- Blog記事一覧 - 糖質過剰による弊害の記事一覧

糖質過剰による弊害の記事一覧

【世界一わかりやすい花粉症講座】根本改善に必要な対策とは?その③

2018.03.07 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える健康観,糖質過剰による弊害,花粉症・アレルギー性鼻炎・ちくのう症

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

花粉症の根本的な改善に向けて、シリーズ化して記事を書いています。

これまでには、

・花粉そのものは悪くない
・問題は人間側にある
・胃腸における負担が影響する

など内容をお伝えしてきました。

その①

http://shitarapc.com/post/post-1999 

その②

http://shitarapc.com/post/post-2015

3回目では、胃腸にかかる負担について、
もうすこし噛み砕いて書いていきます。

胃腸にかかる負担のひとつ、
それは【物理的な負担】です。

ひとことで言えば【食べ物】🍙🍜です。

「医食同源」という言葉があるように、
食事とカラダに現れる症状は密接に関係しています。

では、花粉症がおこりやすい食事とは何なのか?
改善のためにはどうすれば良いのかを書いていきます。

お腹に強いエネルギーが集まると
鼻にある鼻粘膜にその状態が影響します。

そうなると外的要因に対して敏感になり、
花粉症がひどくなってしまいます。

よって

【エネルギーの強い食べもの】

を避けていく必要があります。

何を食べるかより、何を避けるかのほうが
工夫がしやすく効果的です。

具体的な例を挙げていきますと

・砂糖🍰
・果糖🥝
・小麦🍜
・唐辛子🌶
・にんにく
・牛由来の食べ物🐮
・お菓子全般🍩
・カタカナの添加物全般🍟

などが挙げられます。

可能であればこれらすべてを抜いてみてください。

にんにくや唐辛子は滋養強壮のイメージがありますが、
カラダの中で火事が起こるような状態をつくり、
エネルギーを上へ上へとあげてしまうため、
花粉症がつらい方は避けた方が良いでしょう。

果糖は果物全般に含まれヘルシーなイメージがありますが、
バナナ一本🍌で角砂糖にして約4個分の糖分を含んでいます。

これらの食材は、花粉症に限らず
すべての不調に共通します。

食事の工夫ができれば、カラダが軽くなり、
疲れにくくなり、体調が激変します。

ただ、飽食の時代ですから、これらすべてを抜くのは
市販されたものを買う限り避けられない部分もあります。
(カタカナの添加物あたりは特に)

ですので、何も考えず、日常的に食べてしまっている方は、
少しずつ減らす、またはご褒美として食べるなどルール作りをして
カラダの状態を感じながら、食事の工夫をしてみてはいかがでしょうか?

私も甘いお菓子は好んで食べませんが、頂けば食べますし、
牛肉も好きですので、不買運動をしている訳ではありません。
あくまでカラダがラクになるための観点で話をしています。

エネルギーの強すぎる食べ物は
【付き合い方】がとても大切なんですね。

お菓子ばかりを食べて健康な体にはなりませんし、
牛乳、牛肉ばかり食べては脂で血管が詰まって病気になります。
コンビニばかりで食事を済ますと体によくない事は皆さんも周知のことと思います。

ですので、摂取する頻度の調整や独自のルールを作るなど、
食品との付き合い方をしっかり考えることが
体に現れた不調を根本から改善するために
とっても大切な考え方になります(๑・̑◡・̑๑)

可能な工夫としては、

・簡単、シンプルな料理でいいので自炊をする
・なるべく安価な量産品をさけ【品質】にこだわって食べる
・流し込まず、しっかり噛んで食べる癖をつける
・嗜好品は「ごほうび」として食べる
・過食、暴飲暴食はしない
・排出、デトックスを意識する
・牛肉を魚や豚肉に変える
・野菜をたくさん食べる
・摂取したエネルギーを運動でしっかり使う

など、出来ることから意識するのが良いでしょう。

あとは自分の感覚、実感をきちんと信じること。
食べてシンドイ、違和感なら、その人には合ってないんです。

急にすべてを変えることは正直難しいと思いますが、
少しずつ一歩を踏み出すことが根本からの改善にとって、
施術と同様に大切である、と考えています。

引き続き、花粉症講座もご覧いただけたら幸いです(^-^)

鍼灸整体臨床【手術しても治らないと言われた膝の痛み】の施術(京都府京都市 30代女性)

2018.02.01 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,内臓治療,手術が必要な症状,生きるのがラクになる施術,糖質過剰による弊害,膝の痛み,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療と整体の臨床例です。

京都府京都市からお越しの30代の女性。

主訴は【左足内側の痛み】

4ヶ月ほど前から急に痛みが出始め、
整形外科で水を抜くも症状が改善されず、
挙句に「筋肉をつけるようトレーニングしなさい」
「手術をしても治らない」と言われてしまったそうです。

