- Blog記事一覧 -価値観 | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

価値観 | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

感じるままに気づく世界が癒しにつながる

2017.08.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

痛みや悩みから解放され、

自分らしく生きられる方が増えるよう

施術とカウンセリングでサポートしています。

 

↓↓

 

最近、カウンセリングに時間を費やすケースが増えて来ました。
問診はしたり、しなかったりとアッサリしてますが(^^;

 

その人が生きて来た中で構築して来た
価値観や考え方に踏み込むわけですから
なかなか理解してもらえないこともあります。

 

ただ、こちらの考えを強要している訳ではありません。

 

こんな考え方、世界観もあるんだよ、
今のシンドい状態の解決には、
もしかしたらヒントになるかもしれませんよ、
なニュアンスです(^-^)

 

すぐに理解できることでもないですし、

もしかしたら理解できないかもしれません。

でも、それでいいんです。

 

疑問は解決していくに越したことはありませんが、
常に思考がフィルターとなっていると
感じる力を忘れてしまいます。

 

そのような方は目に見えるデータや数値、

絶対的な安心感を要求します。

その背景には見えない恐怖への不安がつきまといます。

 

人間は成長していく過程で、経験や立場が増えるにつれ、
こうじゃなきゃいけない、◯◯なんだから我慢しなきゃ、
◯◯なんてしてはいけない、が増えて来てしまいます。
時にそのことが自分で自分を苦しめてしまいます。

 

誤解を招く表現かもしれませんが、
あなたを縛り苦しめているのは
他の誰でもない【あなた自身】です。

 

わかりやすいのが、不安や思い込みです。

 

一見、誰かが与えてくるように見えますが、
自分の経験やフィルターを通じて情報を処理して、
マイナスの受け取り方をしているに過ぎません。

 

解決するためには意識の向け方や
考え方を見直す必要があります。

 

未来への漠然とした不安や恐怖を取り除くには、

いまこの瞬間をきちんと感じることだと思います。

頭で考えて感じよう!とは違います。

 

そのためには、自分の気持ちを素直に感じること。

 

ブルース・リーも言いましたよね(笑)

Don’t think , feel。考えるな!感じろ!と。

そこに対してどう向き合うかが大切になります。

 

かっこ悪くたっていいんです。
こうでなきゃ!をどんどん外して
ありのままの自分を感じてみませんか?

 

自己判断、決断に勇気がいるかもしれません。
時に不安を覚えることもあるでしょう。

 

何事にも言えますが、現状を変えるには
一歩踏み込むことは大切です。

 

世の中、すべて自己判断、自己責任です。

 

他人があなたの人生をいきる訳ではありません。
他人の言うことに責任は伴いません。
他人のアドバイスを真に受けて失敗、
なんて最高に悔しくありませんか?

 

そのためにはの他人の意見に振り回されないよう、
自分軸や、芯の強さを養うことも大切です。

 

物事を判断するための感度を高め、

視野を広げることも必要になるでしょう。

 

アドバイスはあなたにとって腑に落ちる、
納得いくものかを自分で判断する必要があります。

 

世の中には多くの手法があります。

 

気分を落ち着かせるためにこうしましょう、
モノの見方はこう捉えましょう、など
あらゆるメソッドに溢れています。

 

ただ、その人の腑に落ちていないのに
手法をやる→効果がない→頭が混乱する、
しんどくなる、では本末転倒です。

 

やはり自分軸をかためる、そのために
自分のありのままの気持ちを感じることが
物事を自分で判断する目を養い、
あなたらしく生きる、その結果、
体の症状がラクになる、と考えています。

 

生きていれば、迷うことや辛いことは多々あります。
パッと見、シンドいことも起こりますが、
大切なメッセージを伝えていることもあります。

 

身に起こることから学ぶことで、
初めてその人の血肉となり財産となります。

 

あなたらしく生きる、結果カラダの症状から解放される、
人生が好転するサポートを施術を通じて丁寧にお伝えしています(^-^)

スタープレイヤーの苦しみ。価値観の違いに寄り添うには?

