- Blog記事一覧 -1月, 2018 | 大阪(堺筋本町・谷町四丁目・北浜) したらパーソナルケアの記事一覧

1月, 2018 | 大阪(堺筋本町・谷町四丁目・北浜) したらパーソナルケアの記事一覧

鍼灸臨床【耳鳴り、生理痛、肩こり】の施術 (大阪市東成区 20代女性)

2018.01.29 | Category: PMS・PMDD,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,デトックス・代謝アップ,みぞおちの痛み,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,便秘・下痢,冷え症,生きるのがラクになる施術,生理痛,眠れない・眠りが浅い,肩こり・首こり

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

↓↓

大阪市東成区からお越しの20代の女性。

主訴は【耳鳴り】

小学生のころに聴力検査で引っかかり、
耳鼻咽喉科で診てもらうも原因はわからなかったそう。

普段はあまり気にならないが、疲れやストレスが溜まると
耳鳴りがひどくなる、とお話しいただきました。

他に気になる症状は、肩こり、胃腸の不調、
足の冷え、便秘、入眠しづらい、生理痛がキツいなど。

お腹の触診では、みぞおちに痛みと硬さがあり、
胸から頭にかけてエネルギーが集中している状態でした。

この状態は、不安やストレスなど、
目に見えない負担の影響がつよく、
スイッチがONのままの緊張状態を表します。

体の上ばかりにエネルギー(≒血流)が集中しているため、
手足やお腹や腰周りの血流が不足てしまい、結果生じた【冷え】により痛みを感じやすくなってしまいます。

そのため頭の方に集まりすぎたエネルギーを
下に降ろす、手足に送り還すよう施術を行いました。

施術が終わると「寝てた!!」と
スイッチがOFFになった様子でした。

ほか

「肩こりがラクになった」
「生理痛の痛みが無くなった!」

と嬉しい感想をいただきました^_^

心と体はつながっていますし、
体もパーツの繋ぎ合わせではありません。

目に見える結果だけが原因になるとは限りませんし、
頭で考えても仕方のないこともたくさんあります。

そんな時は、役割や担いを一旦傍に置いて、
【素の状態】の自分に戻ってみてください。

素の自分には、さぁやるぞ!と
意気込んで戻れるものでもありません。

そのためのリセットボタンてして
【施術】を受けてみてください。

治療院にお越しになる時間だけでも素の自分を感じていただけたら、
改善に向けて大切なことがきっと湧き上がってくると思います(^-^)

なぜ【繰り返し】施術を受ける必要があるのか?その意味とは?

2018.01.29 | Category: お役立ち情報,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,生きるのがラクになる施術

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

当院では慢性的な症状を中心に
【体質改善】を目的とした施術を行い、
根本からの不調の改善に力を入れています。

【自然治癒力】を引き出し体質の改善ができれば、
あらゆる症状は回復に向かいますので、
対応できる不調の種類はさほど問いません。

ただ、一度の施術で改善できる症状もあれば、
年単位で地道な努力が必要な症状もあります。

便宜上【治療】という言葉を使っていますが、
当院のスタンスはちょっと異なるかもしれません。

世間一般にいう【治療】には

「悪いものをやっつける」

というイメージがあるかもしれません。

ですが、当院では痛みや不調は、

「体からのメッセージ」「回復に必要なヒント」

と捉えているため最初から”悪者”とは見ていません。

では、なんのために【施術】を行うのか?

