- Blog記事一覧 - 生きるのがラクになる施術の記事一覧

生きるのがラクになる施術の記事一覧

鍼灸臨床【群発頭痛】の臨床例(大阪市北区 30代男性)

2018.02.15 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,ほてり,みぞおちの痛み,内臓治療,当院の考える健康観,慢性疲労,熱がこもる,生きるのがラクになる施術,眠れない・眠りが浅い,群発頭痛,背中の張り,腸脛靭帯炎・ランナー膝,自律神経系の治療,薬との付き合い方,電磁波・静電気・有害電気・プラスイオン,頭痛,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市北区からお越しの30代の男性。
自身で会社を経営されており多忙な日々を過ごしています。

主訴は9年ほど出続けている【群発頭痛】

一年に一回ほど現れては、一ヶ月半ほど
痛みが続き、やがて消失していくそうです。

緊張型頭痛や偏頭痛は日常的に耳にしますが、
群発頭痛はなかなか名前に馴染みがないと思います。

群発頭痛とは一体どういった頭痛なのでしょうか?

—————————————-
群発頭痛(ぐんぱつずつう、Cluster headache)は、強烈な痛みを生じる頭痛発作を特徴とする、一次性の(ほかが原因ではない)頭痛のひとつである。痛みの特徴としては一側性で眼窩部を中心とする激痛が、一定期間(群発期)に集中しておこり1日の間に発作を何回も繰り返すことにある。視床下部の機能異常が関与していると考えられている。群発頭痛発作期に三叉神経血管系に働くCGRPなどのニューロペプチドやNOの変化をきたすと考えられている。『国際頭痛分類第3版beta版』では、三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)に分類されている。

特徴 編集
診断上重要な臨床所見

一次性頭痛の中では最も痛みの強い頭痛である。
頭痛は決まった片側に出現する。
頭痛発作頻度は1回/2日~8回/日である。
1回あたりの頭痛発作時間は15~180分である。
頭痛発作を反復する期間は1ヶ月弱から数ヶ月続き、これを群発期という。
群発期は数年に1回~1年に数回現れる(慢性群発頭痛を除く)
発作中は頭痛と同側に結膜充血、流涙、鼻閉(鼻づまり)、鼻漏(鼻汁分泌)、眼瞼浮腫、前頭部および顔面の発汗、前頭部および顔面の紅潮、耳閉感、縮瞳、眼瞼下垂などが認められる。
群発期の非頭痛時間帯に飲酒すると頭痛が誘発されるが、寛解期(非群発期)には誘発されない。
発作中、落ち着きのない、あるいは興奮した様子となる。

診断上参考となる臨床所見

男性に多い。
女性は妊娠中、頭痛が出現しにくい。
20~40歳の発症が多い。本邦の報告では平均発症年齢は男性29~40歳、女性24~40歳である。。
群発期はアルコール飲料、ニトログリセリン、ヒスタミンで発作が誘発される。
大酒家、ヘビースモーカーが多い。

治療 編集
群発頭痛の治療は予防薬の意義が極めて高い。これは予防薬が効果的であること、頭痛が連日続くため抑制薬のトリプタン連用となり有効性が低下するためである。また群発頭痛は治療薬のプラセボ効果が出にくいとされている。

※点線内、Wikipediaより抜粋

—————————————-

目の奥にえぐられるような痛みが現れることが一番の特徴であり、
頭痛の種類の中でももっとも症状がキツい頭痛になります。

クライアントさま、頭痛が出始めると
首のコリがキツくなり、徐々に目の奥が
強烈に痛み始めると、お話いただきました。

MRIによる頭部の画像診断も受けており、
幸いにも器質的な異常は見られなかったそうです。

改善のために、これまでに鍼治療はもちろん、
整体やピラティスなど、様々なことを試してきたそう。

ただ一向に回復せず、痛みがキツすぎて
仕事に支障が出るため、痛み止めの薬を飲んで
その場をしのぐことを9年間続けてきたそうです。

当院では、たとえ群発頭痛がキツいとはいえ、
頭部そのものに負担はなく、ほかに根本的な原因があり、
その反応として現れていると捉えています。

クライアントさま、とにかく仕事人。

仕事を頑張れるのは素晴らしいですが、
四六時中、頭の中には仕事のことばかり。
寝ている間も夢のなかで仕事をしてしまいます。。

施術ベッドに横たわる際にも枕元に携帯電話を置いたため、
よほと急ぎの用事でなければ電源を切ってください、と促しました。

何故、そのように促すのか?