おそらくドクター本人も原因がよく分からないのでしょう。
クライアントさまもかなりショックだったと思います。

回復に向けては「本当の原因に気づく」必要があると考えます。
目に見える部分はあくまで何かしらの「結果」でしかありません。

膝にはあらゆる原因が痛みとなり現れます。

当院ではその人だけの原因に寄り添う
施術とカウンセリングで解決のサポートをしています。

お腹の触診では全体的に硬い緊張がありました。
話を聞けば、5年前にお子様が産まれてから、
ずっと気を張っている状態だとお話しいただきました。

この状態では交感神経ばかりが優位になってしまい、
スイッチが切れずに十分な休息が取れない状態です。

自律神経のバランスを整え、腹部に現れた
緊張を取り除くよう施術を行いました。

“「ストレスを溜めるな」「無理しないで」
ってよく言われるんですけど、
リセットボタンが分からないんですよね。”

クライアントさまからのこの言葉、
まさにその通りだと思います。

心身のリセットは、本来なら頭で考えるものでもなく、
さーやるぞ!と意気込んでするものでもないんです。

ただ、心身ともに【ゆとり】が無い状態になっていると、
自然に知っているはずの休息の仕方を忘れてしまいます。

そんな時は安心して施術を受けてみてください(^-^)

当院の施術は【心身のリセット】に重きをおいています。
きっとご自身でも気づかないリセットボタンを押せると思います。

今回は膝の痛みに対しての施術でしたが、
基本的に患部をなんとかしよう!
という施術は行っていません。

頭で考えず、素直に身をまかせる。
体に現れたサインに従い施術を行いました。

施術が終わると
「嘘みたいに痛みが消えた!」
と嬉しい感想をいただきました(^-^)

痛みはあくまで「体からのメッセージ」
そしてラクになるヒントも含んでいます。

体に現れたサインや答えを受け取る施術で
痛みが出なくていいような状態づくりをしています。

【膝の痛み】に関するページもあります。
細かく原因についても記載していますので、
ご拝読いただけますと幸いです(^-^)

http://shitarapc.com/hiza

鍼灸臨床【アトピー性皮膚炎の臨床。治る力を引き下げる”3大NGワード”とは?】(大阪府東大阪市 30代男性)

2018.01.23 | Category: アトピー性皮膚炎,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,糖質過剰による弊害,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府東大阪市からお越しの30代の男性。
仕事は医療職。

主訴は、慢性的なアトピー性皮膚炎。

どこに行っても、何をしても良くならない、
と、ご紹介で来院いただきました。

症状は何十年と続いており、
昔からご両親に連れられて、
効くと言われれば何でも試したそう。

【試す→効かない】を繰り返すたび、
ご自身のなかである事が根付いてしまいました。

「どうせ、何をしても治らない」

大変なご経験をされたので無理もないと思います。

ましてや自分の意思ではなく、
連れられて、試されて、結果が出ない、
では、そう思うのも無理はないと思います。

ですが、

「でも、どうせ、やっぱり」

の言葉は、治る力を極端に低下させる3大NGワードになります。
ポジティブな変化ですらマイナスに引き戻す強い力があります。

ツラい体験として刷り込まれたことですので、
この意識を変えるには、きっかけとして
強烈な体験、実感が必要になります。

しっかりとカウンセリングでお話を伺い、
自律神経のバランス調整、内臓機能の向上をはかるべく、
根本的な部分の治療を行いました。

お腹の触診ではみぞおちが硬く、痛みがありました。
これらは緊張やストレスの溜め込みで見られる反応です。

聞けば職場での立場が変わり、責任や担いが増えて
プレッシャーがあり、かなりストレスを溜めていたそうです。

加えて食事はコンビニで済ませる事が多く、
自炊はなかなか出来ていないとのこと。

ストレスの発散、摂取する食事の内容は、
アトピー性皮膚炎の改善にとって非常に大切です。

そもそもアトピー性皮膚炎の
【根本の原因】は一体何なのか?

現代医学では皮膚科の病気になりますので、
病院では皮膚に直接塗布する薬が出されます。

当院では、皮膚そのものに原因はなく、
体内に巡る【血液の病気】であると考えています。

摂取した食べ物は、胃と肝臓で処理されて全身に行き渡ります。

肝臓は、栄養を溜めたり、解毒をする働きをしますが、
過剰に栄養を溜め込んだり、解毒可能な量を超えてしまうと、
皮膚に毒を放り投げてまで解毒を行おうと働きます。

本来であれば皮膚において発汗がその役割を担うのですが、
発汗で解毒が間に合わなくなってしまうと、
皮膚上に毒を放り投げてまで処理をしている状態が生まれます。

それこそがアトピー性皮膚炎の本質だと考えています。
皮膚のカサつき、めくれ、ヒビ割れも同じ原因で起こります。

さらにその状態に負担をかけるのが
ストレスや不安など、精神的な負担です。

“頭に血がのぼる”、”はらわたが煮え繰り返る”

