- Blog記事一覧 -当院の考える【治る】【治癒する】とは? | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケア - Part 10の記事一覧

当院の考える【治る】【治癒する】とは? | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケア - Part 10の記事一覧

感じるままに気づく世界が癒しにつながる

2017.08.12 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

痛みや悩みから解放され、

自分らしく生きられる方が増えるよう

施術とカウンセリングでサポートしています。

 

↓↓

 

最近、カウンセリングに時間を費やすケースが増えて来ました。
問診はしたり、しなかったりとアッサリしてますが(^^;

 

その人が生きて来た中で構築して来た
価値観や考え方に踏み込むわけですから
なかなか理解してもらえないこともあります。

 

ただ、こちらの考えを強要している訳ではありません。

 

こんな考え方、世界観もあるんだよ、
今のシンドい状態の解決には、
もしかしたらヒントになるかもしれませんよ、
なニュアンスです(^-^)

 

すぐに理解できることでもないですし、

もしかしたら理解できないかもしれません。

でも、それでいいんです。

 

疑問は解決していくに越したことはありませんが、
常に思考がフィルターとなっていると
感じる力を忘れてしまいます。

 

そのような方は目に見えるデータや数値、

絶対的な安心感を要求します。

その背景には見えない恐怖への不安がつきまといます。

 

人間は成長していく過程で、経験や立場が増えるにつれ、
こうじゃなきゃいけない、◯◯なんだから我慢しなきゃ、
◯◯なんてしてはいけない、が増えて来てしまいます。
時にそのことが自分で自分を苦しめてしまいます。

 

誤解を招く表現かもしれませんが、
あなたを縛り苦しめているのは
他の誰でもない【あなた自身】です。

 

わかりやすいのが、不安や思い込みです。

 

一見、誰かが与えてくるように見えますが、
自分の経験やフィルターを通じて情報を処理して、
マイナスの受け取り方をしているに過ぎません。

 

解決するためには意識の向け方や
考え方を見直す必要があります。

 

未来への漠然とした不安や恐怖を取り除くには、

いまこの瞬間をきちんと感じることだと思います。

頭で考えて感じよう!とは違います。

 

そのためには、自分の気持ちを素直に感じること。

 

ブルース・リーも言いましたよね(笑)

Don’t think , feel。考えるな!感じろ!と。

そこに対してどう向き合うかが大切になります。

 

かっこ悪くたっていいんです。
こうでなきゃ!をどんどん外して
ありのままの自分を感じてみませんか?

 

自己判断、決断に勇気がいるかもしれません。
時に不安を覚えることもあるでしょう。

 

何事にも言えますが、現状を変えるには
一歩踏み込むことは大切です。

 

世の中、すべて自己判断、自己責任です。

 

他人があなたの人生をいきる訳ではありません。
他人の言うことに責任は伴いません。
他人のアドバイスを真に受けて失敗、
なんて最高に悔しくありませんか?

 

そのためにはの他人の意見に振り回されないよう、
自分軸や、芯の強さを養うことも大切です。

 

物事を判断するための感度を高め、

視野を広げることも必要になるでしょう。

 

アドバイスはあなたにとって腑に落ちる、
納得いくものかを自分で判断する必要があります。

 

世の中には多くの手法があります。

 

気分を落ち着かせるためにこうしましょう、
モノの見方はこう捉えましょう、など
あらゆるメソッドに溢れています。

 

ただ、その人の腑に落ちていないのに
手法をやる→効果がない→頭が混乱する、
しんどくなる、では本末転倒です。

 

やはり自分軸をかためる、そのために
自分のありのままの気持ちを感じることが
物事を自分で判断する目を養い、
あなたらしく生きる、その結果、
体の症状がラクになる、と考えています。

 

生きていれば、迷うことや辛いことは多々あります。
パッと見、シンドいことも起こりますが、
大切なメッセージを伝えていることもあります。

 

身に起こることから学ぶことで、
初めてその人の血肉となり財産となります。

 

