治するわけではアリマセンし、
仮にマシになっても不摂生や無茶を続ければまたは症状は現れます。

花粉症に限らずどの症状でも同じです。
この先、一生風邪を引かないと言い切れますか?
完治とはいえ、絶対再発しない!では無いんです。

このことは痛みや不調がなぜ出るのか?を
きちんと理解していないと中々完治には至りません。

そのかわり、ご自身でも気を付けることができ、
メンテナンスも意識していれば花粉症のみならず、
他のカラダの不調もラクになると思います^_^

痛みや不調は、何かに気づいて欲しいから現れます。
無茶をしないで、自分に優しくして、の現れなんですね。

その意味に気づくか気づかないかだけで
不調の改善結果は大きく変わってきます。

症状の深さにより回復に要する時間も変わります。

向き合う時間がない、さっさと良くしたい、
とお考えの方はレーザー手術もアリだと思います。

ただ、その際に【なぜ花粉症が出ていたのか?】を
しっかり考えてもらうことで、この先に向けての予防、
そして花粉症が伝えたかったメッセージを理解いただけると思います。
花粉症は無くなったけど、肩こり、腰痛、不眠が、、では根本治療にはなりません。

花粉症はツラい症状だと思います。

ですが、体も好きで花粉症になる訳ではアリマセン。
症状の度合いが深いほど、病気や不調が伝えたいメッセージも重要なものになります。

花粉症も【結果】で現れた不調でしかアリマセン。

根本治療をベースに、病気の意味、
そしてご自身の心と体に優しく向き合うお手伝いができれば幸いです^_^

 

 

 

突発性難聴の原因は?鍼灸治療は有効か?

2017.09.13 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目にある

根本治療の鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

原因のわかりにくい不調や病気の改善が得意です。

↓↓

当院は自律神経系のお悩みに対して、
クライアントさま個々の状態に合わせた
オーダーメイドの施術とアドバイスを行なっています。

特に自律神経のお悩みは、病気の診察や検査など、
数値やエビデンスでは表せないことが非常に多く、
原因不明と片付けられたり、薬を出されて終わりということが多く見られます。

先に申し上げますと、

【原因のない不調などこの世にアリマセン】

突発的におこる病気でも、背景には何かしらの因果関係があり、
それらが積み重なった結果、気づけば重篤な症状として体に現れます。

そして、それら不調の背景にはメッセージが込められており、
今後健康に生きていくための気づきやヒントが隠れていることがほとんどです。
薬でだましているだけでは、メッセージはいつまでも未開封のままです。

原因がわかりにくい不調の中でも
特に多いのが【突発性難聴】です。
読んで字のごとく、急に耳が聞こえなくなる症状です。
ただし難聴が一生涯つづく訳ではないので、
そこだけでもまずはご安心いただければと思います^_^

原因の見立ては病院、治療院それぞれにあると思いますが、
当院ではそもそも突発性難聴を病気と考えていません!

心と体に我慢やムリをし過ぎた結果、
耳閉感、そして聴覚障害として
症状が現れているだけの話です。
肩こり、腰痛と見立ては同じです。

誰だって無理や頑張りがつづいて
オーバーヒートすることはあります。

ただ、その状態が長く続いたり、
ご自身でも理由がわかっているのに
自分の気持ちに寄り添う余裕がない、
意識や行動を変えれていない時に不調が続くだけの話です。

よって改善に向けては、耳の聞こえにくさは
なぜ起こっているか?に目を向ける必要があります。

当院の考える【突発性難聴】(メニエール病ふくむ)のページがあります。

原因に気づく、思い当たるだけでも
解決に向けたヒントが得られるかもしれません^_^

鍼灸治療は【非常に有効】です!!

当院の自律神経を整える鍼灸治療で
大いに改善が期待できます。ご安心ください!

国家試験を対象にした鍼灸学校のテキストには改善に向けた施術として、
”頭部の血流の改善を促す”と書かれていますが、
臨床の現場では、耳周辺の患部付近の直接施術はさほど効果がアリマセン。
そもそも結果に対して結果を追うだけのは鍼灸治療ではありません!

どうして不調が現れたのか?を一歩掘り下げながら、
クライアントさまご自身にも治るために協力いただき、
そっか!なるほど!そう言えば!と気づいてもらう事が大切です。

耳の症状だけに限りませんが、
見て、聞いて、触れて、確認して
根本から整えていく施術が大切になります。

ただ、耳に不調が出やすい方は、
ムリをしがちな方が多く、頭でヤカンが沸かせるほどに
血流が頭に集中しやすい方が多いので何卒お気をつけください。

あまりにこの状態が続くと、血管が切れたり、
てんかん、熱性痙れんなど、神経系の症状を生じるリスクがあります。

自分の状態や性格を知ることも大切です。
変えれる箇所から工夫して、ときに自分が変わることも必要です。

まずはしっかり話を聞かせていただき、
心と体のリセットをしっかり行いましょう!

痛みや不調は、いつだってあなたの最高の味方です。
本当は体も主人に嫌がられるような不快な症状を出したくアリマセン。
ですが、そうしてまでも伝えたいメッセージがあるんです。

ご自身と優しく向き合うことで他人にも優しくなれますし、
いつの間にか長年の悩みや不調グセが消えるケースも多々あります。

体の不調をつうじて、根本から健康になるためのヒントを得る。
自分自身で大切なことに気づき、より良く人生を過ごすサポートができれば幸いです^_^

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分