2017.07.14 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,内臓治療,生きるのがラクになる施術,自律神経系の治療

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

価値観の違いや思い込みからくる不安や焦りを

カウンセリングと施術でサポートしています。

 

↓↓

 

鍼灸、整体の臨床例です。

 

大阪市西区からお越しの50代の女性。
保育士をされており、かなりのベテランです。

 

春から職場が変わり新体制でのスタート。
しっかり者のキャラクターと長年の経験で
親御さんや子供達からの信頼もあつく、
職場になくではならない存在です。

 

特に小さなお子さんがよくなつき、
出番が多くて帆走する毎日だそう。

 

ただ他のスタッフは経験が浅く、若い人が中心。
仕事に対する取り組み、熱量の違いから
人為的なトラブルも出ているとのこと。

 

ただでさえ忙しいクライアントさま。
ですが、クレーム処理にも抜擢されます。

 

当然、周囲に対して苛立ちもしますし、
注意もよくするそうです。
ですが、スタッフの働きぶりは変わりません。

 

「私の動きをなぜ見ていないの?」
「どうして同じことができないの?」

 

周囲へストレスをつのらせると同時に、
体を壊してしまい食べ物もろくに通らないほど
疲弊しきってしまい、久々に来院いただきました。

 

正直デリケートで、難しい問題だと思います。
クライアントさまの言いたいこともわかりますし、
職場の管理不足、他の従業員の教育研修など、
様々な角度から改善していかなければなりません。
改善できない部分もあるでしょうし、
時として就業面での線引きも大切です。

 

これ以上、トラブルが起こるのを
見るに見かねたクライアントさま。

 

悪循環なことに「じゃあ、私がやらなきゃ、、」と
一番いってはいけない方向にベクトルが向いてしまい、
現場の多くを請け負ってしまい、心身ともにくたびれてしまいました。

 

価値観や固定観念というのは人の数だけあります。
その人が生きてきた人生経験の積み重ねであり、
各々が自分が正しいと思い込んでいる考え方です。

 

正直、価値観を擦り合わせ、お互いが歩み寄り、 納得する答えを出し、問題を解決するのは非常に困難です。

 

「伝え方」も大切になりますし
「引き際」も大事です。
余裕がないとなかなか意識できません。

 

そして自分の中に余裕がない状態はさらなる
シンドい出来事を引き寄せてしまいます。

 

自分の気持ちを押し込め切ったまま、
なんとかしなきゃ!と担いを背負って
ひたすら帆走する状態は、自分自身にも
周囲にとっても危険な状況を招きます。

 

仕事ができる方、責任感が強い方に
見られる特有の悩みだと思います。

 

自分はこんなにやってるのに!と
見返りや認知されたい気持ちが強く出てしまい、
正しいと思うことをやっているのに職場で孤立してしまう、
より深い葛藤に襲われる、悪循環につながります。

 

昔の自分も同じような経験をしました。
組織が根本から変革することでも無ければ、
従業員の姿勢を変えることは本当に難しいんです。

 

人それぞれの正解はその人の中に既にありますから(^-^)

 

解決するためには、人を変えようと思うのではなく、
まずは自分の中にある不変で本当の正解に意識を向ける、
すなわちホンネをじっくり素直に感じる必要があります。

 

「本当の自分はどうしたいのか?」

 

まずは自分軸をしっかり固める必要があります。
ブレない自分をつくった上に、身の振り方があって
初めて物事が動き出すと思っています。

 

手法やテクニックなど、思考が優先した状態では何も解決しません。

 

クライアントさまはありがたい事に話を聴いてくださる方なので、
心と体のリセットがトラブルや壁にぶつかった時ほど、
一番大事なんです、という話も耳を傾けてくださいました。
ご自身なりに気づいて腑に落ちて軌道修正できたみたいです(^-^)

 

どんな状況であれ、
自分を二番手にしてまで
他人を優先する必要はないと思います。

 

