- Blog記事一覧 -緊張 | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

緊張 | 【頭痛・腰痛・自律神経失調症】専門治療 I 大阪の鍼灸整体院したらパーソナルケアの記事一覧

湿気のぶり返しで起こる不調とは?

2017.09.13 | Category: したらパーソナルケア 理念・施術の方針,デトックス・代謝アップ,当院の考える健康観

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

大気の変化と過ごし方の工夫もお伝えしています。

↓↓

秋に入ったにも関わらず、ここ数日の
暑さと湿気のぶり返しがすごいですね、、

湿気が強いと肌がベタつきます。

私たちはそんな中、湿気た空気を吸って生活しています。
するとカラダの中も湿気でベタベタしてしまいます。

人間は体内の60パーセントは水分で出来ています。
水分には血液やリンパ液、細胞内液・外液など様々な種類があります。

それら体内の水分は、サラサラもし過ぎず、
適度な粘りを保ちながら、かつ滞ることなく、
川の流れのように自然に流れ続けています。

そこに湿気のベトベトが加わると
体内を流れる水分の流れが悪くなります。

滞りなく流れていた事で体全体の巡りが整い、
体内の寒熱のバランスを保てていたのですが、
水分の流れが悪くなると、部分的に熱を帯びたり冷える箇所が出てきます。

そうなる事で肩や首のコリ、
頭痛、腰痛も出やすくなります。

さらに湿気は胃腸と相性が悪く、
内臓機能も低下させてしまいます。

そこに脂の強い牛肉や魚の刺身などを食べると
体内の水分がより粘ってしまい滞ります。
結果、背中の張りや痛みに繋がります。

これらの不調が湿気のぶり返しで出やすくなります。

それではどうしたら良いのか?
下記にまとめましたのでご覧ください。

↓↓

 

・胃腸に負担をかけない
・牛肉や刺身など脂の強い食事は避ける
・お腹まわりを冷やさない
・シャワーではなく入浴する
・汗をきちんとかく
・汗をかいた後は冷えないようにする

↑↑

やはり、汗をかくことが一番大切です。

ただし発汗は体内の余熱を逃すことで
結果として体内を冷却するのですが、
汗をたくさんかき過ぎた後は着替えをしたり、
エアコンを止めたり、可能なら入浴をするなど
体を余計に冷やさない、もしくは温める意識が大切です。

そして胃腸に負担をかけすぎないこと。
胃と肝臓に負担をかけない事は
健康を維持するうえで一番大切です。

台風の影響もつよい季節です。
体も完全に秋の体になれている訳ではありません。
引き続き気候の変化を意識しながら、楽しく秋をお過ごしくださいね^_^

環境の変化と膝の痛みの関係

2017.07.07 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,むくみ,内臓治療,眠れない・眠りが浅い,糖質過剰による弊害,肩こり・首こり,膝の痛み,自律神経系の治療,足がつる

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

整形外科でヒアルロン酸注射や水抜きを行っても

解決しない膝の痛みは当院にご相談ください。

 

↓↓

 

鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪府熊取町からお越しの50代の女性。
お仕事は会社の総務をされています。

 

はじめて当院にお越しいただいた時の主訴は
”夜間に足がつって目がさめる”という内容でした。

 

毎晩のように足がツルので、
ギリギリまで眠くなるのを待ってから
布団に入る、という大変な状態でした。

 

お話を伺ったところ、会社のことで
ストレスを過剰にかかえる状況にありました。

 

東洋医学では、怒りや緊張は「肝」に影響します。
厳密には異なりますが、≒肝臓として話をします。

 

肝に負担が大きくかかると、転筋がおこります。
「こむら返り」「足がつる」が出やすくなります。

 

肝臓が疲弊すると肝臓で作られる
水の再吸収に関わる血漿タンパク、
アルブミンの働きが悪くなり、足がむくんだり、
つりやすくなるのでは?個人的には考えています。

 

肝臓につながる門脈の吸収形態の改善を意識した
体内の水の巡りを整えるよう鍼灸治療を行いました。

 

2回ほど施術をおこなうと、以前に比べて
劇的に症状が消えた、と嬉しい報告をいただきました。

 

今でも無理をした時は足がつりますが、
以前に比べると症状の現れ方に
雲泥の差がある、との事でした。

 