あなたらしく生きる、結果カラダの症状から解放される、
人生が好転するサポートを施術を通じて丁寧にお伝えしています(^-^)

フジロック・フェスティバルでDJをしてきました

2017.08.08 | Category: 対外活動,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

気分よく、自分らしく行動することを

人生において何よりも大切にしています。

 

↓↓

 

7月末はお盆の前倒しとしてお休みを頂きまして

フジロック・フェスティバルに行ってきました。

場所は新潟県の苗場スキー場。

今回でフジロックは5回目の参加。

自分の記念すべきフジロックデビューが
99年に行われた苗場スキー場での開催でした。

フジロックとしては第3回目の開催で、
第1回目は山梨県、第2回目は東京都で行われました。

99年以来、ずっと苗場スキー場で開催されています。

当時はエネルギーだけは有り余ってまして、、(^^;

車で行ったのですが、燃費という概念がなく、
下道で苗場スキー場まで行きました(笑)

道中、寄り道したり、ダラダラしたりで
結局会場までは26時間かかりました?

さらに現地では3泊のキャンプ⛺️
今では到底できない事ばかりです。

もちろん思い入れも格別で、今でも鮮明に記憶しています。

その大好きなフジロックに、今年は自分がDJで出演させて頂きました。

場所は今年から新設された【BLUE GALAXY】という
UFOのような傘をまとった大型のテント。

各ステージで人気アーティストがアクトをする中、
大いに盛り上がっていただき感謝しています(^-^)

東京から来られていたお客さんから
僕らのやっているイベントにDJで出てください!と言われましたが、
大阪なんです、、と言ったら残念!とその場でキャンセルになりました(笑)

一期一会の出会いや、そこにしかない空気感、
観る側も出る側も特別な体験ができることは
野外フェスティバルの醍醐味だと思います。

ただ、年々気になっていることもあります。

特に今年目についたのがゴミのポイ捨ての多さ。

(写真はFUJIROCKERS.ORGより転載)

非常に解放的な場ではありますが、
きちんとルールの上に成り立っています。
ゴミも材質ごとに細かく分けられています。

解放的な雰囲気に飲まれすぎてか、
自由を履き違えている印象を受けました。

ゴミは誰かが捨ててくれる。他人をアテにして
マナーを守らないのは立派なルール違反です。

他人をアテにする人は、
何事も自分に責任を省みません。

実はこの事は、カラダが治ることについても共通しています。

治るのは、あなたに備わった治癒力のおかげです。

誰かが治すわけでも、病院や薬が治すわけでもアリマセン。

手術は、治るために必要な処置になります。

私の施術も治癒のスイッチを入れなおす
きっかけ作り、お手伝いに過ぎません。

こう書くと手抜きのように感じるかもしれませんが、
治癒の本質は、自分の力で自然に治る以外ないのです。

ただ、バタバタしていたり、不摂生が続いたり、不調を何かのせいにしていたりでは、
せっかく備わった治癒力の働きが悪くなり、
挙句に治りかたそのものを忘れてしまいます。

まずは自分の状態を素直に感じて、
自己責任で物事と向き合うこと。

そこにプラスのお手伝いとして、
休息の仕方を思い出させるような
治癒力を引き出す施術をしています。

自己責任、言葉を聞くと冷たい印象を受けるかもしれませんが、
人に頼ってはダメという意味ではありません。

直感でも、考え抜いてでも構わないので、
最終的には自分で物事を決めるということが大切なんです。

ゴミが落ちていたらどう思うか?

