- Blog記事一覧 -首の痛み | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

首の痛み | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

カラダがほてって仕方がないあなたへ

2017.07.22 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,当院の考える健康観,薬との付き合い方

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

快適グッズとの付き合い方も考慮しながら

健康に過ごすためのお手伝いをしています。

 

↓↓

 

いまの時期、外が暑いのは仕方がないのですが、
カラダの中がほてってシンドい方はいませんか?

 

発汗不足により体内に熱がこもってしまうと火照りが生じます。

 

汗は体内の不要なものを毛穴(=汗腺)から
排出すると同時に体温調節も行っています。

 

つまり、汗をかくことが体内にこもる
余分な熱を外へ出し冷却することに繋がります。

 

ですが、いまの時期はどこに行ってもクーラーがかかります。
いまの時期には無くてはならない必需品だと思います。

 

ですが、クーラーに当たりっぱなしは良くありません。

 

物理的に体も冷えますし、カラダの表面が冷えて
汗腺が閉じてしまい、汗がかけなくった結果、
体内に熱がこもりほてりが生じてしまいます。

 

本来汗をかくことで調整している体の温度管理が機能しなくなり、
生じた火照りにより、二次的に頭痛や首の痛み、肩こりも起こります。

 

クーラーも薬と同じく付き合い方が大切です。

 

常に自分の体調を感じて、その時の状態を判断しながら
適材適所で使うのが良いとおもいます。

 

ちなみに汗腺は、交感神経優位で働きます。
スイッチがONになった方が働きが良くなります。

 

何もせずダラダラとかく汗より、
ジョギングやウォーキングなど
適度に体を動かしてかく汗は
解毒力がはるかにアップします。

 

汗腺や汗のかき方による病態については、
また詳しくかきたいとおもいます。

施術をおこなう前提として大切なこと

2017.07.10 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,便秘・下痢,内臓治療,季節の変わり目,当院の考える健康観,息が吸いにくい,更年期障害,生きるのがラクになる施術,眠れない・眠りが浅い,眼精疲労,肩こり・首こり,背中の張り,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,頭痛,顔面神経麻痺,首の痛み

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

疲れた心と体をリセットする施術で、

本当の自分の気持ちを思い出すサポートをしています。

 

↓↓

 

鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪市西淀川区からお越しの50代の女性。
昼間は飲食店、夜はスナックでママをされています。

 

症状は、眼精疲労、頭痛、不眠、肩こり、背中の張り、
息苦しい、腰痛、便秘、自律神経のバランスの乱れ、更年期障害など。

季節の変わり目には決まって症状がキツくなるそう。

 

今までどこに行っても解決しなかった、と

ご紹介でお電話をいただいたのですが、
正直に言いますと予約を受けるかどうか迷いました。。

 

お電話の時点で極端にネガティヴな印象を受けました。
態度も大きく、謙虚な姿勢はまったく見られません。
会話もどこか一方的にお話をされている感じです。
案の定、こちらのホームページも見ていないとのこと。

 

高校生の頃には階段から落ち、
二十歳のころにはバイク事故に会い、
数年前には顔面神経麻痺になったそうです、

 

問診をしていても一方的に自分の価値観を押し付けるようかの口調。
こちらの話は聞く耳もたず。さっさとしてよ、な印象でした…(^^;

 

事故や病気は何かのせい、すべて出来事が悪い、なんで私がこんな目に遭わなきゃいけないの!?な、オーラをヒシヒシと感じました…

 

実際に施術に入る前に一番大切なこと。
それは「気持ちの確認」だと思います。

 

いきなり初対面で親密な関係を築けるの?
と思うかもしれませんが、築ける方は築けますし、
築けない方はこの先も関係構築するのは難しいと思います。

 

そしてこのことは施術の効果にも影響します。
不思議な話ですが、お互いの気持ちがすっきりした空間は
施術の効果もより良くなります。

経験上の話ですが本当にそう感じます。

 