久々に足のつり、肩のこり、そして膝の痛みが
出ていてシンドイとお越しいただきました。

 

聞けば最近お勤め先の状況がガラリと変わったそうで、
人事に異動があり、ほぼ変更になったそうです。

 

環境が変わるだけで人間の体は
緊張してしまい、不具合が生じます。

 

例を挙げるなから、本来は楽しい旅行のハズなのに、
旅先に行くだけで便秘になる人は少なくありません。
いつもの生活をしている環境と異なるため、
交感神経が優位なり、無意識に緊張してしまいます。

 

膝は内側の少し上よりに痛みが出るとのことでした。

 

ストレスを溜め込んだり、緊張状態が続くと
太ももの外側→外側広筋、長脛靭帯のあたり
(足の少陽胆経の部分、気をつけの姿勢で出が触れる場所)
が緊張状態となりカチカチに張ってしまいます。

 

足の筋肉は外側に比べると内側が弱いケースが多く、
硬く張った外側の筋肉に引っ張られた結果、
膝の内側に痛みが生じます。

 

同時に、太ももの前面や内側には
胃腸のツボの経絡(通り道)があり、
ダイレクトに胃腸の負担が現れます。

 

加えて砂糖など糖質の過剰摂取をしていると
関節の緩みによる痛みも出やすくなります。

 

クライアントさまに尋ねてみると
暴飲暴食と甘いものは沢山食べていたそう(^^;

 

環境が変わりストレスが強くかかると
脳が発散を要するために過食に走る傾向があります。
状況が大変でしたので、お気持ちは大変わかります。

 

内臓機能と自律神経を整える施術を行いました。
施術が終わると笑顔になり、ラクになったと感想をいただきました。

 

今後の予防策として今回の事例を参考にしていただき、
ご自身でも体調管理の工夫が行えるよう
指標にしてらいただければ幸いです^_^

 

眠れない、目がさめる方への施術

2017.07.05 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,みぞおちの痛み,眠れない・眠りが浅い,突発性難聴,自律神経系の治療

大阪市中央区のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

「眠れない」「目がさめる」といった

自律神経が関与する睡眠のお悩みもお任せください。

 

↓↓

 

鍼灸と整体の臨床例です。

 

神戸市中央区からお越しの30代の男性。
仕事は飲食店。夜中から朝のお仕事がメイン。

 

寝てもすぐに目がさめる。いま現在は感じないが
10年ほど前から2年に一度くらいのペースで
耳が聞こえなくなる事があると来院くださいました。

 

お腹の触診ではみぞおちが硬く痛みがありました。
みぞおち辺りにはストレスや緊張など
メンタルの負担が出やすくなっています。

眠れない、目がさめるといった症状を感じる時は
スイッチがON、つまりはアクセル役の交感神経が優位になり、
リラックスモードに切り替われないときによく見られます。
極度のストレス、我慢、不安、過労、休息不足が原因になりやすいです。

 

突然耳が聞こえなくなる、いわゆる突発性難聴は
一般的に原因は不明とされていますが、
過度に蓄積されたストレスが影響することがほとんどです。

 

遠方からのお越しであまり頻度が来れないため
鍼灸と整体の施術を同時に受けてくださいました。

 

鍼灸と整体の施術はアプローチが違うため
同時に受けていただくことにより、
体の奥深くからより効果的に回復できます。

施術の途中からスイッチがOFFに切り替わったのか、
スヤスヤとお休みになられていました(^^)

クライアントさま、本質を好む方で、
話をすごく聞いてくださったので、
自然治癒力にまつわる話もさせて頂きました。

治癒とは?治すとは?治るとは?
自然治癒の本質が知りたい方は
どなたでも気軽にお尋ねください(^^)

施術後は来院時にくらべ表情も明るくなり、
月に一度のペースでリセットしに来ます、
と別れぎわに言って頂きました。

心と体を大切に、ご自身の気持ちと素直に向き合える方の
健康づくりのサポートを当院は心をこめて行っています。

ソワソワ感がすーうっと落ち着きました!