自分の気持ちがモヤッとするなら率先して拾いましょう。

感じたことを素直に行動に移すことが、
心にも、体にも、運気にも、世間にも、そして
あなたの人生にも、優しく素晴らしい事だと思います^_^

来年のフジロックで見られる光景が今から楽しみです。

多次元操体法 大阪セミナーに参加しました

2017.07.25 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,多次元操体法,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区。堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

からだの希望を表現する鍼灸と整体で

心と体をあなた本来の状態にリセットします。

 

↓↓

 

7/23(日)は、当院で行っている整体である
多次元操体法の大阪講習会に参加しました。

 

 

私の整体のお師匠さまである、
仙台はやすらぎの杜整体院の院長
上川名修先生が大阪に来られるということで
数ヶ月前から企画に参加させて頂いていました。

 

 

通常は仙台にある上川名先生の整体院で
講習会が行われていますが、初の大阪開催ということもあり、
関西圏や近隣県の先生方も多数お越しいただきました。

 

中には国内外でセミナーをされている先生、
東京や福岡など遠方からお越しの先生、
そして【やさしい触れ方】【整体】など
複数のキーワードで検索されて上川名先生のブログに
たどり着きご参加いただいた一般の方もおられました。

 

プロの治療家から一般の方までと聞くと
浅はかな印象や、本当に大丈夫??と
疑問を抱く方もいるかもしれませんが
その心配はちっともアリマセン^_^

 

職業や立場や経験など、どうでも良くなる
素晴らしく調和した空間がそこにありました。

 

引き寄せられて、集まるべくして集まった
感性豊かな優しい方々の集まりでした。

 

従来の操体法の概念を覆すのが多次元操体法です。
極めてソフトな整体であり、武術のようでもあります。

 

とくに大切なのが【触れ方】です。
決して荒く、力強く触りません。

 

細胞のひとつひとつが安心できて
身を委ねたくなるような施術です。

 

その一番ベーシックでもっとも大切な【触れ方】が、
今回のセミナーでお伝えする内容になりました。

 

上川名先生もセミナーの内容は
直前までかなり悩んでいたそうですが、
最終的にその場の流れに身を任せたそうです。

 

そのことが素晴らしい結果になり、
最高の学びにつながりました。

 

感性の良い方の集まりですから、
操体法を初めて受ける方も
すぐにこうなります(^-^)

 

 

優しく、丁寧に、体の希望を感じ取ります。

 

 

つり合いが出来ていれば、連結も可能です(笑)

 

 

相手の希望する動きをサポートしていきます。

 

ただひたすらに気持ち良さを味わいます。

 

 

味わいすぎると骨抜きになるため、受け手が
「飽きたなー」「もういいやー」で終わります(笑)

 

あなたはあなたのままでいい
素直に感じたことに身をまかせる。

 

例えるなら赤ちゃんに戻るような原始感覚の体験、
一方では「ダメ人間」を作り上げる整体です(笑)

 

痛みも、コリも、病気も、怪我も、予防も、
治すも、治さないも、治そうも、治してほしいも、
過去も、未来も、役割も、立場も、担いも
不安も、緊張も、ストレスも、マストも、
固定観念も、価値観も、思い込みも、思考も、
男性も、女性も、相手も、自分も、、、

 

一切関係のない【いまこの瞬間の心地よさ】

 

に意識を向けて、味わい尽くした結果、

 

赤ちゃんのころ何も考えずに
手足をジタバタさせていたような
不思議な優しい感覚に包まれます。

 

ただ、ジタバタしたり、動きがあるから良いでもありません。
その人なりに素直に味わうことが出来たらOKなんです。

 

多次元操体法の最大の魅力は何なのか?

 

ただの整体のテクニックに終わらない
生き方、在り方を内包していることだと思います。

 

生きていると自分らしさを出せなかったり、
窮屈な思いをすることもあると思います。

 

周りと比べてシンドい思いをすることもあるでしょう。

 

でも自分は自分。そのままで素敵なんです。

 

生きるうえで大切なことに気づかせてくれる、
無意識に発するカラダの希望を表現してくれる
極めてソフトな本当の自分に還る整体です。

 

自分還りは、頑張った心と体のリセットです(^-^)

 

冒頭の座学の時間でもお伝えしていたこと。

 

「飛べない豚はただの豚」

 

映画「紅の豚」の有名なフレーズです。

 

でも、ただの豚でいいんじゃない??