当院には施術の方針があります。
申し訳ないのですが、誰に対しても
施術を提供できる訳ではありません。

 

極端にネガティヴな方、常に偉そうな方、
装った態度で接してくる方、人の話を聞かない方は、
申し訳ないのですが、根本からの解決には至れないと判断し、
施術をお断りをすることがあります。

 

突き放すようなイメージを持たれるかもしれませんが、

後々、お互いが「こんなハズじゃなかった」とすれ違わないようにするために

非常に大切なことだと思っています。

 

そのため症状を根本から解決していく上で

初回来院時から気持ちの確認をすることが重要です。

 

良かれ悪かれ、いま体に現れている症状は、
その人が歩んできた人生、生きてきた中で培った
価値観、考え方、食事、行動に由来する結果です。

 

当院では、人の健康を様々な角度からみたアドバイスをおこない

症状の回復に向けて、常に本質を提案しています。

ご自身の体と謙虚に向き合える方にのみ、

回復に向けたサポートを行っています。

 

クライアントさまご自身で出来ることはやる。

施術をする側、受ける側が二人三脚で取り組んでこそ

初めて根本解決に向かうと考えています。

一方通行の任せっきりではダメなんです。

意識を変えたり、大切なことに気づいたりが大切です。

 

このクライアントさまの場合も、
最終的にはご自身の意思でYesの
コミットを頂いたので施術を行いました。

 

一番メインの症状は不眠でしたが、
鍼をし始めて始めて15分ほどでグッスリと
お休みになられていました(^-^)

 

施術が終わると、施術の途中で寝落ちしたことに
ご本人さまが一番驚かれていました。

 

人それぞれに、立場があり、担いがあります。

 

ですが、ご自身の体をおいてでも
大切なことってそんなにありますか?

 

施術が終わり、体がラクになったことを感じて頂くと、

気持ちに余裕ができたのか穏やかな表情で

気をつけた方が良いことはある?

とセルフケアの質問を下さいました。

 

こちらからは

「素直に感じたことはあなただけの本当の気持ちです」

「そこをしっかり感じた上でどうするのか?をご自身で決めてみて下さい」

と自分のホンネにフタをせずきちんと感じること、

周りがどうこうではなく自分の意思で物事を判断する大切さを伝えました。

 

年齢を重ねるごとに動けなくなる体にももどかしさを感じていた、と素直にお話しくださいました。

 

誰しも年齢を重ねます。

体も動かなくなりますが、

とても自然で美しい変化です。

 

昔と比べて、こんなハズじゃ!と葛藤するのではなく、

その時々の自分の状態を優しく受け入れながら、

じゃあ、いまの自分はどうしよう?と

しっかり”今この状況”を受け入れながら

”自分で判断する”大切さを伝えました。

 

人のせいにする、何かに依存する状態では

いつまで経っても根本から解決できません。

 

よく「いつ治りますか?」と質問を受けますが、

治るべき状態になれば自然と治ります、と答えています。

 

そのためには、素直な気持ちをきちんと感じる、

自分の判断と責任で物事を判断することが

ベースとして必要になります。

「あの人が言ったから、薦めたから」を

言ってるうちはいつまで経っても良くなりません。

 

クライアントさまも素直になっていただいたので、

こちらも口酸っぱかったこと、ウソをつきたくないから

ズバッと口調がストレートになったことを伝えました。

最終的にはお互いにすごく良い雰囲気になっていたと思います。

帰り際、すっかり穏やかになった表情がすごく印象的でした。

 

こちらも貴重な学びをいただきました。

 

症状のお悩みはもちろん、

どこか生きにくさを感じている方も、

気軽にご相談いただければ幸いです(^-^)

低気圧と湿気まみれの梅雨のメンテナンスとは?