2017.06.17 | Category: むくみ,冷え症,気分障害,自律神経系の治療

オフィス街のホームドクター。大阪市中央区

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

モヤモヤ、ザワザワ、ムズムズするような

気分の高ぶり、不安感もラクになります。

 

↓↓

 

大阪市西区よりお越しの20代の女性。
お仕事はヘアメイク。

 

仕事中の姿勢による体のシンドさ、
手足の冷え、むくみ等が気になり
初めての鍼治療を受けてくださいました。

 

施術後は表情も穏やかになり、
肩や背中も軽くなったそう。

 

最近になり、考えごとか多く、来院当日の朝も
気持ちがソワソワしていたそうです。

 

緊張状態が続き、肩の力が抜けていないと
自律神経が高ぶり、結果血流にも影響し、
表情が重く、元気が無くなったり、
体に悪影響が出やすくなります。

 

当院の鍼治療は、自律神経と
内臓機能の調整をメインに行っています。

 

人間の体は、気分優先で動きます。
気持ちが落ちていると体がついて来ません。

 

鍼治療で心と体をリセットし、
あなたらしさを取り戻すお手伝いをしています(^-^)

 

ゆるキャラになった気分‼️

2017.06.15 | Category: したらパーソナルケア 鍼灸・整体の臨床,便秘・下痢,内臓治療,腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰,自律神経系の治療

大阪市中央区。オフィス街のホームドクター。

堺筋本町、松屋町、谷町四丁目の

鍼灸整体院、したらパーソナルケアです。

初めての方でも安心して受けられる

効果の高い鍼治療を行っています。

 

↓↓

 

鍼灸治療の臨床例です。

 

大阪市中央区からお越しの20代の女性。

 

仕事は飲食店。主訴は腰痛。
腰を後ろに反らすことが出来ず、
3年ほど前から症状で悩んでいると来院。

 

仕事でお酒を飲まないといけないので、
肝臓由来の疲れが体にも現れている印象。

 

タオルの上から触診を行い、
腹部の緊張や痛み方を見る。

 

お腹には、内臓機能と自律神経の状態が全て現れています。
そのほとんどが押されて初めてわかる感覚で、
体が無意識のうちに、そしていかに普段から
メッセージを送っているかがわかります。

 

腰の症状ですが、腰ばかりを追いません。
木を見て森も見る。局所から反応を受け取り、
全体との関わりを踏まえた施術を行います。
患部を追うだけの鍼治療はただの対症療法です。

 

便秘も気になるということで、
お腹の反応と訴えを擦り合わせ
内臓機能と自律神経を整えました。

 

施術が終わり、感想を頂きました。

 

「ゆるキャラになった気分‼️‼️」

 

笑(^^;
表現がユニークですごく癒されました。

 

知らず知らずに緊張し固まってしまった体に
本来の状態にリセットする施術がマッチしました(^-^)

 

主訴は腰痛でしたが、肩甲骨まわりのほぐれ方が凄かったようで
「翼の生えたゆるキャラ‼️」と補足頂きました(^^;笑

 

ちなみに、肩甲骨まわりを追う施術は行っていません。
心と体がリセットされた結果、緊張しておく必要が無くなり
結果として、ゆるゆるに緩んだ、となります^^

 

もちろん反れなかった腰も改善し、
靴を履くときにしゃがんだ姿勢や前屈も
まったくツラくないとのことでした。

 

体はいつでも治りたがっています。
少しの時間でもいいんです。体の声に耳を傾けて
いつも無意識に頑張るお体を労ってみませんか?

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒540-0010
大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

開院日

火・水・金・土 (※祝日が重なる場合も開院)

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセスのご案内

交通手段は地下鉄が便利です。

・堺筋本町駅3号出入口、松屋町駅1号出入口 より徒歩約8分
・谷町四丁目8号出入口、谷町六丁目5号出入口、長堀橋駅・北東エスカレーター より徒歩約15分

【タクシー料金の目安】
心斎橋駅、四ツ橋駅、西大橋駅、日本橋駅、森ノ宮駅、天満橋駅、南森町駅、大阪天満宮駅、北浜駅、玉造駅、上本町駅、谷町九丁目駅、阿波座駅、本町駅、淀屋橋駅からはワンメーター(+α)程度の料金です。

以下、Google Map上のリンクより、グーグル・サイトにいただいた感想もご覧いただけます。