当院では、施術を受けることは
スキルや芸事を身につけるのと同じで、
ある種の【レッスン】だと考えています。

言うなれば、休息の仕方を思い出す、
よくなっている部分をしっかり感じる、
治る力を引き出すためのレッスンです。

【良い癖】を身につける必要があるんですね。

長年にわたり不調が積み重なった状態は、
カラダのセンサーが鈍感になってしまい、
回復している過程にすら気付けない事もあります。

逆に症状が進行しているにも関わらず、
センサーの働きが悪いと気づいた時には
重篤な状態になってしまう事もあります。

誰にでも本来備わった自然治癒力を引き出す、
些細な変化に対して感じる力を取り戻す
そのための手段が【施術】となります。

このことは施術がレッスンであると捉えて
「英会話」に例えを置き換えて説明します。

「Hello」「Goodbye」「This is a pen」

なら恐らく覚えたその日に使えますよね。
一回のレッスンでも身につくと思います。

ただ、長文の読解や会話となると、
単語の知識、文法、それらにまつわる
さまざまな知識と応用が必要になります。
理解して自分の言葉で喋るには長い期間を要します。

ただ、こつこつ続ければ知識や経験として身につきますし、
覚え方のコツや応用の仕方もわかり始めます。

レッスンは繰り返し受けるたびに学びや気づきがあります。
それにより理解が生まれ、工夫もできるようになります。

不調の改善に向けて施術を受けることも同じなんです(^-^)

どうしても自然治癒の仕組み上、
一回の施術で良くなる部分、
そうでない部分もあります。

ときに実感がわかない時もあるかもしれません。
効果の感じ方が頭打ちになってしまう事もあるかもしれません。
(↑実際にはプラスの効果が出てますのでご安心ください)

勉強にしろ、施術にしろ、
人間の体にインプットするには
【馴染む】ことが何より大切です。

ダイエットでも急に頑張りすぎると馴染みが悪くリバウンドしていまいます。
順調に痩せ始めても、効果を感じにくい時期もあります(←実際には効果は出ています)

受験勉強でも、くじけず、地道に、工夫しながら
頭に馴染ませていくしか方法はありません。

ですが、地道な努力と工夫により馴染ませ続けた結果、
違う景色が見えたり、初めて体感できる事があります。

レッスンですので、上達(=改善)すれば卒業がありますし、
スキルが錆びないように定期的にレッスン(=メンテナンス)を受けるのも
たいへん素晴らしいことだと思います^_^

カラダはいつでも治り方を知っていますし、
良くなるための方法も常に提示しています。

こちらに出来ることは施術とカウンセリングしかありませんが、
真摯に寄り添い、解決に向けて一緒に頑張れたらと思います。

人それぞれに生きてきた道のりが違うように、
根本の原因から治り方まで人の数だけ存在します。

ツラい痛みも不調も、あなたらしく生きるための大切なヒントです。

素直な気持ちで施術を受けていただき、
湧き出たヒントに目を向けていきましょう!

カラダに現れたヒントを読み解きながら、
あなたの勇気ある一歩にお応えできるよう
精一杯の施術とアドバイスを頑張ります^_^

たいへん長い文章になりましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

鍼灸整体臨床【夢の中でチョコレート食べてました?】(大阪市中央区 20代女性)

2018.01.25 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,当院の考える健康観,肩こり・首こり,自律神経系の治療,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療、整体の臨床例です。

大阪市中央区からお越しの20代の女性。
毎日遠方までお仕事に通われています。

気をつかう環境での仕事に加えて、
長時間の通勤、さらには冷え込みで
首回りにシンドさを感じてしまうそう。

肩こりは施術でラクになってきたが、
首のまわりだけは痛みやコリが気になり、
気がつけばいつもボキボキ鳴らしてしまいます。

ボキボキ鳴らすことは、世間一般的には
納得できる理由もなく【悪い】と言うケースが多いですが、
当院では鳴らすこと自体が絶対に悪いとは思っていません。

むしろ、鳴らしたいのに鳴らせない方が
フラストレーションが溜まると考えています。
脳に近い首です。気になって仕方ないと思います。

では当院では、どう提案をしているのか?

それは、、

せめて治療院にお越しの間だけでも、

【痛みのことはいったん傍に置いてもらう】

ということをお願いしています。

脳は痛みを感じると痛みのアラ探しを始めます。
そうなると仮にポジティブな変化が生まれても、
まだここが痛い!と痛みを探す体になってしまいます。

心理学でいう、ドーナツの欠けた部分が気になる?
【ゲシュタルト療法】と同じなんですね(^-^)

欠けた部分ではなく、それ以外のところ、
ラクになったところを見てあげることが、
体が良くなるなる上でも非常に大切です。

改善に向けて大切な考え方ですので、
ご理解いただき、意識の向け方を
変えてから施術に入りました。

施術の最後に頭の整体をしていると
頬のあたりがカチカチと鳴り、
体がピクピク動きはじめました❗️

現象的には【自発動】と呼ばれるもので、
治癒を邪魔する要因が外れるときのサインとして、
体が無意識に望んでいる動きを求め始める現象です。

赤ちゃんがジタバタ手足を動かしたり、
伸びをするのとまったく同じ現象です^_^

言うなれば【赤ちゃん還りの整体】とも言えます?