何かに備えて【身構えている】【気を抜けない状態】では
いくら良い施術を受けても、芯からリラックスできないため
脱力不足により施術の効果が半減してしまいます、、、

仕事が大切なことは私も元会社員ですので痛いほどわかります。

ですが、群発頭痛ですら何かを知らせるためのアラートです。

息を抜きをして欲しい、と無意識のうちに
サインを出している状態に過ぎません。

せっかくラクになるためにお越しいただいているのに
院内で気を張り続けていることはなんとも勿体ない話です。

携帯はしぶしぶ電源をOFFにしていただき、
施術に身を任せるようお願いをしました🙏

目には見えませんが携帯電話からは電磁場の影響もあります。
常に電波を拾おうとしている端末を耳の真横におく行為は
少なからず、頭を電子レンジにかけている状態と同じです、、

仰向きで施術を開始しました🙌

体の所見は、みぞおちに痛みがあり、
仰向きにベッドに寝た状態では足が180°に
つま先が外を向く形で開ききっていました。

これは何を意味するのか?

足の外側(腸脛靭帯などがある場所)は、
気をつけ!の姿勢で手のひらが当たる場所。

言うなれば筋肉を緊張させることで
体に支えをつくっている部分です。

東洋医学では【足の少陽胆経】の経絡が流れています。

肝と胆。表裏一体の二つの臓腑は、
言わば【怒りの感情】を受けやすい場所。

ここには心因性の負担が反応として現れやすく、
ストレス、考えごと、不安が筋肉の緊張につながります。

カチカチになった太ももの外側の筋肉が、
比較的筋力の弱い内側の筋肉を引っ張ってしまい、
極度のガニ股を生み出してしまったと思われます。

いっけん男性に多そうですが、
メンタル的に極度の負担を受けている
女性の方にも同様の足の開きが見られます。

クライアントさま、ガニ股を治したく
必死にピラティスに通っているとお話しいただきました。

ピラティスに通うこと自体は良いことですが、
原因を考えず結果として現れた症状に対して、
何とかしよう!やっつけよう!と必死になることは、
治らない結果が余計に不安や焦りを生んでしまいます。。

原因はもっともっと別の場所にあります。
足の外側の硬さですら何かしらの【結果】です。

誤解をおそれずに申し上げますと、
今の状態を作り上げてしまったのは
【その人自身の判断と結果】の積み重ねです。

そのため、ご自身で経験したことから
解決に向けたヒントを得なければなりません。

ですが、頭で考えてわからないことばかりですので、
いま体がどういう状態で、どうすればラクになるのかは、素直に体に聞けばわかります。

先ほどの【みぞおちの痛みや緊張】は、
胸から頭に集まるエネルギーの現れです。

治療法としては、上に集まりすぎたエネルギーを下に降ろす、抹消に還すわけですが、
ここからがすこし難儀しました^^;

クライアントさま、体がみなぎり過ぎて、
皮膚を触ると「くすぐったい!」となります。

くすぐったい、または痛いと感じる反応は、
実は【体がみなぎっている状態】の現れです。
東洋医学で言うところの【実】(じつ)の状態です。

クライアントさま、今にも爆発しそうな身体の状態でした。
アラート役として群発頭痛が現れるのも無理ありません。
慎重に様子を見ながらゆっくりとツボに鍼治療を行いました。

みぞおちの硬さや痛みはすぐに無くなりました。
施術が終わると、心と体にゆとりが出来たのか、
こちらの話にも素直に答えてくれるようになりました。

群発頭痛が出はじめたのが今から9年前。

不調が出始める、出続ける原因の背景には、
【環境の変化】も大きく影響します。

お話を聞けば、ちょうどご自身で仕事を始めた時期だったそうです。

しばらくしてお子様も生まれ、公私ともに充実するなか、
休息時間もとれず、ひたすら突っ走ってきたのだと思います。

多忙のあまり心身ともにゆとりが無くなり、
素直さを失い、何故にこんなに痛くなる?
痛みをやっつけよう!となったそうです。

クライアントさま、仕事はバリバリできる人。
ご家庭では良いお父さんなのだと思います(^-^)

でも、体は主人に無理に気づいて欲しいから、
群発頭痛という不快でキツい症状を呈してでも、
何かを伝えたかったのだと思います。

食事も、弱ってはいけない、精をつけなくてはと
【にんにく】をよく摂っていたそうです。

これが実はめちゃくちゃ逆効果なんです、、

にんにくは、エネルギーを上へ上へと上げてしまう食べ物ですので、
胸から頭にかけて起こった火事に、油をそそぐようなものです。

食事の指導は、にんにく、唐辛子なとの刺激系は避けて、
酸味、苦味などエネルギーを下降させる食材を提案しました。

【医食同源】という言葉がありますが、世間一般的ではなく、
【その人に合った】食べ方をすることが何より大切です。

はじめての施術でしたので、一回で体質改善が出来るとは言い切れませんが、
それ以上に大切なことには少しでも気づけて頂けたのかな?と思いました(^-^)

