-子宮筋腫・子宮内膜症 | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケア

子宮筋腫

子宮の壁にできるコブのような腫瘍。腫瘍そのものは良性。ただし経血量が多くなる、生理痛がひどくなる、不妊症の原因となるなど、副作用につながる可能性もある。

子宮内膜症

子宮の内側にしか存在しないはずの内膜組織が、子宮の外(膣、卵巣、腹膜など)にあらわれ、増殖、剥離を繰り返す症状。性交時に痛みをともなうことが多い。

原因

  • 子宮に血が集まりすぎている状態
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 乳製品の過剰摂取
  • 砂糖の過剰摂取
  • アルコールの過剰摂取
  • ストレスなど精神的な負担 など

一般的な治療法

  • 子宮筋腫

筋腫そのものの摘出手術、ホルモン療法、低容量ピルの服薬など。特殊な治療法として超音波で焼ききる焼灼療法(費用は50~100万円)がある。

  • 子宮内膜症

ホルモンバランスを整えるための内分泌療法、痛みを抑えるために鎮痛剤を服薬するなど。卵巣にチョコレート嚢胞(のうほう)がある場合は、今後のリスクを考慮して手術をすることも多い。

当院での治療法

一般的に病院でおこわなれている治療法としては、組織の摘出手術と服薬がメインとなる。

ただし、なぜ子宮筋腫、子宮内膜症になったのか?に気づいて、工夫をしていかない限りは、いくら手術で病変した組織を取り除いても再発するリスクがある。

原因は不明とされることが多いが、そのほとんどは「嗜好品」(お菓子、ジャンクフード)を食べることによる、ホルモンバランス~血流の乱れが原因となることが多い。

とくに砂糖、乳製品は、子宮に大量に血を集めてしまうため、絶対的に避ける必要がある。

嗜好品の摂取でホルモンバランスが乱れ、エネルギー過剰になった血流が子宮に流れ込むと、栄養、酸素を大量にふくんだ血液が組織に流れ込み成長させてしまう。

子宮筋腫、子宮内膜症ともに良性の腫瘍(腫瘍そのものは悪くない)だが、成長した組織が周辺の組織を圧迫するため、2次的に副作用につながるリスクがある。

それ以外では、ストレスなど精神的な負担の影響により、嗜好品と同様に子宮に血を集めてしまうことにより発症する。

当院では、鍼灸治療をおもに行い、子宮に血をあつめないよう、ストレスを緩和するような施術をおこなっている。

子宮筋腫、子宮内膜症ともに、閉経すると症状がなくなる、病変した組織が小さくなるというのはご存知でしょうか?

よって子宮に血をあつめないことが、なにより解決に必要な方法となる。

同時にセルフケアとして、砂糖や乳製品を摂らないように努力することで、腫瘍が小さくなったり、子宮内に病変組織がある場合だち、サイズが小さくなれば月経時におりものとして排出される可能性もある、婦人科の検診で、大きくなるリスクがあったけど、全然成長していない、と嬉しい報告を聞くことおおおい。

先進医療で手術を受けることが莫大な金額がかかるためオススメできない。仮に最先端の手術を受けたから再発しないのか?と聴かれると答えでNOである。

あくまで、なぜ子宮筋腫、子宮内膜症になったのか?に気づいて、自分でも食べ物やストレスコントロールをしながら、しっかり施術を受けることで間違いなく症状はラクになる。

婦人科系の症状外の痛みや不調も同時にラクになるため、安心して任せていただければ幸いです。

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

木・日曜日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約8分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約15分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。