 

飛ばなきゃ!という役割を捨てた豚は
もっと自由に羽ばたいていける✨

 

本当は知っている
一番大切なことを
思い出させてくれる。

 

もっとありのままの自分が愛おしくなる
そんな整体なのかな?と思っています。

 

興味をいただけた方は、上川名先生の
ホームページも読んでみてください(^-^)

http://seitai-sendai.net

 

 

肩こり、腰痛に湿布は必要か?

2017.07.18 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,急性症状・けが,肩こり・首こり,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,薬との付き合い方

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

薬との上手な付き合い方もアドバイスしています。

 

↓↓

 

湿度の高さ、エアコンの冷えなどから
体内の巡りが悪くなり、体が冷えてしまった結果、
寝違え、ぎっくり腰など、急性症状が増えています。

 

急性症状、わかりやすく言えば「怪我」です。

 

回復に必要なのは「絶対安静」です。
備わった自然治癒力が傷を治します。

 

ロキソニンや痛み止めの注射では治りません。
痛みをごまかすだけで傷の修復は出来ません。

 

クライアントさまがご自身で行っている
応急処置として【湿布】があります。

 

湿布は痛みに効くと思っていませんか?

 

湿布もあくまで治癒の補助です。
さらには、使い方を間違えると
逆効果なのできちんと説明します。

 

湿布は正式には「消炎鎮痛剤」といいます。

 

炎症や腫れを冷やすことで緩和する貼り薬です。

 

そうなんです。あくまで【冷やす薬】なんです。

 

一時的な腫れにはいいでしょう。
ですが、これもきちんと確かめてから貼る必要があります。

 

では、どうやって確かめるのか?

 

簡単です。

 

「湯船」にしっかり使ってください♨️
入浴で確かめるのが一番です。

 

シャワーではダメです??
体の芯まで温もりません。

 

その後に貼る必要があるのかどうかを判断ねがいます。

 

湿布を貼ってもよい場合、それは、、

 

お風呂でしっかり温まっても
痛みが全く変わらない場合

 

のみです。それ以外は貼ってはいけません。
要は患部に熱感、または腫れがある状態です。

 

その時も本来なら湿布ではなく氷がベストです。
湿布の薬効成分で肌が負けてしまいかぶれるケースがあります。

 

先ほどの話に戻りますが、なぜ入浴で確かめる必要があるのか?

 

それは、冷えや血行障害による
肩こり、腰痛が圧倒的に多いんです。
冷えるだけで痛みが出るんですね。

 

温めれば血行が良くなりラクになる症状なのに
湿布で冷やしてしまうと余計にしんどくなります。

 

では、温湿布なら?とお考えの方もいると思います。

 

実は温湿布も【冷やす薬】なんです。

 

温湿布、正確には【温感】湿布です。

 

カプサイシンの成分により、温かく感じるのですが、
あくまで湿布なので結局は”冷やす薬”なんですね。
メチャクチャややこしいですね(^^;

 

結構知らない方も多いと思いますので、
使用する時は注意が必要です!

 

じゃあ、温めるにはどうするの?となる訳ですが、

 

答えは

 

【カイロ】

 

となります。

 

ですが、カイロにもリスクがあります。

 

・長時間の使用による低温やけど
・カイロがあったかいため、体に本来備わった
自ら発熱する機能がサボってしまう(代謝の低下)

 

これらのリスクが起こり得ます。

 

ですので、本当はカイロも使わない方が良いです。

 

カイロを使って良い方は

 

・外で仕事をする方
・倉庫などで仕事をする方

 

つまり、風や冷房など、常に寒冷刺激にさらされていて、
自分の代謝だけでは発熱が追いつかないケースに限ります。

 

どうしてもカイロを使いたい場合は、
オススメの貼る箇所があります。

 

・おへその下
・仙骨あたり
(背骨がつながる最初の骨盤。お尻の割れ目の上)

 

このあたりは冷えやすかったり、
体の負担が集中する場所のため
リラックス効果も期待できます。

 

ただし、おへその下あたりは皮膚も弱いため
真下だけでなく時おり左右に張り替えながらが良いでしょう。
これで低温やけどのリスクも減りますので(^-^)

 