鍼灸整体臨床【手術しても治らないと言われた膝の痛み】の施術(京都府京都市 30代女性)

2018.02.01 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,手術が必要な症状,生きるのがラクになる施術,糖質過剰による弊害,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療と整体の臨床例です。

京都府京都市からお越しの30代の女性。

主訴は【左足内側の痛み】

4ヶ月ほど前から急に痛みが出始め、
整形外科で水を抜くも症状が改善されず、
挙句に「筋肉をつけるようトレーニングしなさい」
「手術をしても治らない」と言われてしまったそうです。

おそらくドクター本人も原因がよく分からないのでしょう。
クライアントさまもかなりショックだったと思います。

回復に向けては「本当の原因に気づく」必要があると考えます。
目に見える部分はあくまで何かしらの「結果」でしかありません。

膝にはあらゆる原因が痛みとなり現れます。

当院ではその人だけの原因に寄り添う
施術とカウンセリングで解決のサポートをしています。

お腹の触診では全体的に硬い緊張がありました。
話を聞けば、5年前にお子様が産まれてから、
ずっと気を張っている状態だとお話しいただきました。

この状態では交感神経ばかりが優位になってしまい、
スイッチが切れずに十分な休息が取れない状態です。

自律神経のバランスを整え、腹部に現れた
緊張を取り除くよう施術を行いました。

“「ストレスを溜めるな」「無理しないで」
ってよく言われるんですけど、
リセットボタンが分からないんですよね。”

クライアントさまからのこの言葉、
まさにその通りだと思います。

心身のリセットは、本来なら頭で考えるものでもなく、
さーやるぞ!と意気込んでするものでもないんです。

ただ、心身ともに【ゆとり】が無い状態になっていると、
自然に知っているはずの休息の仕方を忘れてしまいます。

そんな時は安心して施術を受けてみてください(^-^)

当院の施術は【心身のリセット】に重きをおいています。
きっとご自身でも気づかないリセットボタンを押せると思います。

今回は膝の痛みに対しての施術でしたが、
基本的に患部をなんとかしよう!
という施術は行っていません。

頭で考えず、素直に身をまかせる。
体に現れたサインに従い施術を行いました。

施術が終わると
「嘘みたいに痛みが消えた!」
と嬉しい感想をいただきました(^-^)

痛みはあくまで「体からのメッセージ」
そしてラクになるヒントも含んでいます。

体に現れたサインや答えを受け取る施術で
痛みが出なくていいような状態づくりをしています。

【膝の痛み】に関するページもあります。
細かく原因についても記載していますので、
ご拝読いただけますと幸いです(^-^)

http://shitarapc.com/hiza

鍼灸臨床【耳鳴り、生理痛、肩こり】の施術 (大阪市東成区 20代女性)

2018.01.29 | Category: PMS・PMDD,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,便秘・下痢,冷え症,生きるのがラクになる施術,生理痛,眠れない・眠りが浅い,肩こり・首こり

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

大阪市東成区からお越しの20代の女性。

主訴は【耳鳴り】

小学生のころに聴力検査で引っかかり、
耳鼻咽喉科で診てもらうも原因はわからなかったそう。

普段はあまり気にならないが、疲れやストレスが溜まると
耳鳴りがひどくなる、とお話しいただきました。

他に気になる症状は、肩こり、胃腸の不調、
足の冷え、便秘、入眠しづらい、生理痛がキツいなど。

お腹の触診では、みぞおちに痛みと硬さがあり、
胸から頭にかけてエネルギーが集中している状態でした。

この状態は、不安やストレスなど、
目に見えない負担の影響がつよく、
スイッチがONのままの緊張状態を表します。

体の上ばかりにエネルギー(≒血流)が集中しているため、
手足やお腹や腰周りの血流が不足てしまい、結果生じた【冷え】により痛みを感じやすくなってしまいます。

そのため頭の方に集まりすぎたエネルギーを
下に降ろす、手足に送り還すよう施術を行いました。

施術が終わると「寝てた!!」と
スイッチがOFFになった様子でした。

ほか

「肩こりがラクになった」
「生理痛の痛みが無くなった!」

と嬉しい感想をいただきました^_^

心と体はつながっていますし、
体もパーツの繋ぎ合わせではありません。

目に見える結果だけが原因になるとは限りませんし、
頭で考えても仕方のないこともたくさんあります。

そんな時は、役割や担いを一旦傍に置いて、
【素の状態】の自分に戻ってみてください。

素の自分には、さぁやるぞ!と
意気込んで戻れるものでもありません。

そのためのリセットボタンてして
【施術】を受けてみてください。

治療院にお越しになる時間だけでも素の自分を感じていただけたら、
改善に向けて大切なことがきっと湧き上がってくると思います(^-^)

なぜ【繰り返し】施術を受ける必要があるのか?その意味とは?

