-東洋医学と西洋医学の違いとは? | 大阪(堺筋本町・谷町四丁目・長堀橋) したらパーソナルケア

「西洋医学」・・一般的に病院で行われている医療。近代医学・現代医学とも言う

    <メリット>

  1. 科学的根拠(エビデンス)に基づいた診察・治療が可能
  2. 医療機器を用いた画像診断、手術、病名の診断が可能
  3. 命の危機にかかわる緊急事態に優先的に対応できる
  4. 傷や怪我など目に見える患部の処置に優れている
    <デメリット>

  1. 目に見えない、検査結果で異常がみられない自覚症状に弱い
  2. 薬を処方することが主な治療手段になる
  3. 痛みや命の危険に関わらないことは優先されにくい
  4. 体をパーツごとに診るため心身一体の見立て・治療ができない

「東洋医学」・・・中国医学をベースに発展した医療。2000年ほど前に基礎が確立

    <メリット>

  1. データやエビデンスにとらわれない治療が可能
  2. 自然治癒力を高めながら根本的な解決が可能
  3. 薬を用いず体内の成分を調整する自然な治療法である
  4. 季節や食事、心と体など様々な関係から問題を見つけることができる
    <デメリット>

  1. データの計測、エビデンスを出すことが難しい
  2. 病状の診断・薬の処方・手術ができない
  3. 命の危機をともなう緊急の症状に弱い
  4. 施術の効果の出方に個人差がある

西洋医学・東洋医学ともに、メリット・デメリットがあります。どちらかが優れているということはありません。医学というキーワードは同じですが、そもそもの成り立ちが違うのです。

一番大切なことは【目的に合わせて利点を使い分ける】ことだと思います。

明らかに不調が続いているのに、検査も受けずに自然な治癒を待つ、または自然な治療法にこだわるばかりでは、さらに回復を遅らせる可能性があります。

または薬を飲んでも一向にラクになる実感がない場合は、言われたままに飲み続けるだけでなく、他の手段を試すことも大切です。

お互いの医学の利点・劣る点をしっかり認識したうえで、上手に使い分けることが治癒に向けての近道となります。

当院は、東洋医学をベースにした鍼と整体の治療院です。西洋医学のデメリットを補いながら、多くのクライアントさまの健康づくりをサポートをしてきました。

鍼治療はたいへん優れた治療法です。私自身、この治療法で人生が変わりました。ただ、世間のイメージとしてまだまだ身近なものにはなっていないように感じます。

当院にこられるクライアントさまの中には、鍼治療が初めての方もいらっしゃいます。

鍼への抵抗を興味に変えていただけるよう、できる限りわかりやすい言葉で説明をおこない、効果を実感いただきやすい施術を心がけています。

ご自身ではなかなか気づきにくい根本的な問題点にフォーカスしながら、からだの芯からお悩みの改善ができれば嬉しく思います。

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

水・日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。