カイロに関しては真夏にする話題ではないですが、
湿布の使い方と合わせて覚えておくと良いかと思います。

 

年配の方に特にみられますが、痛いからと
何に対しても湿布を貼ることにより冷えてしまい、
慢性痛につながることは結構多くあります。

 

薬は【付き合い方】が何より大切です。

 

そのためには自分自身で症状を感じながら
本当に薬が必要か?をワンクッション置いた目線でみながら
カラダの声をしっかり聞いてから使うのが良いと思います。

 

判断がよくわからない時は気軽にご相談ください(^-^)

 

慢性症状を中心に診ていますが、もちろん怪我にも対応しています。
万が一の際は、早期回復にむけたサポートが可能です。

怪我は一度や一瞬で治りません

2017.07.14 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,寝違え,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

他人ができる限りの回復にむけた

サポートを全力で行っています。

 

↓↓

 

最近、気温や湿気が高く

 

体内の状態も負担を受けるためか

 

首や腰回りの怪我でお見えになる方が非常に増えています。

 

冷たいもの、油モノ、刺激物の摂りすぎによる胃腸の負担、

 

ストレスなど目に見えない深い原因があるように感じます。

 

寝違え、ぎっくり腰、肉離れなんかも多いです。

 

クライアントさまからは

 

「治りますか?」と質問をよく受けます。

 

早く治るためのお手伝いは出来ますので

 

「早期回復のサポートは出来ます」

 

と答えています。

 

別に手を抜いているわけでも、
術がない訳でもありません。

 

あなたの力で怪我を治す以外に方法が無いからです。

 

ただ、寝違えも、肉離れも、
ぎっくり腰も立派な怪我です。

 

一瞬でできた切り傷も
回復に何日も要しますよね?
それと同じなんですね。

 

基本「安静」以外によくなる方法が無いんです。

 

骨折だろうが、肉離れだろうが、

 

体を回復させるのは、

 

あなたの治癒力以外にないんです。

 

必ず出てくる言葉に「仕事」があります。

 

私もサラリーマン経験があるのでわかりますが、

 

仕事を工夫するのも、立派な仕事ですよ!

 

今日、明日で一生働かないなら
かなり無理しても良いでしょうが、

 

そんな事ないですよね?(^^;

 

仕事で外せない大切なことがあるなら
その日の前後にメンテナンスをしても良いと思います。
仕事への取り組みや、備える気持ちの問題だと思います。

 

痛みを止めれば治る、とお考えの方も非常に多いです。

 

では、骨や筋肉は折れたり分裂していても
注射で痛みさえ引いてれば治ってますか?

 

違いますよね…?(^^;

 

施術で可能な限りの症状は取り除けます。

 

怪我をしている局所のほかに
回復を阻害している原因がある場合は、
そちらから取り除くことにより、
ラクになる効果を実感していただけます(^-^)

 

「ぎっくり腰」を例に挙げてみます。

 

痛む、腫れる箇所は実際に怪我をしています。

 

ですが、周辺の筋肉を緩めたり、
骨盤の可動域をアップさせたり、
痛みを感じる離れたセンサーをリセットしたり、
体の歪み、内臓機能、自律神経を整えることで
患部にかかる負担を減らすことができます。

 

来院時は足を引きずっていた方が
帰りがけにはスタスタ歩けるのはそのためです。

 

でも中には「まだここが痛い、、」と
アラを探すクライアントさまがいます。

 

痛むにはきちんとした理由があります。
痛むうちは治っちゃいけない理由があるんです。
来たときより良い状態になった部分をみて欲しいです(^^;

 

だいたい、そのようにおっしゃる方は
何かのせいで痛みが出ていると考えています。

 

全てあなたの責任なのでご理解ねがいます(笑)
誰もあなたの首や腰に悪さしませんから、、

 

自分の行動や考えを見向きもせず
何事も何かのせいにする方は
当院ではお断りしています。

 

ご自身の判断で、素直な気持ちで体と向き合える方に
誠意をもってメンテナンスをさせて頂いてます。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

水・日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。