2018.01.29 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

当院では慢性的な症状を中心に
【体質改善】を目的とした施術を行い、
根本からの不調の改善に力を入れています。

【自然治癒力】を引き出し体質の改善ができれば、
あらゆる症状は回復に向かいますので、
対応できる不調の種類はさほど問いません。

ただ、一度の施術で改善できる症状もあれば、
年単位で地道な努力が必要な症状もあります。

便宜上【治療】という言葉を使っていますが、
当院のスタンスはちょっと異なるかもしれません。

世間一般にいう【治療】には

「悪いものをやっつける」

というイメージがあるかもしれません。

ですが、当院では痛みや不調は、

「体からのメッセージ」「回復に必要なヒント」

と捉えているため最初から”悪者”とは見ていません。

では、なんのために【施術】を行うのか?

当院では、施術を受けることは
スキルや芸事を身につけるのと同じで、
ある種の【レッスン】だと考えています。

言うなれば、休息の仕方を思い出す、
よくなっている部分をしっかり感じる、
治る力を引き出すためのレッスンです。

【良い癖】を身につける必要があるんですね。

長年にわたり不調が積み重なった状態は、
カラダのセンサーが鈍感になってしまい、
回復している過程にすら気付けない事もあります。

逆に症状が進行しているにも関わらず、
センサーの働きが悪いと気づいた時には
重篤な状態になってしまう事もあります。

誰にでも本来備わった自然治癒力を引き出す、
些細な変化に対して感じる力を取り戻す
そのための手段が【施術】となります。

このことは施術がレッスンであると捉えて
「英会話」に例えを置き換えて説明します。

「Hello」「Goodbye」「This is a pen」

なら恐らく覚えたその日に使えますよね。
一回のレッスンでも身につくと思います。

ただ、長文の読解や会話となると、
単語の知識、文法、それらにまつわる
さまざまな知識と応用が必要になります。
理解して自分の言葉で喋るには長い期間を要します。

ただ、こつこつ続ければ知識や経験として身につきますし、
覚え方のコツや応用の仕方もわかり始めます。

レッスンは繰り返し受けるたびに学びや気づきがあります。
それにより理解が生まれ、工夫もできるようになります。

不調の改善に向けて施術を受けることも同じなんです(^-^)

どうしても自然治癒の仕組み上、
一回の施術で良くなる部分、
そうでない部分もあります。

ときに実感がわかない時もあるかもしれません。
効果の感じ方が頭打ちになってしまう事もあるかもしれません。
(↑実際にはプラスの効果が出てますのでご安心ください)

勉強にしろ、施術にしろ、
人間の体にインプットするには
【馴染む】ことが何より大切です。

ダイエットでも急に頑張りすぎると馴染みが悪くリバウンドしていまいます。
順調に痩せ始めても、効果を感じにくい時期もあります(←実際には効果は出ています)

受験勉強でも、くじけず、地道に、工夫しながら
頭に馴染ませていくしか方法はありません。

ですが、地道な努力と工夫により馴染ませ続けた結果、
違う景色が見えたり、初めて体感できる事があります。

レッスンですので、上達(=改善)すれば卒業がありますし、
スキルが錆びないように定期的にレッスン(=メンテナンス)を受けるのも
たいへん素晴らしいことだと思います^_^

カラダはいつでも治り方を知っていますし、
良くなるための方法も常に提示しています。

こちらに出来ることは施術とカウンセリングしかありませんが、
真摯に寄り添い、解決に向けて一緒に頑張れたらと思います。

人それぞれに生きてきた道のりが違うように、
根本の原因から治り方まで人の数だけ存在します。

ツラい痛みも不調も、あなたらしく生きるための大切なヒントです。

素直な気持ちで施術を受けていただき、
湧き出たヒントに目を向けていきましょう!