2017.05.24 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,内臓治療,季節の変わり目,肩こり・首こり,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,首の痛み

大阪市中央区の鍼灸整体院

したらパーソナルケアです。

季節の変わり目に生じる

体調の変化にも対応します。

↓↓

梅雨に本格的に入るためか
昨日から気圧の低下と湿度がスゴイです、、

このような時は体内の循環も変わり

ダルくて、やる気が出ない、
肩こり、腰痛、頭痛が出る

といった症状がよく現れます。

こんな時に肩をグリグリ揉むと
かえって状態が悪化する可能性があります。

ただの反応点が、腫れ物に変わります。
では、何を気をつければ良いのか?

当院の考える1番の方法は

【胃腸を休ませる】

ということ。

東洋医学では有名な表現があります。

「脾は湿をにくむ」

脾は、現代医学の脾臓とは役割が異なります。

胃腸の働きをイメージいただいた方がわかり易いと思います。

胃は食べたものを消化し、肝臓へ栄養を送ったり、
不要なものを腸へと送り出す働きがあります。

ただ、血が粘っていることで巡りが悪くなると
カラダ全体のバランスが崩れ、先の症状を生み出します。

血が粘る。

病気になる、ならないのひとつのキーワードです。

血をねらばす原因となる代表的なものは、、、

 

・砂糖
・塩
・油
・アルコール
・湿度

そう、湿度も影響します。

湿気は肌につくとベトつきますよね。

我々は湿気た空気をずっと吸い込んで生活すると
やはり体内にも影響がでてきます。

同時に気をつけなければいけないのは食事内容です。

当院では、気分良く、その人らしく人生を送ることを第一優先にしていますので、

世に広まる食養生のみを絶対的に優先する事はありませんが、
やはり症状を改善することが第一希望ならば
きちんと管理する事が必要でしょう。

ちなみに、ニンニクと唐辛子も
かなり胃腸にキツイ食べ物です。

刺激物を止めただけで、肩こりや首の痛みが無くなった、
なんてケースは実はかなり見られます。

好きだから体に合ってる、とは言い切れないのです。

(ただ、砂糖だけはホントに体に良くないです、、)

胃腸に入るものをある程度意識できたなら
次は「きちんと出す」ことが大切です。

昔そんなCMもありましたね^_^
出すって、ホントに大切なんです。

大小の便が出るだけで、体の内圧が下がり
血圧が整った結果、頭痛も取れたりしますから^_^

ただし、水分が体内にない状態での
下剤の使用だけは止めてくださいね。

胃腸の中がお風呂の空焚き状態になり
かえって具合が悪くなりますので、、

最強のデトックス・ツールは

汗・うんこ・おしっこ

です。敢えてハッキリ書きました(^^;

この辺りに関してはまた書いていきたいと思います。

内臓機能と自律神経の調整が、湿気と低気圧が続く
梅雨を乗り越える最強のメンテナンス方法です。

当院がもっとも力になれる分野でもあります。
お悩みは気軽にご相談くださいね^_^

シャワーを肩に当てるだけで痛い

2017.05.23 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,めまい・耳鳴り・突発性難聴・メニエール病,便秘・下痢,内臓治療,息が吸いにくい,慢性疲労,眼精疲労,肩こり・首こり,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療,顔面神経麻痺,首の痛み

大阪市中央区の鍼灸整体院

したらパーソナルケアです。

病院の検査結果でわからないお悩みは

当院で解決のサポートができます。
↓↓
鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪市福島区からお越しの20代の女性。

次のような症状で悩んでいると来院いただきました。

・シャワーを肩に当てるだけで痛い
・顔の左半分の感覚がマヒしたように鈍っている
・目がしんどい
・耳鳴りがする
・めまいがする
・首肩の疲れ
・息が吸いにくく、酸素が薄い感じ
・みぞおちやお腹がピリピリと痛む
・便秘がち
・腰が痛い
・からだが重い

 