という言葉があるように、それら目に見えない
エネルギーの負担は実際にはかなり強く、
体のなかでマグマが湧き上がるような状態になります。

特にクライアントさまは、頭の皮膚の症状が気になるとお話しいただきました。

まさに、頭に血がのぼる状態になり、
頭皮に影響したと考えられます。

ですので、根本的な解決に必要なことは

↓↓

①食事の内容を変える
・簡単な調理法で良いので自炊を心がける
・血液が濁る食べ物は控える(砂糖、小麦、牛に関する食材(牛肉や乳製品)
②ストレス発散を意識する
③定期的にウォーキング(早歩き)を行い、肝機能と発汗の向上を図る
④前向きな気持ちで工夫に取り組む

↑↑

をアドバイスして施術と併用していく提案を行いました。

アトピー性皮膚炎の根本からの改善には、
施術者とクライアントさまの二人三脚による
協力体制が非常に重要になります。

皮膚の状態に変化が現れれば気持ちも前向きになります。
あせらず、くじけず、地道な工夫を続ける事が大切です。

過去にアトピー性皮膚炎でこられたクライアントさまも
初めは気持ちも塞ぎがちでしたが、変化を実感いただく過程で、
表情も気持ちも明るくなり、ご自身でも工夫を続けることで、
劇的なスピードで改善された方もいらっしゃいます^_^

今回ははじめての施術でしたが、
前半はアドバイスをしながら施術をおこない、
後半は日頃から入りっぱなしだったスイッチをOFFにするべく、
しっかり休息をとっていただきました。

施術後は、こんなにスイッチが切れたことは無かった
と、穏やかな表情でお話しいただきました。

自然の仕組みとして今までのツケが一度で全てが解決することは中々難しいですが、
施術を通じて、大切なことに気づき、
前向きに取り組むきっかけになれば嬉しくおもいます(^-^)

環境の変化と膝の痛みの関係

2017.07.07 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,むくみ,内臓治療,眠れない・眠りが浅い,糖質過剰による弊害,肩こり・首こり,膝の痛み,自律神経系の治療,足がつる

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

整形外科でヒアルロン酸注射や水抜きを行っても

解決しない膝の痛みは当院にご相談ください。

 

↓↓

 

鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪府熊取町からお越しの50代の女性。
お仕事は会社の総務をされています。

 

はじめて当院にお越しいただいた時の主訴は
”夜間に足がつって目がさめる”という内容でした。

 

毎晩のように足がツルので、
ギリギリまで眠くなるのを待ってから
布団に入る、という大変な状態でした。

 

お話を伺ったところ、会社のことで
ストレスを過剰にかかえる状況にありました。

 

東洋医学では、怒りや緊張は「肝」に影響します。
厳密には異なりますが、≒肝臓として話をします。

 

肝に負担が大きくかかると、転筋がおこります。
「こむら返り」「足がつる」が出やすくなります。

 

肝臓が疲弊すると肝臓で作られる
水の再吸収に関わる血漿タンパク、
アルブミンの働きが悪くなり、足がむくんだり、
つりやすくなるのでは?個人的には考えています。

 

肝臓につながる門脈の吸収形態の改善を意識した
体内の水の巡りを整えるよう鍼灸治療を行いました。

 

2回ほど施術をおこなうと、以前に比べて
劇的に症状が消えた、と嬉しい報告をいただきました。

 

今でも無理をした時は足がつりますが、
以前に比べると症状の現れ方に
雲泥の差がある、との事でした。

 

久々に足のつり、肩のこり、そして膝の痛みが
出ていてシンドイとお越しいただきました。

 

聞けば最近お勤め先の状況がガラリと変わったそうで、
人事に異動があり、ほぼ変更になったそうです。

 

環境が変わるだけで人間の体は
緊張してしまい、不具合が生じます。

 

例を挙げるなから、本来は楽しい旅行のハズなのに、
旅先に行くだけで便秘になる人は少なくありません。
いつもの生活をしている環境と異なるため、
交感神経が優位なり、無意識に緊張してしまいます。

 

膝は内側の少し上よりに痛みが出るとのことでした。

 

ストレスを溜め込んだり、緊張状態が続くと
太ももの外側→外側広筋、長脛靭帯のあたり
(足の少陽胆経の部分、気をつけの姿勢で出が触れる場所)
が緊張状態となりカチカチに張ってしまいます。

 

足の筋肉は外側に比べると内側が弱いケースが多く、
硬く張った外側の筋肉に引っ張られた結果、
膝の内側に痛みが生じます。

 

同時に、太ももの前面や内側には
胃腸のツボの経絡(通り道)があり、
ダイレクトに胃腸の負担が現れます。

 

加えて砂糖など糖質の過剰摂取をしていると
関節の緩みによる痛みも出やすくなります。

 

クライアントさまに尋ねてみると
暴飲暴食と甘いものは沢山食べていたそう(^^;

 

環境が変わりストレスが強くかかると
脳が発散を要するために過食に走る傾向があります。
状況が大変でしたので、お気持ちは大変わかります。

 

内臓機能と自律神経を整える施術を行いました。
施術が終わると笑顔になり、ラクになったと感想をいただきました。

 

今後の予防策として今回の事例を参考にしていただき、
ご自身でも体調管理の工夫が行えるよう
指標にしてらいただければ幸いです^_^

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

日曜

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた【口コミ】もご覧いただけます。