カラダに現れたヒントを読み解きながら、
あなたの勇気ある一歩にお応えできるよう
精一杯の施術とアドバイスを頑張ります^_^

たいへん長い文章になりましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

鍼灸臨床【五十肩の痛みが教える自分らしく生きるためのメッセージ】(大阪市西淀川区 60代女性)

2018.01.23 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,外反母趾,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪市西淀川区からお越しの60代の女性。
仕事は絵画製作。

主訴は【五十肩】
発症原因に思い当たることがなく、
日に日に痛みが増して肩の可動域が落ちているそう。

それに伴い気持ちも滅入ってくると、
ご紹介で来院いただきました。

患部が気になるため、3日に一回はマッサージを受けるも、
瞬間的にはラクになるが、のちに揉み返しがでるとのこと。

ご自身でマッサージ器具を患部に押し当てるも
マッサージ同様、一瞬ラク→もみ返しを繰り返す、そんな毎日が不安で、とお話しいただきました。

クライアントさま、会社の代表でもあり、
ご自身でもアーティストとしての活動がありと、
立場的にも担いが多く、ガス抜きがまったく出来ていない印象を受けました。

そのことは、足の内側にできていた
【外反母趾】からも察することができました。

——————————————–

外反母趾とは?

指のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで結果、親指が小指側に曲り変形した状態。足に合わない靴を履いている場合になりやすく、女性に多く見られる。特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われている。幅の広すぎる靴を履くことにより足が前に滑り、捨て寸の部分につま先が入り込んで圧迫され、発症するケースもある。症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになる場合がある。子供や男性にも発生する。同じ要因によって外反母趾とは逆に足の小指が親指の方向に曲がってしまう症状は内反小趾(ないはんしょうし)と呼ばれる。

※点線内、写真、文章ともにwikipediaより抜粋

——————————————–

↑は整形学的にみた解釈なのだと思いますが、
よく聞くキーワードに【かかとの高い靴】があります。

本当にそうでしょうか?
クライアントさま、踵の高い靴は履かれません。

実際にヒール👠を履いて外反母趾が起きるのであれば、
運動学的に見た歩行周期を考えると、
足が一番最初に地面に設置するのは
【足の外側、小指側】になります。

足の内側が設置するのはそのあとです。

ですが、外反母趾が起こる箇所は
決まって【内側、親指側】です。

内反小趾の説明も↑にありますが、
生活の中で耳にすることはありますか?
外反母趾の方が発症は圧倒的に多いのです。

親指側にはアライメントを考えても負担はかかりやすいですが、小指側にくらべて発症率に大きな差があるように感じます。

ここで臨床経験をふまえた
若干不思議な話に入ります(笑)
興味のない方はスルーしてくださいね^^;

外反母趾の患部の周囲には、
経絡的には、足の厥陰肝経、
足の太陰脾経が流れています。

不安や考えごと、ストレスや我慢の反応が
非常に影響しやす場所になります。

これらが特に影響することは

・素直に自分らしく生きられていない
・何かしら締め付けにあっている、あってきた
・自分が一歩引いてまで他人の要望に応えている

など、本当にしたいことや想いがありながら、
それをできていない時に反応が出やすくなります。

実際、臨床の現場でもクライアントさまに質問すると、
全員とは言いませんが、大半の方からは、

・自分を二の次にしていた
・自分に優しくできていなかった
・犠牲にしてきたことが多かった
・こんな事(文句や弱音など)言っちゃダメと思ってた

とおっしゃるケースが非常に多いのです。

実際に今回のクライアントさまの場合も同じでした。

自分の気持ちを無視してまで懸命に頑張っていた、
そんな時にこの肩の痛み。なぜ今?と、
気持ちがネガティブになっていった、と。

お話をする中で、湧き上がる想いや、
腑に落ちることがあったのだと思います。

とくに患部の施術はしていませんが、
施術がおわると表情もやわらかくなり、
痛みはどこかに行ったようでした。

「私、ずっと旅行に行きたかったんです」
と、にこやかにお話しいただきました(^-^)

後日、ご紹介者さまから連絡があり、
「一週間くらい旅行いってくる!」
とお出かけになったそうです(笑)

検査や目に見えてわかること以外に
実は大切な気づきがあったりするので、
なかなか伝わりにくいこともあります。

ですが、体はいつでもあなたの最大の味方であり、
治し方すらいつでも教えてくれています。

痛みや不調は決して敵ではなく、
生きやすくなるためのヒントなのです。

心地よい刺激だと気付いてもらえませんから(笑)
敢えて不快な刺激となって主人に伝えたいんです。

痛みや不調からのメッセージを読み解きながら、
その人らしく生きるヒントをお伝えできれば幸いです(^-^)

当院の【五十肩】のページにも原因をはじめ、根本的な部分を記載しています。

↓↓

http://shitarapc.com/katakori

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分