など

年齢的にはまだお若いのですが、
体はかなりツラそうに感じました。

むしろ今手を打っておかないと
倒れてもおかしくない状態です、、

めまいや耳鳴りが気になり、
病院で脳の検査も受けましたが
異常は見られなかったとのこと。

私も頭痛で同じ経験があるため
気持ちはすごくわかります。

みぞおちから左右の肋骨にかけての拡がりもなく、角度も急な感じ。
過度の緊張やストレスにより
交感神経が極端に優位になった結果、
肋間筋と横隔膜が収縮し広がらなくなった様子。

鍼を受けるのは初めてという事でしたが、
抵抗なく受けていただきました^_^

肩や首が気になるとの事でしたが、
あくまで結果として現れた症状のため
患部は直接追いません。

 

お腹も緊張で硬くなっていたため、
きちんと原因から整えるべく、
自律神経の高ぶりを抑え、内臓機能を調整しました。
バランスよく鍼を打ってから
体が整うようにしばらく置くのですが、
置鍼している途中から息が吸えるようになり
表情もリラックスしたように穏やかになりました。
このような症状が出ているときは、
目の白眼の部分が、青みがかったり、
グレーっぽくなる場合があります。
臨床経験上、女性に多くみられますが、
オーバーヒート一歩手前のサインなので、
ご自愛モードで心身の余白づくりをしてくださいね。

 

さらにもうひとつ。

 

大切なセルフチェックのやり方です。

 

体を触られた時の自覚症状について

 

・くすぐったい、痛い

→スイッチがONになり過ぎ。要ガス抜き。

・気持ちいい感じ

→疲れている、弱っている。要休息。

 

ざっくりですが、結構当たります。
体と無意識はいつでも伝えたがっています。
この記事が何かしらのヒントになれば幸いです^_^

首の痛みが伝えたいこと 頚椎捻挫後遺症の場合

2017.05.19 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,頚椎捻挫後遺症,首の痛み

大阪市中央区、堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

 

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

その人だけの原因を見つけ、

体の現れた反応を受け取りながら

体の希望をかなえる施術を行っています。

↓↓↓

ちょっと辛口になりますが、
本質を書かせていただきます。

紹介を受けて、と若い女性の方から
お電話で問い合わせを頂きました。

数年前に交通事故に遭い、
頚椎捻挫の後遺症があるとのこと。

2ヶ月に一度ほどのペースで首が痛くなり
仕事も手につかないとご連絡をいただきました。

辛いときは整形外科で筋弛緩剤の注射を打ってもらうそう。

その場限りでなかなか解決せず、
なんとか出来ないかとお電話を頂きました。

このケースから考えるには、首の痛み、
決して交通事故だけが原因ではないと思います。

首が痛むのも、硬いのにも、きちんと理由があります。

それを原因も考えずに、結果としての症状をなんとかしようでは
体に治るスイッチが入ることが出来ません。

痛みも、硬さもすべて体が伝えるメッセージです。
その背景には改善に向けてのヒントがすべて隠されています。

 

2カ月おきに、となると何かしら気候の変化を受けていることも考えられますし

仮にその影響を受けて、定期的に痛みを感じるのであれば

まずは日々の生活習慣をしっかり見直し、
根本となる体質から整える必要があります。

 

お話を聞いていると、真っ先に交通事故のフレーズが出てきました。

言い換えると、原因は交通事故にしかない、とも思っているように感じます。

これは勝手な思い込みであり、ご自身の内側にある原因には目を向けれていない状態です。

事故はひとつのきっかけに過ぎません。

まずは思い込みを外すことから始めていただき

ニュートラルな気持ちで体の声を聴くことから始めてみて下さい。

 

 

自分の押し込めていた気持ち、ホンネに気づくだけで
首の痛みは少しラクになると思います^_^

 

頚椎捻挫の後遺症の改善には、
健康保険をつかった鍼灸治療ができます。

 

自律神経と内臓機能の調整により
しっかり心身のリセットをおこない
首にかかったストレスを解放していきます。

 

当院は、根本からの改善を専門にしています。
お気軽にご相談くだされば幸いです(^^)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

開院日

火・水・金・土 (※祝日が重なる場合も開院)

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約8分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約15分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。