これが出ているときは頭の中が空っぽになり、
閉じ込めていた気持ちが湧き出てくることがあります。

むしろ動きが激しかったり、長時間動きが出る状態は
長い間溜め込んでいたものがあったのかもしれません。

バタバタが落ち着いたので施術を終えました。

起き上がった際にクライアントさまから

「夢の中でチョコレートを食べてました?」

とお話しいただきました。初めての感想でした(笑)

先ほどのカチカチ音は歯ぎしりではなく
チョコを噛む咀嚼音だったみたいです^^;

頭がカラッポになり体から湧き出たホンネは
チョコレートが食べたかったのかもしれません。
実際に普段からチョコレートをよく食べるそうです。

甘味には【緩み】を生み出す作用があります。

砂糖の食べ過ぎはよくありませんが、
リセット・ボタンになっているのなら、
ストレスを溜めるよりはるかにマシです。

体に現れる反応を素直に感じることで
治癒力の働きもどんどんよくなります。

施術を受けていただく間は、痛みや不調、
立場や役割も一旦傍において、体から湧き上がる
素直な感覚に身を任せていただければ幸いです(^-^)

鍼灸臨床【五十肩の痛みがなくなってきた。痛みが出ても向き合い方が変わった】(大阪府松原市 70代女性)

2018.01.24 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,五十肩・四十肩,内臓治療,当院の考える【治る】【治癒する】とは?,当院の考える健康観,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府松原市からお越しの70代の女性。
ご紹介者さまと一緒に月に1、2度目来院されています。

来院当初の主訴は、左肩の【五十肩】

寝ている時も五十肩の顕著な症状である
【夜間痛】が出ており、眠れずにツラいとの事。

夜間痛の原因は東洋医学の言葉で【瘀血】(おけつ)

摂取する食べ物の内容による血液の濁りや粘り、
代謝の低下、体のポンプ機能の低下により、
巡りが悪くなった血液が停滞してしまいます。

血液が巡らないが故に血流が悪くなり、
部分的に冷えを生じた結果、痛みを生んでしまいます。

そのため、治療の方針として

・胃腸や肝臓を整える治療
・血流を整える自律神経の調整
・代謝の促進
・胃腸をいたわるアドバイス

を組み立てながら5回ほど施術を行いました。

本日お見えになった際に

「どうしようもなかった肩の痛みがラクになった」
「たまに痛いときもあるけど対処の仕方が変わった」

と嬉しいお言葉をいただきました(^-^)

五十肩の原因はさまざまですが、当院では

「自律神経のバランスを整えるメンタルケア」
「内臓機能を高めるフィジカルケア」

を二本の主軸とした治療方針で施術を行っています。

あとはその人の生活習慣に合わせたアドバイス、
考え方や思考の癖にまで踏み込みながら、
根本解決のお手伝いをさせていただいています。

まずはあきらめずに一歩を踏み出してみてください(^-^)
あなたに合った、あなただけの良くなり方を提案させていただきます。

鍼灸臨床【アトピー性皮膚炎の臨床。治る力を引き下げる”3大NGワード”とは?】(大阪府東大阪市 30代男性)

2018.01.23 | Category: アトピー性皮膚炎,したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,糖質過剰による弊害,自律神経系の治療