これは決して他人を突き放すのではなく、
あくまで自分の意思と判断で
責任をもって行動するための練習です。

 

その結果、良いことも悪いことも起こりますが、
実はそこに生きていく上で大切なヒントが含まれています。

 

すぐに気づけることもありますし、
何年も経ってふと気づくこともあります。
自分らしく生きるためのレッスンなんです。

 

慢性的な症状の改善にも実はすごく大切なことなんです。
自分判断、自己責任で意識や行動を素直に変えていける人ほど
何事も他人のせいにしないため、症状は劇的に回復していきます。

 

今回のようなケース、どうしても他人の意見が気になるのなら
「私はこう思ってるんだけど」とまず自分の素直な気持ちを伝える。
そこから相手の気持ちを聞いてあげると相手も話しやすいと思います。

 

一方的に「あなたはどう思ってるの!」や
答えを期待した質問は意味を成しません。

 

ある意味、期待も何もせず、自分も相手も
ありのまま、素直なままが一番の解決の近道です。

 

クライアントさま、現場ではシンドい思いをされましたが、
その背景にある大切な事に気づくきっかけになれば
大きな収穫があったのではないかと思います。

 

もちろん施術後はスッキリした表情をされていました。

 

的確な施術と「そっか!」「なるほど!」
といった素直な気づき、納得が大切ですね(^-^)

 

仕事やプライベート問わず、
どこか生きにくさを感じている方は
気軽にご相談いただければ幸いです。

 

頭で考えているうちは治らない

2017.05.18 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区の鍼灸整体院

したらパーソナルケアです。

 

 

思い込みやとらわれを外すことで

体本来の働きを取り戻します。

 

 

↓↓↓

 

 

「私って◯◯じゃないですかー」

 

 

と聞かれたら

 

 

、、、

 

 

、、、

 

 

知らんがな、、笑

 

 

と言いたくなることありませんか?^^;

 

 

確かにそうなのかもしれませんが、

その状態は、言い換えると、

 

 

「本当の自分だと思い込んでいる状態」

 

 

となります。

 

 

意識できる、その人の一部分を表した状態です。

意識があれば、無意識があります。

 

 

意識が1割なら、無意識は9割です。

 

 

つまり

 

 

本当の自分は9割の中にいっぱい隠れています。

言わば、この9割の部分が、

自動的に体を調整し、守っています。

 

 

臨床経験上での話ですが、痛みや病気は、

 

 

「本当の自分を生きれていない時」に現れます。

普段、思考が優先しすぎる生活をしていると

頭で考えられる事にしか目がいかなくなり、

自ら不安や迷いを生じさせ、大切な気づきや

体からのメッセージを見落としてしまいます。

 

 

自らの曖昧な決めつけは、繰り返すことで

脳にインプットされてしまい、いつしか

本当の原因になることもあり危険です。

 

 

痛みや病気にしても同じです。

体は本来、治り方を知っていますし、

無意識のうちに体にヒントが現れています。

 

 

いくら優れた手法やエビデンスがあれど

それだけで根本から解決することは難しいのです。

人間って、そんなに単純じゃないですから^^;

 

 

100人の人がいれば、100通りの原因と治り方が存在します。

なので、一番早く、答えがブレない解決法は

 

 

「その方の体に聞く、どうしたいのかを問う」

 

となります。

当院の施術は「無意識へのカウンセリング」です。

体の反応を受け取りながら、体の希望を表現できるようお手伝いをしていきます。

 

 

共同ならぬ、共動作業をすることで、閉ざされた治癒力の扉を開けていきます。

 

 

自然治癒力。それはどんな名医にも勝る、素晴らしいパワーです。

 

 

解決に向けた答え、そして回復する力は

いつもあなたの内側に備わっています。

施術を通じて、無意識さんのメッセージに気付けるよう

 

本当の自分を感じていただけるようお手伝いをしています^_^ (さらに…)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

開院日

火・水・金・土 (※祝日が重なる場合も開院)

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約8分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約15分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。