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院したらパーソナルケアです。

↓↓

鍼灸治療の臨床例です。

大阪府東大阪市からお越しの30代の男性。
仕事は医療職。

主訴は、慢性的なアトピー性皮膚炎。

どこに行っても、何をしても良くならない、
と、ご紹介で来院いただきました。

症状は何十年と続いており、
昔からご両親に連れられて、
効くと言われれば何でも試したそう。

【試す→効かない】を繰り返すたび、
ご自身のなかである事が根付いてしまいました。

「どうせ、何をしても治らない」

大変なご経験をされたので無理もないと思います。

ましてや自分の意思ではなく、
連れられて、試されて、結果が出ない、
では、そう思うのも無理はないと思います。

ですが、

「でも、どうせ、やっぱり」

の言葉は、治る力を極端に低下させる3大NGワードになります。
ポジティブな変化ですらマイナスに引き戻す強い力があります。

ツラい体験として刷り込まれたことですので、
この意識を変えるには、きっかけとして
強烈な体験、実感が必要になります。

しっかりとカウンセリングでお話を伺い、
自律神経のバランス調整、内臓機能の向上をはかるべく、
根本的な部分の治療を行いました。

お腹の触診ではみぞおちが硬く、痛みがありました。
これらは緊張やストレスの溜め込みで見られる反応です。

聞けば職場での立場が変わり、責任や担いが増えて
プレッシャーがあり、かなりストレスを溜めていたそうです。

加えて食事はコンビニで済ませる事が多く、
自炊はなかなか出来ていないとのこと。

ストレスの発散、摂取する食事の内容は、
アトピー性皮膚炎の改善にとって非常に大切です。

そもそもアトピー性皮膚炎の
【根本の原因】は一体何なのか?

現代医学では皮膚科の病気になりますので、
病院では皮膚に直接塗布する薬が出されます。

当院では、皮膚そのものに原因はなく、
体内に巡る【血液の病気】であると考えています。

摂取した食べ物は、胃と肝臓で処理されて全身に行き渡ります。

肝臓は、栄養を溜めたり、解毒をする働きをしますが、
過剰に栄養を溜め込んだり、解毒可能な量を超えてしまうと、
皮膚に毒を放り投げてまで解毒を行おうと働きます。

本来であれば皮膚において発汗がその役割を担うのですが、
発汗で解毒が間に合わなくなってしまうと、
皮膚上に毒を放り投げてまで処理をしている状態が生まれます。

それこそがアトピー性皮膚炎の本質だと考えています。
皮膚のカサつき、めくれ、ヒビ割れも同じ原因で起こります。

さらにその状態に負担をかけるのが
ストレスや不安など、精神的な負担です。

“頭に血がのぼる”、”はらわたが煮え繰り返る”

という言葉があるように、それら目に見えない
エネルギーの負担は実際にはかなり強く、
体のなかでマグマが湧き上がるような状態になります。

特にクライアントさまは、頭の皮膚の症状が気になるとお話しいただきました。

まさに、頭に血がのぼる状態になり、
頭皮に影響したと考えられます。

ですので、根本的な解決に必要なことは

↓↓

①食事の内容を変える
・簡単な調理法で良いので自炊を心がける
・血液が濁る食べ物は控える(砂糖、小麦、牛に関する食材(牛肉や乳製品)
②ストレス発散を意識する
③定期的にウォーキング(早歩き)を行い、肝機能と発汗の向上を図る
④前向きな気持ちで工夫に取り組む

↑↑

をアドバイスして施術と併用していく提案を行いました。

アトピー性皮膚炎の根本からの改善には、
施術者とクライアントさまの二人三脚による
協力体制が非常に重要になります。

皮膚の状態に変化が現れれば気持ちも前向きになります。
あせらず、くじけず、地道な工夫を続ける事が大切です。

過去にアトピー性皮膚炎でこられたクライアントさまも
初めは気持ちも塞ぎがちでしたが、変化を実感いただく過程で、
表情も気持ちも明るくなり、ご自身でも工夫を続けることで、
劇的なスピードで改善された方もいらっしゃいます^_^

今回ははじめての施術でしたが、
前半はアドバイスをしながら施術をおこない、
後半は日頃から入りっぱなしだったスイッチをOFFにするべく、
しっかり休息をとっていただきました。

施術後は、こんなにスイッチが切れたことは無かった
と、穏やかな表情でお話しいただきました。

自然の仕組みとして今までのツケが一度で全てが解決することは中々難しいですが、
施術を通じて、大切なことに気づき、
前向きに取り組むきっかけになれば嬉しくおもいます(^-^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

休診日

水・日

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約6分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約12分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。